中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ほんの少しだけ進歩のベンチプレス

<<   作成日時 : 2013/05/26 15:56   >>

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

アルの動きが止まった。
画像

おもむろに、顔を洗う。
画像
丁寧に顔をぬぐって、その手を舐める。
そして手をぬぐう。

つまりは、唾で顔を洗っている。

動きは、遺伝子レベルで刷り込まれているらしく、
誰に教えられなくても、歴代のウサは、全く同じ動作をした。

ただ、アルは、やっているうちに、のめり込むらしく、
だんだん激しくなっていく。
画像
ロップだから耳が前に垂れるが、
もはや、ウサギと分かる人は、ウサ飼いの人だけであろう。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回(止め)、100kg×1回(止め)、110kg×1回(止め)。
メイン:95kg×8回、×8回、×6回(尻浮き1回)
補助:ストップ・ベンチプレス:85kg×4回。

感じ:

哀しみの渦の一つが解明できたのは、
悲しい経験との類似点。
こういう時には、心の表層だけで対応するべき。
心を岩にすればいい。
そう思ったら、とても心が楽になった。

本当は5月は大殺界だったのではないか?

ジムについいてアップを始めるととても重い。
しかし、ホールドも決まるし、意識も良い。
だから自分を信じて重量を上げる。
100kgの感じから、110kgは無理かと思ったが、
きっちり挙がった。

メインはサイクルの最初に戻って、95kg。
始めるときつい。
でも手ごたえはあるから、8回まで、
背中の意識も保ち、良いフォーム。

インターバルは6分、ダメージはほとんどない。
2セット目は当然1セット目よりもきついが、
一発ずつを積み重ねる。
8回目も尻は浮かず、しっかり挙げた。

前回のサイクルでは、最後が尻浮きだった(4/18)。
ほんのちょっとだけ進歩した感じである。
静脈叢が、筋繊維に変わりつつあるらしい。

試合まであと半年、身体を変える。
筋肉の大きさではなく、パワーをつける。
そうすると、筋肉が締まって、少し小さくなる?
そうすれば、Tシャツを着ても恥ずかしくなくなるのか?

3セット目は補助についてもらって、
6回目で尻浮き。
7回目肘伸ばしをしようとしたら、突然軽くなった。
補助が入ったのだ。
試合では当然だが、トレーニングなので、
Mトレーナーには、もう少し粘れるようにお願いした。

補助セットは、ストップベンチ。
回数よりも、止めた後、爆発的に挙げる練習。


メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、130kg×2回、160kg×1回、177.5kg×1回。
メイン:150×6回、152.5kg×6回。
閉脚ぶっこぬき:125kg×8回。


感じ:

デッドリフトって何でこんなに嫌なのか。
試合が、スクワットとベンチだけだったらいいのに。

アップを始めると当然重い。
でもmaxは177.5kgとしてしまう。
きつかったが、ギリギリではなく引けてしまった。
自己ベストまであと2.5kg。
ピーキングなしに、180kgが引ければ、
試合なら190kgが引けるような気もする。

メインは、150kgと152.5kg。
とてもきつーいセット。
息も完全に上がった。
でも、バーの軌道を意識できるだけの余裕があった。

ぶっこ抜きもきつかった。
低酸素の頭痛と、酸素負債で喘ぐ。


補助トレーニング

内容:(ノーカウントセット)

インクライン(スミス):ワイドグリップ、両側25kg×8回、
             両側30kg×8回(×6回)、両側25kg×8回。
デクライン(スミス):ややワイドグリップ、手関節背屈、
             両側25kg×8回、(両側30kg×6回)、
             両側25kg×8回、2セット。
ダンベル・アームカール:22kg×10回、3セット。
深いプリーチャー・アームカール:30kg×8回、35kg×8回(×3回)、
                     30kg×8回。
ダンベル・ベンチプレス:28kg×8回、(26kg×4回)、22kg×8回(×6回)
               20kg×8回。
深いプリーチャー・アームカール、ワイドグリップ:25kg×15回。
ライイング・バーベル・トライセップスエクステンション:
             30kg×8回、(35kg×4回)、30kg×8回(×6回)、27.5kg×8回。
ダンベル・フライ:14kg×10回、12kg×10回、10kg×10回。
手関節の背屈:ワイヤー、フリーグリップ20kg×20回、2セット。
手関節の掌屈:ワイヤー、フリーグリップ40kg×20回、2セット。


感じ:

インクラインでは、大胸筋の鎖骨部を意識できているのに、
パンプアップが少なかった。

デクラインでは、ブリッジを維持するのが難しい。
デッドリフトのせいか?

ダンベル・アームカールでは、やっと、
最後まで休みなしにできた。

プリーチャー・アームカールでは、
シートから尻が浮くだけで、
上半身の反動を使ってしまう。
それを他の人を見ていて気付いた(注)。
そこでシートから尻を浮かさないでやってみると、
これが厳しい。
何とか、前回と同じ重量、回数ができた。

注:
 上腕二頭筋の大きさと重量に乖離があったから気付いた。
 「人の振り見て我が振り直せ」とはこのこと。

ダンベル・ベンチプレスでは、28kgを持った瞬間、
無理かな?と思ったが、1セットはできてしまった。
26kgに落として連続成功を狙ったが、たったの4回。
22kgに落として1セットはできたが、2セット目はダメダメ。
20kgで何とか完遂。

ワイドのプリーチャー・アームカールは前回同様。

ライイング・トライセプス・エクステンションは、
少し復活していた。

ダンベル・フライはきついきつい1回を積み重ねて、クリア。

手関節の掌屈と背屈は、今一つ可動域が少ない。


ゴムによる肩のインナーマッスルとストレッチをやって終了。

検量したら、80.1kg!
げげげのげ!
ラーメンどころか、野菜生活だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほんの少しだけ進歩のベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる