中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと後退も、手ごたえはあったベンチプレス

<<   作成日時 : 2013/01/10 18:34   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

警告:今回の写真では、ちょっとグロテスクなものが
含まれますので、注意して読んでください。

アルがコテンで、撫でられている。
画像

顔は、うっとり。
画像
よく見ると、目がおかしい。
動かない。
いわゆる、目が据わっている。

目を開けてみるとびっくり。
画像
眠っているらしい。

人間の場合、目を閉じると、外側、上方を見るような位置にくる。
しかし、アルは、内側、下方を見る場所で固定される。

ちなみに、耳の付け根をマッサージすると、
真ん中で固定される。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回(止め)、100kg×1回(止め)、110kg×1回(止め)。
メイン:102.5kg×7回(尻浮き2回)、×5回(尻浮き2回)、×3回。
補助:90kg×5回。

感じ:

スクワットでブランクから脱したはず、
そう思ったのは甘かった。

60kgは軽かったが、90kgが重い。
100kgはもっと重い。
110kgなんて挙がらないんじゃないか?
しかし、自分を信じてやると、何とか挙がった。
覚悟はしていたが、かなりの不調だ。

でもやるしかない。
メインは102.5kg、目標は7回。
始めると、1回目から実に重い。
驚くほど重い。
4回目でもうだめかと思った。
しかし、粘れる。
5回目まではきっちり尻をつけてクリア。
6回目、挙げで粘れず、尻が浮いた。
別の力が発現していたから、粘れば大丈夫なはず。
自分を信じ切れなかった。
それを裏付けるのは、7回目。
尻は浮いたが、じりじりと肘伸ばしで挙げきれた。

インターバルは6分、ダメージは軽度?
実は感じなかっただけ。
2セット目を始めるときついきつい。
それでも別の力が引っ張る。
何とか5回目を肘伸ばし。

インターバル6分、ダメージは判定不能(感じない)。
3セット目は、たったの3回。
でも、3週間前よりも一歩前進している。

補助の、90kgも5回まで粘れた。

確かに、年末最後よりは後退。
でも、別の力が出てくるということは、地力がついたということ。
手ごたえあり。

いや、なくちゃ困るの。
これだけやっているから。


メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、120kg×2回、140kg×1回、160kg×1回。
メイン:145g×6回、147.5kg×6回。
閉脚ぶっこぬき:125kg×8回。


感じ:

まだ、スクワットでの筋肉痛が、大腿四頭筋に残っている。
しかし、甘えは許さん。

アップを始めると、まあまあ。
と思ったら、145kgのところ140kg、
165kgのところを160kgでやってしまった。
そりゃ、軽いわけだ。

メインは、きっちり、2.5kgずつ重くした。
感じは、当然ながら、きついが、決してギリギリではない。
大丈夫、次に進める。

閉脚ぶっこぬきもきっちりこなす。
息が上がった。
きつい。


補助トレーニング

内容:

インクライン(スミス):両側35kgから、ワイドグリップ、6回でノーカウント、
             両側25kgと1セット、両側20kg、2セット。
              両側15kgで2セット。
             両側15kgで、ナロウグリップ、2セット
              両側10kgで、3セット。
デクライン(スミス):両側10kg、ワイドとナロウを交互、
            各、8-10ルールで、どちらも40回。
ダンベルアームカール:22kg×8回、3セット、20kg×8回、2セット
ダンベルベンチプレス:20kg、挙がらず、16kg×7回にてノーカウント。
              12kg、3セット、10kg、2セット、8kg、2セット。
深いプリーチャーアームカール:30kgから落としながら、
             各、8-10回ルール、5セット。
ライイングバーベルトライセップスエクステンション:
             30kgは7回でノーカウント。
             20kgから落としながら、各、8-10回ルールで40回+α

感じ:

息が上がったまま、インクライン。
決してベンチプレスで力を出し切っていないのに、
スタミナがない。
それがなまっている証拠。
厳しく、厳しく。
そして、きっちり追い込んだ。
パンプアップした。

デクラインでは、どうしても上腕三頭筋無視ができない。
後半で、やっとできた。
それは、上腕三頭筋が終わったから。

ダンベルアームカールは、インクラインのインターバルで。
S2機関は目覚めず、きついったらありゃしない。
でも、クリアはできた。

ダンベルプレスで、20kgを持ってびっくり。
スタートポジションすら、挙がらない。
16kgでやっと。
それでも8回に到達せず、ノーカウント。
厳しい。
12kgでやっと8回できた。
最後は、8kg!!
自分史上最低の重量でのダンベルプレス。
それでも効くから、困ったもの。

プリーチャーアームカールはきっちりこなした。

日常生活では、下半身は否応なく使う。
だから、トレーニングしなくても、ある程度は保たれる。
しかし、上半身の最大筋力って、日常生活では使わない。
それでも、上腕二頭筋は使うらしい。
なまりが少ない。
一番なまるのは、大胸筋と上腕三頭筋と判明。
そりゃそうだ。
なまらせないためには、腕立て伏せ?
いや、自重では不足。
誰かを背中に乗せてやってもまだ不足。

もう限界だったが、上腕三頭筋がパンプアップしていない。
だから、ライイングバーベルトライセプスエクステンションをやった。
何だか、ビルダーみたいだ。

後から来た、ビルダーのSさんが、先に帰っていく。
私はまだ、いつものメニューの2種目残っている。
ここで体力が費えて、終了。

ゴムによる肩のインナーマッスルは忘れて、
ストレッチだけをやって終了。

検量したら、78.7kg。
確実に内臓脂肪が減った。
トマトダイエットと、心理的ストレスによる。

それにしても、トマトは地物に限る。
ヤッシーよりも、地物の方が、味が濃い、うまい。
ましてや、硬いばかりで味の薄い、
トップバリューのトマトとはくらべものにならない。

トマトのうまさがわかるって、やっぱり中年。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと後退も、手ごたえはあったベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる