中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 何年振りかのパンプ・アップを経験したベンチプレス

<<   作成日時 : 2012/07/05 18:17   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

お庭のトイレで踏ん張る、アル。
画像

そのままトイレで毛づくろい。
画像

おっと、オシッコが出たようです。
舐めてます。
画像

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×2回、100kg×2回
メイン:90kg×10回(尻浮き1回)、×8回(尻浮き2回)、×5回
補助:ストップベンチ80kg×4回、70kg×6回、60kg×7回


感じ:

アップを始めると、いつもと同じ感じ。
どうして90kgがこんなに重いんだろうと思う。
右肩が痛い。
強烈に痛い。
何年か前、痛めて整骨院に通った時と同じぐらい痛い。
三土手さんのパーソナルトレーニングを受けた頃だったか。
しかし、あの時は、整骨院に通っても、全く良くならなかった。
だから、今回も整骨院にいっても無駄。
痛みは根性で乗り切るしかない。
痛みとの根比べで、勝つしかない。
そのうちに痛くなるのに飽きて、消えるでしょう。
100kgはまだ余裕がなかったが、精神的には勝った。

メインはまだまだ90kg。
補助についてもらって開始。
かなり厳しかったが、粘れる。
8回目、9回目と尻を浮かせず押し切れた。
10回目は尻が浮いたが、少しだけ。
よし!一歩回復。

インターバルは6分、ダメージは軽度。
始めると厳しいのは、一層強い。
でも根性で刻む。
9回目、スティッキングポイントで止まって、補助。
惜しかった。

インターバルは6分、ダメージは強度。
4回目が肘伸ばしでギリギリ。
以前なら、5回目は挙がらないパターンだ。
しかし、何故か粘れる。
何とか押し切った。

ストップベンチをやって終了。

どうやら、補助種目での追い込みや
ストップベンチの効果が出つつあるのか?


デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、110kg×2回。
メイン:137.5kg×6回、2セット。
ぶっこぬき:110kg×10回


感じ:

先週は木曽駒のためにお休んだデッドリフト。
もう先延ばしにはできない。

アップは重かった。
メインも重いが、心の隅に余裕がある。
なのに、つらいのがデッドリフトの特徴。
何とか、目標をクリア。

ぶっこぬきは、足の間を5cmまで狭めて、
バランスとインナーマッスルを意識したやり方に変更。
始めはぐらついたが、後半はきっちり。
根性の10回クリア。

もう息が上がった。


補助トレーニング

内容:

インクライン(スミス):両側27.5kgから、ワイドグリップ、4セット
            ナロウグリップ、両側17.5kgから、4セット。
ダンベルアームカール:20kg×10回、×10回。
ダンベルベンチプレス:30kgから4kgずつ落としながら、5セット。
ダンベルフライ:10kgから落としながら5セット。
ライイングバーベルトライセップスエクステンション:
                40kgから落としながら5セット
プリーチャーアームカール:35kg×10回、7回、30kg×7回
ワイヤーでのアームカール:20kgから落としながら4セットずつ


感じ:

インクラインでは、左右とも肩に激痛。
しかしおかまいなしに追い込む。
痛みに耐えられるのは、長く生きた証拠である。
若いころにはとてもこんなことはできなかった。
重さと回数なんて覚えていない。

ダンベルアームカールは何とかいつもと同じ目標をクリア。

ダンベルベンチプレスでは、とにかく追い込んで、
重さも回数も覚えられない。

ダンベル・フライも、ライイイング・バーベル・トライセップス・エクステンションも
やはり重さや回数などどうでもよく、
追い込むだけ追い込んだ。

それにしても、ダンベル落とし用マットが大活躍。
私以外に使っている人はいなさそうだが。

プリーチャー・アーム・カールは本当に厳しかった。
最後の最後まで、スティッキングで止まってもがんばった。

ワイヤー・ワンハンド・アーム・カールも
重さ、回数ではなく、とにかく追い込んだ。

補助トレーニングは、インターバル1分ぐらいで、
ぜーぜーしながら、セットを繰り返した。
ダッシュと同じ感じである。
これは、ビルダーと同じトレーニングではないか。


ゴムによる肩のインナーマッスルとストレッチをやって終了。
3時間以上、トレーニングした。
やりすぎ。


検量すると、76.7kg。
まあまあ。

帰ったら、左右とも肩に激痛。
中年の身体には、無理があったらしい。
しかし。
大胸筋がパンプ・アップしている。
こんなのは、数年ぶりである。


このような追い込んだトレーニングができるのも、
今の仕事が楽しいから。
人間関係もとても素敵。
全て上司であるO先生のおかげ。
ありがとうございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何年振りかのパンプ・アップを経験したベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる