中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS デッドリフト:ピーキング第二週

<<   作成日時 : 2014/10/16 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日の一枚はこれ。
「これは俺の食べ物」
画像

電線は齧らないが、敷物は齧る。

お腹壊すよ!

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、130kg×2回、160kg×1回、180kg×1回、
    185kg×1回。
メイン:160kg×4回、2セット。
閉脚ぶっこぬき:なし。


感じ:

先週以上の精神的疲労。
さらに、スクワット後から、
右の膝関節内側が痛い。
内側側副靭帯を痛めたらしい。
サポーターをしつつ通勤し、
延期できるだけ、延期して、
本日のデッドリフトとなった。

荷重したまま伸展すると痛いが、
もう後がない。

本日から、約11か月ぶりに、
レスリングシューズにてのデッドリフト。
軽く感じるはずが、
60kg、130kg、160kgととても重い。
180kgでは大胸筋がつるほど、
余計な力が入っている。

首の付け根の意識も甘い。

悩んだが、やはり185kgに挑戦した。
自己ベストである。
結果、ギリギリで引けた。

ファーストプルでの減速もないのに、
何故か大胸筋に力が入る。
首の付け根の意識が甘い。

悩みながら、しかし、当初の計画通り、
160kgでの4回、2セット。

決してギリギリではなく、少しずつ、
大胸筋から力が抜け、
首の付け根の意識が回復した。

ストレッチをやって終了。

検量したら、84.2kgだった。

そしてふと、フォームが乱れた原因が
理解できた。

ウエイトリフティングシューズから、
レスリングシューズにしたので、
踵だけが1.5cmぐらい低くなった。
こんなわずかな差だが、
デッドリフトのファーストプルは軽く感じる。

それなのに、重く、大胸筋に力が入り、
首の付け根の意識ができないのは、
肩に力が入り過ぎだからだろう。

そして、その原因は、どうやら、
バーを取りに行く前の姿勢が原因らしい。
腕、肩を回して、身体の前に持ってくるのだが、
ウエイトリフティングシューズの感覚で
それをやると、レスリングシューズでは、
踵が下がった分、後傾になる。
その状態で腕を肩を締めると、
大胸筋、小胸筋を使う。
肩=三角筋にも力が入る。
この状態でバーを取りに行くから、
肩、大胸筋に力が入りっぱなしになるらしい。

上体をやや丸め、前傾した状態で、
腕と肩を前に持ってくると、
大胸筋や三角筋を脱力した状態が作れ、
バー取りに行ける。
肩の脱力ができると、首の付け根の意識が
十分になる。

それがわかって、ロッカールームで反復練習
(とても怪しい光景だっただろうが)。

それにしても、スクワットやベンチプレスは、
全身の力を使うのに、
デッドリフトのキモは、肩の脱力にあったとは。

驚きである。


幸い、右膝内側側副靭帯は悪化していない。
しかし、明日は正座が必須の職場である。

サポーターをしてやるしかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
デッドリフトは肩と腕のリラックスがポイントです。
あと手幅が狭いと胸がつりやすいです。
ヨコヤマ
2014/10/17 10:20
ヨコヤマ様、コメントありがとうございました。
お久しぶりです。いつもアドバイス、ありがとうございます。肩の脱力は、できそうですが、上腕からの脱力は、難しいですね。B1タイプで、しっかりバーを握らなければならないので。肘の脱力を心がけてみます。手幅は、昨年の教訓から、広めにしています。
今後も、ご指導、よろしくお願いします。
JH
2014/10/17 19:07
B1タイプに限らずですが、バーは握りこんではダメです。サクっと握る、それによって腕と肩をリラックスさせることが重要です。
B1なので指ではなく掌で握りますが、あくまでもさくっと、です。慣れるまでは不安かもですが、握りこむと体の連動が出ません。意識してみてください。練習でストラップやパワーグリップを使って脱力を意識するのも有効です。
ヨコヤマ
2014/10/21 12:27
ヨコヤマ様、ご指導ありがとうございました。
やってみます。
JH
2014/10/21 13:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
デッドリフト:ピーキング第二週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる