中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夢想花」のスクワット

<<   作成日時 : 2012/07/09 21:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

餌箱に臭い付けするアル。
画像

網のトンネルにも臭い付け。
画像
臭い付けするだけで使わない。

ケージカバーにも臭い付け。
画像

何にでも、人間にも臭い付けをする。
アルの縄張りらしい。
お疲れ様と言いたい。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×6回、110g×2回、120kg×2回
メイン:100kg×11回、2セット
補助:ストップスクワット95kg×8回

感じ:

忘れてしまいたいことが、今の私には多すぎる。

とにかく、トレーニングしかない。
しかも、とんでもない領域へ入るしかないのだ。

アップは調子が良く感じた。
120kgは、いつも通りなのに、脳がおかしい。

メインは、サイクルの最初に戻って、100kg。
いつもなら、9回ぐらいで許すところ、
今日の心を静めるには最低10回。

始めると、やはり100kgは軽いらしい。
つらいつらいと心で思うが、
5回まで連続して息継ぎなしでできるのだから、
余裕があるのだ。
そうして6,7,8と刻む。
と、そこで数が飛んでしまった。
今降ろしているのが、8なんだか9なんだか、わからない。
後で考えるとまぎれもなく、9だった。
なのに、8だったらどうしよう、と思って、
結局、後で考えると11回やってしまった。
ダメージを考えると、やはり、11回だった。

インターバルは7分、ダメージは結構強い。
それでも1セット目を11回やったから、
2セット目も11回を目指す。

始めると、1セット目よりも格段にきつい。
それでも粘れてしまうのは、100kgの軽さのせい。
そして、1回ずつを刻んで、ついに10回。
そこでやめようとする、心をぶっ飛ばして、
11回目を降ろして、挙げた。
心肺機能への負荷は強烈だった。
一瞬、意識が飛びそうになった。
迷走神経反射も起こしかけた。
低酸素で、頭が痛くなりかけた。
それらすべてを根性で押さえこんだ。
その状態で、やっと忘れたいことが忘れられた。
因果な心である。

シュラッグとベント・オーバー・ロウが終わっても、
大腿四頭筋が痛い。
それなのに、ストップスクワットは、2.5kg増しの95kg。
メインより5kg落ちの重量。

始めるときつい、きつい。
でも、頭で忘れたいことが回る。
ついに忘れた時が、8回目。
終了後は、またしても低酸素と迷走神経反射との闘い。

普通のトレーニーには真似してほしくない追い込みである。
決して身体のためにはならないし、危険である。
脳をぶっ飛ばすためのスクワットであった。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(パワーラック):157.5kg×10回、2セット
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):137.5kg×10回、8回
                     反動なし97.5kg×10回、2セット。
シットアップ:最上段で、10kgを持って10回、10回、6回、5kg持って5回、
        負荷なし5回、下から二段目6回、最下段×10回。
シーテッド・ロウ(マシン):105kg×10回、8回、94kgぐらい1セット、73kgぐらい1セット。
カーフレイズ(レッグプレスマシンにて):184kg×12回、5セット
                         右足だけ、97kg×12回
ラット・プル・ダウン(マシン):バーで、70kg×8回、×6回
                  フリーグリップで63kg×8回、2セット、42kg×8回、
シシー・スクワット:10kg×10回、15kg×10回、×10回、×8回
ワンハンド・ダンベル・ロウ:30kg×5セット、20g×1セット


感じ:

シュラッグでは、右腰に激痛。
まだ千畳敷カールの影響が残る。
セットが終わるたびにもがくほど痛い。

ベント・オーバー・ロウも腰が痛い。
2セット目でやっと広背筋が意識できた。

シットアップは、3セット目で潰れた。
だいたい、始める前から、ストップスクワットのせいで、
息が上がりっぱなしの状態だったから、
ダッシュをやり続けるようなもの。
でも、やはり3セット目で潰れたのは許せず、
重りを下げて、さらには、負荷なしで、角度を下げて、
ついに、一番下でもギリギリまで追い込んだ。
腹筋に激痛。

シーテッド・ロウも2セット目で10回できなかったのが許せず、
重量を下げながら、あと、2セットこなした。
重量は正確には覚えていない。
菱形筋が痛くなったら、腹筋の痛みが消えた。

カーフレイズはいつもより1セット多くやった。
すると、ふくらはぎが激痛。
しょうがないので、ラット・プル・ダウンをやった。
すると、ふくらはぎの痛みが消えた。

ラット・プル・ダウンは、バーでやってみたが、
やはり、広背筋の外側縁には意識が行かない。
そこで、フリーグリップにして、あと3セット。
重量は正確には覚えていない。
広背筋激痛。

大腿四頭筋を追い込もうと、マシンのレッグエクステンションを
やってみたが、重量が重くなると、膝が下がって、
可動域が減る。
その結果、どんどん重量が上がる。
追い込めない。

そこで、Sコーチに何か代案はないか?と聞くと、
シシースクワットなるものを教えてくれた。
早速やってみた。
10kg抱えて、股関節を伸ばしたまま、フルスクワット。
尻が踵に付くまでやると、結構厳しい。

15kgに上げて、とことん追い込んだ。
大腿四頭筋が痛くなったら、今度は広背筋の痛みが消えた。
シシースクワットは、どれだけ深く落とすかで、負荷が激変する。
パワーリフターである私としては、
尻が踵に付く、つまりフルレンジでなければ納得できない。
そうでないと、つらくなった時、どんどん浅くなるし、
スティッキングポイントが、フルボトム近くにあるから、
深くやらなければ意味がない気がする。

ワンハンド・ダンベル・ロウをやった。
重量が30kg、回数が10回というだけで、
何セットやったかわからない。
どれだけやっても限界が来ない。
もう何が何だかわからない。
忘れたいものを忘れただけでなく、
何か人間としての危険回避というものまで忘れた感じ。
ただ、全身の痛みが消えたのには、助かった。


もう体力的に限界。
歩くのもやっとの状態になったので、
ストレッチをやって終了。

検量すると、76.8kgだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「夢想花」のスクワット 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる