中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 軽くダンベルのみ。

<<   作成日時 : 2017/04/17 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アルがケージの中にいるので、
カメラを向ける。
画像
当然のごとく、そっぽを向く。
飼い主に似て、愛想がない。

そして急に動く。
画像
もう何者か不明。

さらに加速する。
画像
幽霊のように写る。
注:
 ロフトに飛び乗るアルの写真です。

ケージの中は暗いから、絞り開放でも、
シャッタースピードは遅い。
それで動きが速いものを写すとこうなる。

滝や川面を、シャッタースピードを
遅くして撮った時と同じ効果である。

もちろん逆にシャッタースピードを速くして撮れば、
水滴まで写すことができる(ことがある)。

上記の写真はレンズ:シグマ SIGMA 17-70mm
F2.8-4 DC MACRO OS HSMで、
F: 2.8, 露光時間:1/6秒だから、
ケージの中を写して、シャッタースピードを
速くするには、ISOを上げるしかない。

でも、1/6秒の露出時間で、
このぐらいの手ぶれで済むのは、
手ぶれ補正機能のおかげ。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

内容:

ダンベル・ベンチプレス: 
  12kg×20回、16kg×10回、20kg×10回、
  24kg×8回、28kg×8回、
  32kg×6回、36kg×6回、40kg×3回。
  30kg×10回(止め)、20kg×20回(止め)
  10kg×30回(止め)。

ダンベル・アームカール:
  1kg×30回、2kgから1kgずつ上げて、10kgまで、
  それぞれ20回、
   6kg×30回、2kg×50回。

インクライン・ダンベル・ベンチプレス:
  14kg×10回(止め)、10kg×20回(止め)、
  6kg×30回(止め)。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
   30kg×10回ずつ、20kg×20回ずつ、
   10kg×30回ずつ。

感じ:

木村弓さんについて、続きである。
「いつも何度でも」の歌詞を聴くと、
人の最期に濃厚に接し、
看取りをやったことがある人が、
この歌詞を書いたような気もする。

「さよならの時の静かな胸、
ゼロになるからだが耳を澄ませる」
「生きている不思議、死んでいく不思議」
「閉じていく思い出のそのなかにいつも
忘れたくないささやきを聞く」
「こなごなに砕かれた鏡の上にも
新しい景色が映される」

もちろん、私の内的な強い思いが、
共鳴してそう感じているだけなのかもしれない。

さて、先週は疲れた。
スクワットのように厳しい診療が、
毎日あったから。

疲れは、最高のパフォーマンスの大敵である。
もともと口下手なのに、さらに舌が回らない。
「虚空遍歴」の冲也が
山中での医王寺で、逃げ出したような状況であった。
そういう状況で、逃げるか逃げないかが、
冲也と私の分かれ道になったらしい。

閑話休題。

今日は軽くやろうと思いつつジムに着いた。
空いているパワーラックにふらふらと近づいたが、
何とか思いとどまった。
20日には、相当疲れるはずだから。

ダンベル・ベンチプレスと、ダンベル・アーム・カールを
交互にやった。

ダンベル・ベンチプレスは順調であり、
久しぶりに40kgをやったが、
決してぎりぎりではなかった。

30kgでの止めの10回、20kgでの止めの20回も
何とかできた。
10kgの30回は本当につらかった。

ダンベル・アーム・カールは、
左の上腕筋をいたわりつつ、重量を軽く、
回数で追い込んだ。

インクライン・ダンベル・ベンチプレスもしっかり。

ワンハンド・ダンベル・ロウもきっちり。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

総重量は、10.908tだった。

検量すると、81.2kg、体脂肪率17.7%だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
軽くダンベルのみ。 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる