中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スポーツスタビライザー(Autoexe)の装着:施工・効果編

<<   作成日時 : 2018/09/09 16:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

準備

Amazon primeでの配送であり、
すぐに到着した。

ゴムブッシュに塗るグリースは、
今回のために選んで、
SUPER ZOIL RUBBER GREASEとした。
このラバーグリースなら、
ブレーキ関連のゴムにも使える。
画像

ブッシュは基部に割が入っている。
画像

こんな感じで、スタビにはめ込む。
画像
上の写真はもちろん、はめ込み途中。

ブッシュの内側にラバーグリースを塗って、
装着しておく(「研究所」の知恵)。
画像


施工

スロープを使うだけで、下に潜れるのは、
車高を落としていないから。

しかもマフラーは
カキモトレーシングのものなので、
ノーマルよりもタイコが小さく、
特に右側の操作が楽だった。

ただひっくり返って車下から見上げると、
オリエンテーションが狂う。

左側のスタビの固定ナットに
メガネレンチをかけたところを
見上げながらの写真。
画像
赤矢印がノーマルのスタビライザー。
緑はスタビリンク。
青がメガネレンチ
(KTCの超ロングストレートメガネレンチ 12/14mm)。
ナットは二面幅14mm。

「研究所」を読んでの知恵で、
このスタビリンクへの固定ナットを外すとき、
リーディング・リンクが邪魔になることを
予習済み。

また後輪の先に、車止めがあって、
寝転んだときに脇腹に当たった。
もう少し外側に潜り込むのも面倒だし、
左右とも手が届くので、真ん中のまま、
ブラインドで、ロングメガネレンチと
メガネラチェットだけで施工した。
トルクは40N・mまでなので、余裕であった。

右側のブラケット。
画像
ナットは二面幅12mm。
青矢印の
ABSホイール・スピード・センサ・ケーブルを
引っかけないよう注意が必要
(当たり前か)。
MESIでは施工時、
取り外すよう指示されている。

ブラケットを外したところ。
画像

右側のスタビライザー
(MESIでは「スタビライザ」:予想通り)と
スタビリンクの固定ナットが、
かなり緩んでいた。
おそらく10N・m程度。

ぱっぱと、計6カ所のボルトを緩めて外して、
手探りでAutoexeのスタビライザを
手にとって、マフラ管の上を通して、
スタビリンク、ブラケットを仮止め、
本締め、トルクレンチで締め付けた。
画像

締め付けトルクは、
スタビライザ→リンク部は、
規定が34-40だから40N・mで。
ブラケット部は、
規定が15-20だから20N・mで。

施工時間は、スロープに上げるところから
片付けるまで、30分。

今までで一番簡単な作業だった。

ちなみに、ノーマルのスタビライザとブッシュ、
ブラケットはこんな感じ。
画像
赤矢印の白は、右側を表す、
識別マーク。

ブラケットを外して、
ゴムブッシュを回そうとしても、
スタビライザに固着していた。
画像
かなりの力をかけても、
赤矢印の固着面は、
隙間すら出来ない状態。

こんなに固着していたら、
スタビライザとしての効果は落ちるし、
バネとしての効果は強くなるだろう。

マツダが何故、ここを接着したのか、
その理由を聞いてみたい。
※現在問い合わせ中。
回答があるかどうか、不明。


効果

乗り心地はそれほど変わらず。
車高を落としていないから、
スタビライザの固着を改善しても
あまり変わらないらしい。

妻は、「何となく乗り心地が良くなった」と
言っていたが、
私の苦労を忖度しているのかもしれない。

といっても今回の工程はとても楽ちんだったのだが。

そう言われてから注意して運転すると、
確かに、微妙に、段差の突き上げが柔らかくなった、
ような気もする。

左へターンしてから、右への
450度ぐらいのぐるぐるインターを
運転してみたら、
確かにリアのロールが抑えられていた。

本来の「ロールを抑える」という目的では、
十分に効果を感じられ、満足している。

来週、長距離運転なので、
それで試してみる。

さあ次回は10月。
プロスペック ナックルアームサポートの予定。
この作業は、
これまで最大のトルク:130N・mが恐ろしい。
タイヤホイールよりも強いトルクって、
一体??

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スポーツスタビライザー(Autoexe)の装着:施工・効果編 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる