中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワット:再開

<<   作成日時 : 2015/12/06 16:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グルーミング開始!!

まずは、拉致して、耳を持って、
グルーミング用のスプレーで毛を濡らす。
画像

両手で、背中をわしわしする。
画像
マッサージにもなるから、
気持ちよさげである。

次に首を抑えて、背中の毛抜き。
画像

ごっそり抜かないと、毛球症になってしまう。

アルの顔は決して嫌がっていない。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×10回、100kg×2回、130kg×2回。
メイン:100kg×10回、2セット。
補助:なし。

感じ:

棄権した試合の後、
12/1に喉が痛くなり、12/2には発熱。
もちろん仕事を休めるはずもなく。
翌日には解熱したものの、
喉の痛みとだるさは続き、
本朝ようやく、頭痛だけになった。

ジムに着いてアップを始めると、厳しい。
試合後の再開はきつい。
そこに病み上がりまで加わって、
さらに、今回からメインは10回(注)としたから、
60kgでも10回。
これが既にきつい。

注:
 以前、三土手さんが、JPAのコラムに、
 試合後、スクワットは10回のセットをやる、
 そう書いていた。
 三土手さんが書いていたように、
 スクワットの10回はすさまじくつらい。

100kgは軽くはないが、いつもの感じに戻った。
130kgでニースリーブとベルトを装着。
軽くはないが、いつもの感じである。

病み上がりに無理をすると
その後の週が、続かない。
まして10回だから、軽すぎると思える重量が良い。
感覚的には120kgだから、
思い切って、100kgにした。

1セット目を始めると、1,2,3と軽すぎる。
しかし、4,5と甘くないことが実感でき、
6,7,8と呼吸が苦しく、
9,10では、力的には余裕だし、
降ろしも怖くないが、苦しくて苦しくて。
セット後は酸素負債でしばらく動けず。

インターバル6分で、呼吸は落ち着いたが、
心拍はおそらく140以上。
それでも力的に余裕で怖くないから、
2セット目に突入。

もちろん1セット目よりもきつい。
呼吸と動作が合っていない。
息を吐いて降ろしてしまう。
5でようやく、上で息を吸って止めて
降ろす、挙げる、息を吐いて吸うができた。
6,7,8と苦しくて苦しくて。
9,10は半ば朦朧としながら、クリア。
酸素負債はかなりで、頭痛はするは、
動けないは。

もう1セットできそうだったが、
病み上がりは、もう少しできるところで
引くのが原則だからここまで。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ:150kg×10回、2セット。
ベント・オーバー・ロウ:90kg×10回、2セット。
シットアップ:最下段×15回、×15回、
        ×10回、×5回。
マシン・ロウ:84kg×10回、×10回。
カーフレイズ(レッグプレスマシンにて):
        178kg×20回、×20回。
おまけ:ダンベル・ベンチプレス:12kg×30回。

感じ:

久しぶりの補助トレーニングである。
シュラッグは、150kgにて厳密に10回、2セット。
きついのは、ブランクのせい。

ベント・オーバー・ロウは、ブランク後にしては、
きっちり広背筋に入った。

シットアップは、腹筋がつったままやった。

マシン・ロウでは、10回の2セット目がぎりぎり。
次回同じ感じなら、重量を落とすべき。

スクワットの歩きで不安定なのは、
カーフレイズをさぼったことも原因。
そこで、久しぶりにやってみると、
とてもきつかった。

12/4金曜日は仕事でベンチプレスができなかった。
その埋め合わせとして、
軽くダンベルベンチプレスをやった。
試合の前の週から、左の小胸筋が痛かったが、
本日も痛かった。
経過と痛みの種類から、
軽度の筋断裂となっていたらしい。
これが試合のベンチプレスで挙がらなかった、
主因らしい。

ストレッチをやって終了。

検量したら、排尿前なのに82.5kgだった。
風邪で、1kg体重が落ちた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワット:再開 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる