中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワット:第一週

<<   作成日時 : 2015/05/03 16:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ケージの扉を開けたのに、
寝そべったままのアル。
画像

ふと、シッポを見ると、立ち気味である。
画像

本当に無関心の時は、シッポが寝る。
だから、内心は、構ってもらいたいが、
我慢しているのがわかるのだ。

面白いから、引っ張ってみた。
画像

怒ってしまった。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×6回(ノーベルト、リストラップなし)、100kg×2回、
    130kg×2回(ニースリーブM)、150kg×1回。
メイン:125kg×6回、3セット。
補助:60kg×20回。


感じ:

腰が痛いのはデッドリフトの影響。
右肩の痛みは、まだ続くが、
改善傾向。

自宅での、ストレッチ、
少しずつ深くしての10回、
そしてジムでの5回のストレッチで、
ようやく、以前より一横指広くして、
担げるようになった。

故障を乗り越えたが、
整形外科の先生に言ったら、
怒られるだろう。

アップをすると、
妙に重く感じる。
しかし、担いで後ろに下がる足取りは、
軽いのだ。
つまり担ぐ上半身だけ重く感じているだけ。

100kgで、右膝と右の内転筋に
痛みが走った。
これは山の影響。

膝は、ニースリーブで良くなったし、
130kgでは、右内転筋の痛みは少しだけ。

150kgでは、スティッキングでの減速が
顕著にみられたが、
決してギリギリではない。

メインは、3セット。
1セット目は、きっちり一気にクリア。
前回よりも明らかに余裕がある。

インターバル5分で2セット目。
一気にクリア。

インターバル6分で3セット目。
やはり一気にクリア。

スクワットだから、楽ということはない。
でも、もっと厳しいトレーニングを
やってきたから、
この余裕はちょっと不安である。

いや、そんな考えはダメだ。
それでは、明日の仕事を考えて、
休みを不安なまま過ごすことに似ている。

補助セットは、きつかった。

でも、ダメージは明らかに少ない。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(パワーラック):
    メイン:205kg×8回、2セット。
    補助:110kg×30回。
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):
   深く前傾して、ナロウグリップ:
   メイン:120kg×6回、3セット。
   補助:70kg×30回、×20回。
アブクランチ:椅子2の位置。アームは最上段の一つ下、
   メイン:92.0kg×15回、×15回、×15回。
   補助:54.5kg×100回。
シーテッド・ロウ(マシン):
   メイン:100kg×6回、3セット
    補助:49kg×20回、15回、15回。

感じ:

シュラッグは、前回からさらに上げて、
205kgとしたら、クリアできてしまった。
どうしましょ。
補助セットも30回クリア。

ベント・オーバー・ロウでは、
メインの120kgは重かったが、
きっちり広背筋に入った。
補助セットでは、30回が初めてできた。

アブクランチでは、メインを15回とした。
補助の100回は、これまでで一番きつかった。

シーテッド・ロウでは、
メインの2セット目で、
ヒントがつかめた。
菱形筋という比較的小さな筋肉に
集中するには、ゆっくりとした動きが必要らしい。
次回からは、98kgに戻して、やり直しだ。


ストレッチをやって終了。

検量したら、84.8kgだった。
2日で1kg変わるのは不思議ではない。
油断なく1週間を過ごすべきだ。


ちなみに、R5EのUEFI(BIOS)ROMの
再生計画は失敗に終わった。




   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワット:第一週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる