中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 疲れが残るベンチプレス

<<   作成日時 : 2012/08/14 02:45   >>

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

トイレの横で、寝そべるアル。
画像
臭くないのかな?

悪口を言うとすぐ理解する、アル。
画像

そしてカメラをガン見。
画像

ブス!

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




昨日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×2回、102.5kg×1回、107.5kg×1回
メイン:90kg×10回(尻浮き2回)、×8回(尻浮き2回)、×6回
補助:ストップベンチ80kg×4回、70kg×6回、60kg×7回
何となく:90kg×3回


感じ:

9月9日の横浜市ベンチプレス大会にむけ、
ピーキングなしの、重量に慣れるトレーニングを始めた。
よってアップはどんどん上げて、107.5kgまで。
この重量を触るのは、何か月ぶりか、何年振りか。
きっちり挙げたが、まだ止めるどころではない。

来週から、合図での正式練習を開始する。

メインは、90kg1セット目の最後はきつかった。
2セット目もきつく、最後の9回目、
肘伸ばしができず、補助が入った。
3セット目は、6回目で肘伸ばしができた。

ストップベンチは3セット。

もう一セットと思ったが、大胸筋が痛くない。
しょうがないので、もう一度90kgに戻したら、
1回目からギリギリ。
3回まで粘るのがやっとだった。


デッドリフト

内容:

完全閉脚:60kg×6回、100kg×8回、120kg×2回、140kg×3回

感じ:

まだ内転筋は治癒していない。
だから、本来デッドリフトは禁止状態。

だが、今やらないと2週間のブランクになる。
だから、完全閉脚のぶっこぬきをやった。

60kgでアップ、100kgでは、パワーベルトを借りて、膝を縛った。
膝を縛ると、内転筋には良いが、バランスを崩したら、
立て直せない。

120kgでは、パワーベルトなし。
140kgでは、後ろへの転倒だけを補助してもらって、
何とか3回。
これで、140kgは筋肉に覚えさせたはず。

来週は、クローズトスタンスの、
いわゆるヨーロピアンスタイルで復帰する。
そのフォームでどれだけいけるか確認だ。


補助トレーニング

内容:

インクライン(スミス):両側30kgから、ワイドグリップ、6セット
            ナロウグリップ、両側17.5kgから、6セット。
ダンベルアームカール:20kg×12回、×12回
               18kg×8回、16kg×8回。
ダンベルベンチプレス:32kgから10セット。
プリーチャーアームカール:40kg×6回、×5回、35kg×2セット、30kg×2セット。
ダンベルフライ:10kgから落としながら8セット。
ライイングバーベルトライセップスエクステンション:
                40kgから落としながら8セット
ワイヤーでのアームカール:30kgから落としながら8セットずつ


感じ:

とにかく筋力が尽きるまで、体力が尽きるまで、やった。
前日の広背筋とともに、全身痛である。

あまりに痛いので、眠れずに今ブログを書いている。

ゴムによる肩のインナーマッスルとストレッチをやって終了。

検量すると、76.5kgだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
疲れが残るベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる