中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワット:第四週

<<   作成日時 : 2015/05/24 15:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

嬉しくてしょうがない時、
ヒトの足の周りを回る。

放っておくといつまでも回る。

嬉しそうである。

ちなみに、スライドショーになったのは、
静止画、連写で獲った画像を使ったから。
いつ回るか予想がつけば、
動画で撮るのだが。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×6回(ノーベルト、リストラップなし)、100kg×2回、
    130kg×2回(ニースリーブM)、150kg×1回。
メイン:125kg×6回、6セット。
補助:60kg×20回。


感じ:

スタッフと患者様、どちらも、
咳の風邪が流行っている感じである。
それを、平気で他人にぶっかける
そういう人もいる。
そのためか、喉が痛い。

しかし、熱もないのに、さぼるわけにはいかない。
ジムに着いてアップを始めると、軽い。
150kgもきっちり。

これには理由がある。
腹圧のかけ方を変えたのだ。

数年前、三土手さんに、
「ベルトを押すように腹圧をかける」と
教わって、
ヨコヤマ師匠の指導でも腹圧をかけよと
教わった。
確かに今まで、腹圧をかけてはいたが、
ベルトの上の腹に圧をかけていた感じである。
よく「下腹に力を入れる」というが、
パワーベルトをしっかり締めて、
それを実践するには、
私には難しかった。
それが今日できたのだ。
姿勢も安定するし、
何より、切り返しが決まる。
多少深く落としても、難なく切り返せるのだ。

今日はついに、6セットである。
一番きついはずだが、
やりきる自信はある。


1セット目を始めると、
1回目が重い。
2,3,4と追い詰められていく。
どんどん、肺から空気が抜けていく。
力を出している時間は、
息を吐くしかない。
吸えるのはレップの間だけ。
吸える時間は限られているのに、
吐く時間が長いから、どんどん抜けていく。
もちろん、1回ごとに一呼吸入れれば、
当然楽なのだが、
今は自分を追い込むために、
あえての、一気である。
5回目で最後の息を吐き切って、
そのまま6回目をやってもできてしまう。

インターバル5分で、2セット目。
すでに1回目の重さ、
そしてどんどん空気がなくなることにも
慣れている。
だから心に余裕すら残してクリア。

インターバル6分で、3セット目。
吐き切って、5,6とクリア。

インターバル6分で、4セット目。
やはり5,6は空気なしにクリア。

さすがに、ダメージが残るが、
インターバル6分で、5セット目。
無理やり一気にクリア。

インターバル7分で、6セット目。
5までは一気。
一呼吸入れて、6をやると、
まだまだ余裕。

昨年の同時期よりも7.5kg進歩し、
余裕もあるから、10kg近く進歩したらしい。

補助セットはきつかったが、
何とかクリアした。


補助トレーニングをやろうかどうしようか
迷ったが、風邪気味であること、
前回椎間板ヘルニアが再発したこと、
左内転筋に痛みがあること、などから、
中止とした。

しかし、トレーニングというものは、
やるべき理由は少ないのに、
やらない理由となると、いくらでも考え付く。

ストレッチをやって終了。

検量したら、84.9kgだった。
まずまずの体重だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワット:第四週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる