ちょっとだけ前進できたトレーニング

アルがお庭の外:フローリングのパトロールをしている。 向きを変えて、ダッシュ!! もう少しでマットに乗れる!!! 後ろ足が伸びているのは、 フローリングで滑って、スカっとなっているため。 やっとマットにたどり着いて、一息入れる。 この写真は本年5月のもの。 今では、白内障がひどくなって、 …

続きを読むread more

やっぱり、ブランク後は第二週が一番つらい。

お庭に入るとアルが気づいた。 そして床を舐めながら近づいてくる。 そして、足を鼻先でツンツン。 つまりは、かまって欲しいらしい。 最近は、要求があるとき、 必ず鼻先でヒトの足をツンツンつつく。 よかったらクリックしてください。 本日のトレーニング 内容: …

続きを読むread more

ブランク明けだが、ベンチプレスはまずまず。

アルは、左耳をマッサージされるのが好き。 大好きなんだけれども、 やられているうちに痒くなるらしい。 白内障の眼が痛々しい。 そしてまた、マッサージしろと要求する。 これがエンドレス。 しかし、時に耳を掻くときにバランスを崩す。 アルもおじいちゃんだから、しょうがない。 よかったら…

続きを読むread more

虹と雨と花の唐松岳登山

間一髪、台風が過ぎ去っての唐松岳登山。 ようやく、妻の晴れ女の能力が戻ったかに見えた。 ところが、である。 結果的には、今回も雨の山行となってしまった。 アプローチ いつもの毎日アルペン号、竹橋出発である。 熟睡しても、トイレ休憩のたびに起きるから不思議。 白馬八方バスターミナルには、5:30ぐらいには…

続きを読むread more

ベンチプレスだけはかなりの進歩を感じたトレーニング

アルがお顔を洗っている。 ウサ飼いでなければ、 このポーズが何だかわからないかもしれない。 うつむいて手で、顔を擦っているのだ。 耳が顔の前に垂れるのは、重力による。 耳の毛づくろい。 何故か、左耳だけ。 左耳には、良性腫瘍があるので、 そのせいかとも思われる。 そして、また撫でられる。 …

続きを読むread more

まずまずの力が出せたトレーニング

アルがケージの枠に嗅腺を擦りつける。 続いて、私の膝をつんつんする。 これは「撫でてよー!!」のおねだり。 撫でると、うっとり。 ほとんどエンドレス。 <お知らせ> HTMLだけで編集できた、リンクの文字色は、 今回から見やすく変更できたと思います。 よかったらクリックして…

続きを読むread more

疲労困憊のトレーニング

皆様お気づきのこととは思いますが、 このウェブリブログがリニューアルしました。 見やすくなった部分もあり、 リンクの文字など見にくいものもあります。 しかし、できあいのデザインを詳しく編集するには、 10年前の知識を掘り起こす必要があり、面倒くさいので、 このままでお許しください。 さて本編です。 アルがケー…

続きを読むread more

トランクルームのデッドニング

何故にデッドニング?? 車内の騒音は、ロードスター乗りなら、 自明のこと。 うるさいなら、別の車に乗るべき。 ましてサスペンションまで替えて、 乗り心地は最低なのに(注)、 何を今更? これが正論である。 注:  燕岳でのタクシーはとても快適だった。  路面の凹凸はとてもソフトに伝達され、  ショッ…

続きを読むread more

ブランク後のトレーニング

山から帰ると、アルが怒っていた。 隅に顔を向けて、寝るのだ。 アップで写真を撮ると、 怒っているというより いじけている。 どこまでも飼い主(私)に似ている。 撫でるとそっぽを向く。 嫌そうにしながら、 でも撫でられたいから動かない。 面倒くさいがこれも飼い主そっくり。 よかっ…

続きを読むread more

幸運に恵まれた燕岳登山:第二日

起床から下山 実は第一日に書き忘れたが、 燕山荘に戻る前に、 ハクサンシャクナゲを発見した。 また、オオバキスミレも見た。 ご来光にかすかな期待をこめて、 4:00に起きたら、真っ白け。 時折、裏銀座の山々や、 燕岳も顔出すが、ご来光はパー。 やむなく朝食を食べて支度をして、 6:55…

続きを読むread more

幸運に恵まれた燕岳登山:第一日

天気予報~アプローチ 天気予報は最悪だったが、 それで日程を変更できるほど暇はない。 しかし、そのおかげで、 燕山荘の個室が空いたらしく、 直前に予約ができた。 用意もしっかりとしてある。 ザックから見直し、軽量化にて、 10kgを切る装備としてある。 こうなれば、嵐でもなければ、 登るしかない。 …

続きを読むread more

メニューのほとんどこなしたトレーニング

アルがまたしても、「死んだように」眠っている。 牧草入れに頭突きをかまして、 そのまま眠っているのだ。 呼びかけると、まさに 「白い目」で私を見る。 いや、本当の白い目とは、 白目:強膜を相手に見せることだが、 アルの場合は、白内障で白い目。 今のアルには、 黒い目とか青眼とかでは、 見られないのだ。…

続きを読むread more

疲労よりも恐ろしくなったトレーニング

アルが眠っている。 背中を何かに付けていると、 安心するらしい。 まして自分のトイレはとても安心。 顔をアップで撮ると、 もう、ウサギとは思えない顔。 そういえば先代のクーも 歪んだ顔で眠っていたっけ。 シャッターの音に反応し、 薄目を開ける。 こういう、いやらしい顔は、 アルだけ。…

続きを読むread more

疲労困憊でのトレーニング

アルがお庭の隅で、伏せている。 カメラで撮っても動かない。 これはっ!! 怒っているに決まっている。 カメラ撮影は大嫌い。 なのに動かないのは、激怒しているとき。 さらに寄ってみる。 「何やってんだよ! 怒っているのがわからんのか!!!」 まさに「火に油を注ぐ」である。 わかり…

続きを読むread more

ブランク後リハビリトレーニング

「三途の川のほとりで眠る」アル。 この眠り方は、こちらの寿命まで縮む。 おい大丈夫か??と声をかけると、 薄目を開ける。 「ごちゃごちゃ言っていないで、撫でろよ!」 はい、わかりました。 ご満悦のようである。 よかったらクリックしてください。 本日のトレーニング …

続きを読むread more

瑞牆山登山:ハムストリングス断裂の危機を超えて

ハムストリングス断裂?? 前回記事から今回までの間に、 スクワットのトレーニング記録を 書く予定であった。 しかし、前回記事で書いたように、 デッドリフトの最後で、 ハムストリングスに激痛が走った。 翌朝、痛みは増悪し、 足を引きずりながら歩く始末。 この痛みは、これまでの人生で、 2回経験した。 …

続きを読むread more

疲労は強くともベンチプレス+デッドリフト

久々に眠っていないアルの写真。 アルが、牧草散乱防止柵(注)に不穏な行動。 注:  牧草が散乱しないように、  薄いアクリルで制作(強制労働)。  アルは、3代の中で最も牧草を食べる。  しかも散らかして食べる。  それが、ケージの床の隙間から  フローリングに散乱しないよう、  このようなガードが必須(妻…

続きを読むread more

先延ばし後やっとできたスクワット

アルが眠っている。 「三途の川」のほとりで眠る姿勢である。 顔を見ると、安らかに眠っている。 すると、現世に戻ってくるアル。 でも意識は飛んでいる。 あと3日でお誕生日なのに、 縁起でもないことを書いている。 というのも、 5月に入ってから発情しており、 この「三途の川のほとりで眠る…

続きを読むread more

Knight sports: エアグルーヴ装着:その3:効果編

エンジン音 このような吸気系チューニングでは、 特にキノコ型やスポーツインダクションボックスで、 吸気音が大きくなるとのことだ。 しかし今回のエアグルーヴでは、 少なくとも運転席から窓を開けて 聞いた範囲では、 吸気音は聞こえなかった。 アイドリングから3千回転までの、 エンジン音は変わらない。 しか…

続きを読むread more