中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 微小前進のベンチプレス

<<   作成日時 : 2013/02/14 17:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

アルがケージから私の足先に夢中。
画像

臭いを嗅いで、プルプルと頭を振る。
画像
臭かったのか?

そして今度は、腿の臭いを嗅ぐ。
画像

変態のアル。
でも最近は、私のへその臭いが嫌いになったから、
更生の道を歩んでいるのかもしれない。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回(止め)、100kg×1回(止め)、
100kg×1回(止め)、110kg×1回(止め)。
メイン:102.5kg×6回(尻浮き1回)、×5回(尻浮き2回)。
補助:90kg×6回、3回。

感じ:

先週は、どん底から回復傾向になっていた。
今週はどうか。
悲観的な私は、「また落ちるのでは?」と思う。

今日は2週ぶりの木曜休日。
朝早く目覚めたが、10時からのトレーニングでは、早すぎる?
いつだったか、ビルダーのおっさんに、
「朝は60%しか力が出ない」と言われたっけ。
それでも、昼まで待てないのがサガ。

今回から、手関節背屈で、手の甲を意識。
同時に、胸を張るのではなく、背中をしめて
ブリッジを維持する、それを意識してみた。
毒を食らわば皿まで、ではないが、
三土手さんの教えを、思い出せたことは全てやってみる。

60kgは重い。
90kgとても重い。
100kgギリギリの感じ?

もう一度、フォーム、意識を確認して100kg。
まずまず。

110kgは先週よりは心の余裕があったが、
それでも力的にはギリギリ。
落ちるのは数日、戻るには数か月、それが当然。

メインは、102.5kg、7回が目標。
始めると厳しい。
それでも何とか、何とか心を保って、5回目までは、
尻を付けたまま押し切った。
6回目は尻を浮かせたが、それでもギリギリ。

まあ、尻を付けて5回までできたから、
ほんの少しだけ、進歩した。

インターバルは6分、ダメージは軽〜中等度。
2セット目を始めると、一段と厳しい。
それでも何とか5回できた。

補助セットは90kgでやった。


今回のサイクルは終了とし、
次回から、95kgに戻る予定。
次のサイクルでは、何とか年末のレベルに戻りたいが、
そう簡単にはいかないのが、中年の身体。

前進は、亀よりのろい、ナマケモノ。
後退は、ウサギより速い、チーター。
それが中年の身体。


メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、125kg×2回、145kg×1回、165kg×1回。
メイン:142.5×6回、2セット。
閉脚ぶっこぬき:120kg×8回。


感じ:

断裂の危機が遠くなったものの油断は禁物。
だからデッドリフトは亀作戦。
2.5kgずつ刻んでいく。

それでもきついのがデッドリフト。
何とかメインをクリア。
きついのに、心のどこかに余裕がある。
それは良いことなのか、悪いことなのか??

閉脚ぶっこぬきは、慣れてきた。
注意点は、通常のデッドリフトのように、
バーを取りに行く前に腹圧がかけられない。
バーを握ってから腹圧をかけるが、
その時に、一気に力を入れずに、
わざとじんわり力を入れていく。
例えて言うなら、AKB48の板野さんの動き。
でないと、内転筋にとんでもない力がかかるから。


補助トレーニング

内容:

インクライン(スミス):両側35kg、ワイドグリップ、6回(ノーカウント)、
             両側30kg×7回、(ノーカウント)。
             両側22.5kgと20kgで8回ずつ、5セット。
デクライン(スミス):両側30kg、通常グリップ、手関節背屈、
              ×7回でノーカウント、25kgで×7回でノーカウント、             
              20kg×8回、5セット。
ダンベルアームカール:22kg×9回、5セット。
深いプリーチャーアームカール:30kgから落としながら、
             各、8回ルール、5セット。
ダンベルベンチプレス:22kg×8回、2セット。
              18kg×8回、1セット。
              16kg×8回、2セット。
深いプリーチャーアームカール、ワイドグリップ:
              15kg×20回、20回、10回
ライイングバーベルトライセップスエクステンション:
             40kg×6回、ノーカウント、35kg×7回、ノーカウント、
             30kg、25kg、20kgで8回、5セット。
ダンベル・フライ:10kg×10回から、落としながら10回ルールで5セット。
ダンベルベンチプレス:10kg、7kg、4kgでやれるだけ。

感じ:
 
インクラインでは、右肩:肩鎖関節に激痛。
うーん、前回、ワイヤー・シングルハンド・アームカールで
痛めたのがいけなかったか。
それでも両側35kg、8回できなくても挑戦。
インクラインで、大胸筋:特に鎖骨部に効かせるのは、
身体が覚えた。

デクラインでは、できるだけ高重量から。

インターバルでのダンベルアームカールは、
22kg×9回、5セットできてしまった。
次回から10回に挑戦。

プリーチャーアームカールは甘えないで厳しく。
とにかく、ノーカウントセットがあってから、重量を下げる。

ダンベルベンチプレスも右肩が痛かったが、
何とか5セット完遂。

ワイヤーによるシングルハンド・アームカールはできない。
痛みを我慢すればできるが、それをやって今悪化。
代わりは、プリーチャー・アームカール。
ワイドグリップ、軽重量で回数で追い込む。
15kgなんて、軽いと思ったら、20回はかなり効いた。

ライイングバーベルトライセップスエクステンションは、
40kgを久々にやった。
もちろん、スタートポジションまでは、補助。
Mコーチ、「出し!入ります!!」と叫んでいた。
何のこっちゃ?
ユーモアがわかるSコーチが、理解する。

しかし、急速に終わっていく、上腕三頭筋。
なかなか8回できずに、ノーカウントが続く。
やっと8回できても、1セットだけ。
それでも、20kgで踏ん張って、完遂。

インターバルで、ダンベルフライ。
よく考えると、この種目も難しい。
上腕骨の大胸筋と三角筋の付着部だけを意識して。
しかも、始めと終わりだけに力を入れて。
ああ、これもAKB48板野さんの動きだ。

最後の最後に、軽いダンベルでプレスをやった。
そのせいか、今キーボードを操作するだけで、
大胸筋がつる。


ゴムによる肩のインナーマッスルを70→80としてやり、
ストレッチをやって終了。

検量すると、78.7kg。

最近、ベンチプレス、デッドリフトパターンだと、
補助トレーニングで、ほとんど息が上がらない。
慣れか??
だから汗も少ない。

水分を搾れば、77.5kgだが、
やはり、ラーメンはまだ遠い。

右肩は激痛だが、筋断裂に比べれば弱い。
ロキゲルを塗りたくって、何とかがまんできる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
微小前進のベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる