山の前だが、10t超えのトレーニング

アルがお庭で眠っている。
Aru_19_09_23_01.jpg
隅が好きなのは、うさぎの習性。

でも顔の曲がりは、それでは説明できない。
Aru_19_09_23_02.jpg

下からしゃくって撮ると、
とても気持ちよさそうに眠っている。
Aru_19_09_23_03.jpg

平和である。


人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

内容:

スクワット:
    60kg×10回、80kg×6回。

ベンチプレス:
   40kg×10回、60kg×10回、80kg×8回、
   90kg×8回。
   100kg(試合形式)×1回。
   60kg×12回(止め)。
   40kg×20回(止め)、
   30kg×30回(止め)。

ダンベル・アームカール:
   1kg×50回、
   2kgから1kgずつ上げて、10kgまで、それぞれ20回。

ロウ(ワイヤー):
   80kg×30回。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
   32kg×10回。


感じ:

夜中に目覚めてなかなか眠れず。
結果9時近くまで眠った。
まあ、休みの日ぐらい良いでしょう。

ジムに行くと、ビルダーのSさん、
古い友人のSさんに会った。
何ヶ月ぶりだろう。

一週間後は赤岳登山だから、適当に、
と思っていたが、
二人に会ったら、きっちりやるしかなくなった。

スクワットは80kgもきつくなくなった。
足はパワー仕様ではなく、登山仕様。
でも少しずつでもやっていれば、
80kg程度は軽くなるのか。

そろそろ重量を考えなくてはいけない。

大して体力も使わずスクワットは終えた。

ベンチプレスでは、とても重かった。
重いと感じる→降ろしが慎重になりすぎる
→余計な力を使う→重くなるの悪循環である。

原因は、昨日の1日中会議での精神的ストレスであろう。
" I'm OK, you're not OK. "の状態で中年まで生きてくると、
話し合いもできない人間になるらしい。
こういう人とは関わらないのが良いが、
1年間は一緒に仕事をしなくてはならないし、
代表として選ばれた以上、
いい加減な仕事はできない。
嫌な人と関わりつつ、結果を出すのは
とても精神的ストレスが強く、
筋力も衰えるらしい。

閑話休題。

それでも90kgで8回できたのは、
先週の2回の自宅ダンベルのおかげ。

100kgの試合形式では、心が負けてお尻がやや浮いた。
反則は取られないだろうが、荷重が抜けたのだ。

下りもきついが、何とかクリア。

自宅ダンベルでも、ジムでのトレーニングも、
始める時は、そして中盤までも、
「完遂できる気がしない」のが普通。
でも「やるしかない」で引っ張り、
ほぼ100%の力を出し切る。

このやり方は、今の仕事に非常に生かされている。
この間の努力により、
春にやっていた仕事の質を倍に高めつつ、
量も倍やることができるようになってきた。
イレギュラーや、クレーム処理をしつつ
その高みを目指すには、「くじけない心」が必須。
それを実践するのは、口で言うほど、たやすいことではない。
でも、16年以上続けている
パワーリフティングとそのトレーニングが
くじけない心・勇気と、手を抜かず実践する根性を
身に付けさせてくれた。

閑話休題。

さてダンベル・アーム・カールは登りのみ完遂した。

自宅ダンベルでも、アーム・カールをメニューに
入れようと思った。

ローは、前々回70kgに間違えたので、
今回は80kgできっちり。
でも、90kgでもできそうになっていた。

ワンハンド・ダンベル・ロウは、
メインは自宅ダンベルだから、
ジムでは重さだけ。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

総重量は、11.260tだった。

検量したら、77.9kg 体脂肪率17.1%??だった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント