テーマ:ロードスターRF

トランクルームのデッドニング

何故にデッドニング?? 車内の騒音は、ロードスター乗りなら、 自明のこと。 うるさいなら、別の車に乗るべき。 ましてサスペンションまで替えて、 乗り心地は最低なのに(注)、 何を今更? これが正論である。 注:  燕岳でのタクシーはとても快適だった。  路面の凹凸はとてもソフトに伝達され、  ショッ…

続きを読むread more

Knight sports: エアグルーヴ装着:その3:効果編

エンジン音 このような吸気系チューニングでは、 特にキノコ型やスポーツインダクションボックスで、 吸気音が大きくなるとのことだ。 しかし今回のエアグルーヴでは、 少なくとも運転席から窓を開けて 聞いた範囲では、 吸気音は聞こえなかった。 アイドリングから3千回転までの、 エンジン音は変わらない。 しか…

続きを読むread more

Knight sports: エアグルーヴ装着:その2

施工 さて、いつものサンエースさんに来ました。 GWだからか、先代が仕切っている。 Iさんもいる。 さて、まずはバラす。 鬼門のジョイント・パイプと ホースを外す。 ホースを換えたおかげで、 ホースバンドを緩めれば、 比較的簡単に外れた。 しかし、ジョイント・パイプ自体は エア・ホースから外れに…

続きを読むread more

Knight sports: エアグルーヴ装着:その1

機種選定 エアインテイクの改造は、 かなりハードルが高い。 2018/08/05記事のような、 エアフィルターだけでは あまり効果が感じられない。 研究所記載:Autoexeの スポーツインダクションボックスも考えた。 しかし研究所の記事によると、 低回転時のトルクのやせ、が問題だ。 これは理論的にも…

続きを読むread more

雷岩から大菩薩峠ハイキング: ハイパーATモジュールの効果

3年目になる足慣らしのハイキングは、 雷岩~大菩薩峠である。 ルートは、 上白川峠→福ちゃん荘→唐松尾根→ 雷岩→大菩薩峠→福ちゃん荘→ 上白川峠であって、毎年ワンパターン。 アプローチ 今年は10連休とのことで、 いつもに増して、GWの渋滞予測が厳しい。 午前3:00起床、アルの世話をして、 4:2…

続きを読むread more

R Magic T-REVα:ホース交換

突然の不安 ロードスターRFをいじるとすれば、 次はエアインテイクである。 それは4/30に行う予定。 乞うご期待! その研究と 工程のイメージトレーニングをしていたら ふと、今のベンチレーション・ホースって 大丈夫なの?という疑問が。 というのも、 ベンチレーション・ホースとか、 オイルキャッチタ…

続きを読むread more

スタビリンクの交換

スタビリンク(注)交換の必要性 注:  整備書である、MESIでは、  「スタビライザ・コントロール・リンク」と  記載されている。  でも面倒なのでこのHPでは、  「スタビリンク」と記載する。 スタビライザーは普通、 左右のサスペンションの沈み込みが 異なった場合のみ作用する、 と勉強した。 アウト…

続きを読むread more

早春の奥日光と、いろは坂での走り

まだ「早春」と言って良いらしいが、 奥日光に旅行に行った。 今回の目的は、 1.戦場ヶ原でのスノーシュー、 2.いろは坂でサスペンションの具合を見る、 3.日光中禅寺温泉:湖上苑宿泊 4.華厳滝見学 の4点である。 いろは坂へ いろは坂に行くのは、何と14年ぶり。 初めて自分で運転していろは坂に行ったのは…

続きを読むread more

SmartTop(mods4cars)の装着:その2

内装(トリム)剥がし マニュアルでは、バックトリムの下側だけ、 剥がせば作業ができると書いてあった。 この場合、スカッフ・プレートと、 タイヤ・ハウス・トリムだけ剥がせば良い。 これはファスナーとフックだけだから とても簡単。 しかし、実際バックトリムを剥がした経験から、 またみんカラの記事でも、 上側も剥がし…

続きを読むread more

SmartTop(mods4cars)の装着:その1

アルがお庭、トイレの前でコテンしている。 朝起きて、アルのお世話: ケージの掃除、トイレ換え、 餌やりと、一連のことをしている間、 アルは、こうやって撫でられるのを 待っている。 作業の合間に撫でてやる。 うっとりするが、飽きるらしい。 「耳をやれ」と言う(態度で示す)。 「こんな感じ??」 …

続きを読むread more

クスコStreet Zero Aとe-Con2:プリロード調節、その2(改訂)

サンエースさんへ 初めての利用時、8時間以上利用させてもらい、 二回目も無理を言って、 E-con2の装着させてもらった。 今年初めての利用はどうか? 電話でも、実際会っても、 店長も、Iさんもとても良くしてくれた。 今度、SmartTopの装着をするが、 その時もサンエースさんでやろうと思う。 ま…

続きを読むread more

クスコStreet Zero Aとe-Con2:プリロード調節、その1(改訂)

今回も車がテーマであるが、 アルが前座を務めます。 考えてみれば、トレーニング記録の前座も アルの写真だった。 ケージで撫でられるアル。 耳を引っ張っても(注) 気持ちよいらしい。 注:  ウサギの耳は原則として  引っ張ってはいけないとされている。  本人が「気持ちよい」と感じる、  手加減が出来…

続きを読むread more

クスコStreet Zero Aとe-Con2: 「素人」運転編

アルがトイレに入っている。 カメラに気づき、警戒のアル。 耳が「立って」いる。 抗議のため、向かってくる。 先代のクーなら、 ポーズを決めるのに、 アルは、カメラが嫌い。 芸能人だったクーに対して、 一般人のアル。 アルよ、 最近は一般人でもテレビ対応が もっとうまいのが普通だぞ! …

続きを読むread more

クスコStreet Zero Aとe-Con2: 実走編

本題には写真がないので、 アルの写真で代用。 アルがお庭で寝ている。 下半身が シェルター(白い丸椅子)と 柵に挟まれている。 上から見るとこんな感じ。 顔を撮ると、そっぽ向く。 「ほっとけ!!」 よかったらクリックしてください。 クスコStreet Z…

続きを読むread more

光軸の調整:改訂あり

う○ちによる北斗七星と北極星の関係。 ※もちろん、かなりヒトの手が入っています。 しかし、こんないたずらに事欠かないほど、 う○ちは、そこら中に放置されている。 犯人は、知らん顔。 「俺の身体を離れた瞬間、 俺のものではないし、責任も取れない」 と堂々と宣言しているアルである。 よ…

続きを読むread more

E-con2装着に必要だった工具、部材

サス交換同様、 必須と思われるもの◎ ないと時間がかかったり、 力が必要だったりするものや 他のパーツとの関係で必要〇、 あったらいいな△。 ステッピングモーター ◎付属の各工具等: ショックの手動調節部取り外しのためのレンチ、 イモネジ用グリス、3mm六角レンチ(普通サイズ)、 ネジロック(少量だが十分)。…

続きを読むread more

E-con2装着:その3

12月23日まで待てずにやってしまった。 今回の記事は写真が多い。 つまり、精神的、時間的余裕があったということ。 まずはエンジンルーム まず、むき出しのステッピングモーターから コネクタまでをコルゲートチューブで被包する。 5mmではきつく、やはり7mmが必要。 前回は手でやったので、 進まないし、指先が痛く、…

続きを読むread more

E-con2装着編:その2

初日の作業結果の状態では、 助手席に誰も乗ることができない。 エンジンルーム内の配線も、 固定が不安である。 しょうがないので、サンエースさんに 無理を言って、翌日も平場を貸してもらった。 ホームセンターで、 エーモンの配線チューブ(コルゲートチューブ)を 買ったのは良いが、 直径を目分量で、5mmとして失敗し…

続きを読むread more

サス交換に必要だった工具等

以下必須と思われるもの◎ ないと時間がかかったり、 力が必要だったりするものや 他のパーツとの関係で必要〇、 あったらいいな△。 ジャッキアップ一式 ◎フロアジャッキ、ウマ・輪留め。 〇スロープ(注1)。 ◎もう一つのジャッキ:パンタの油圧(注2)がおすすめ。 ※フロアジャッキ、スロープ、ウマは サン…

続きを読むread more

E-con2装着編:その1

事前準備と不確定要素 E-con2の取説は、必要最低限しか書いてない。 もっとも、NDロードスター専用のものではないから、 書けないというのが本当だろう。 事前準備としては、下記を行った。 1.一番の不安要素である、Blitzのタワーバーの ブラケットとステッピングモーターが干渉しないか? →実車で合わせると干…

続きを読むread more

クスコStreet Zero A:その2

リアサスの交換 まずは、トランクのトリムを全て外す。 燃料ホースを守る鉄板(★プロテクタ)も外す。 リアのジャッキアップポイント: サスペンションメンバーの中央は、 とてもわかりやすい。 タイヤナットを緩めて、ジャッキアップ、 ウマをかませるのは、もう手慣れたもの。 今度は運転席側から。 タイヤ…

続きを読むread more

クスコStreet Zero A:その1

ついに足回りの本命、 サスペンションの交換である。 ぶつは届いたが、装着の時間が取れない。 結局3週間も自宅保管。 その間、準備を徹底。 取説はもちろん、MESI、「研究所」の記事、 いろいろな資料をまとめて、 手順書をエクセルで作成した。 クスコの取説は、簡潔だが、 締め付けトルクまでしっかり記載されてい…

続きを読むread more

クスコStreet Zero Aとe-Con2:その1

前代未聞の事件: フロアジャッキ→エンジンルームぶち抜き。 普通はそれで懲りるのであろう。 とても悩んだが、やはり車高調は 自分でやることにした。 登山にも行くので(注)、車高は落とさない。 注:  ロードスターで登山って変かもしれないが、  ロードスターで焼き芋屋さんを  やっている人もいるのだから  …

続きを読むread more

ニーレックス:ナックルアームサポート

ロードスター退院後の遠出である。 常宿である、湯河原温泉:湯楽へ。 ナックルアームサポートの効果は、 一般道でははっきり感じられなかった。 横浜新道でも。 でもそれは、感じていたのに 意識していなかっただけだった。 チコちゃんに、 「ボーッと運転してんじゃないよ!!」 と叱られそうである。 西湘バイパ…

続きを読むread more

ロードスター退院。

トレーニングで疲れ切って帰ると、 ロードスターの修理が完了したとの 連絡があった。 当然だが、すぐに引き取りに行った。 修理代は、クスコのStreet Zero Aの 2倍弱もした。 何しろ、ステアリングの最重要部を ぶっ壊したのだから。 サービスの担当Tさんとは、 普通のディーラーとは話せないようなこ…

続きを読むread more

ロードスターRF入院!!

今回のネタは、 ニーレックスのナックルアームサポートの 予定だった。 そして今回の技術的な問題は、 フロアジャッキであった。 もう何十年かぶりのフロアジャッキ。 ガレージはないから、安いもの、 小さいもので。 でも口コミで悪くないものとして、 メルテック ローダウンフロアージャッキ F-70を買った。 …

続きを読むread more

スポーツスタビライザー(Autoexe)の装着:功罪実感編

志賀高原への旅行は、 ロードスターRFの良さ、悪さ、 そしてスタビライザーの強化の功罪について、 実感させられた。 良かったこと まず高速道路で、 安定感が増したことははっきりしている。 進路変更、コーナーなど、 リアの落ち着きが違う。 やはりノーマル比275%の強化のたまもの。 志賀高原への上り下りは2…

続きを読むread more

志賀高原旅行:その2

2日目 朝ご飯は、麦飯にたくさんの山の幸。 熱い硫黄泉に入ってしゃっきり。 まずは、思い出の蓮池へ。 池の横の総合会館98前に 広いスペースがあった。 そう、まさにここ! 約40年前、キャンプファイアーをやった。 点火の際に、火矢を使う発案をしたものの、 詰めが甘く、不発に終わった点火式だ。 そして、…

続きを読むread more

スポーツスタビライザー(Autoexe)の装着:前置き編

前回はパワー系のT-REVαだったから、 今回は、剛性強化系のチューンである。 「研究所」の記事に、 またしてもインスパイアされて、 Autoexeのスポーツスタビライザーを 装着してみた。 スタビライザーの強化は良いことか? そもそも論を書くのは、 一度断念したチューンだからである。 いろいろ調べると…

続きを読むread more