中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 腰痛軽減、スクワットに改善の兆し

<<   作成日時 : 2008/10/07 09:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日のダイビングでまたまた悪化した腰痛。
バラコン運動のせいか、昨日にはかなり改善。
ほとんど痛みなし。

「先週とは違う」「これならいける!」と思いつつも、
相変わらずモチベーションは低い。
トレーニングに行くのが嫌で嫌でしょうがない。

トレーニング仲間に聞くと、みなさん、「トレーニングが楽しい」と言う。
「来るまでが面倒」という人はいても、トレーニング自体は、みなさん楽しんでいる。
実際見ていると楽しそうにトレーニングしている。

筋トレのどこが楽しいのか?つらいのに。M??
試合などなく、適度に「体を動かす」「体を鍛える」というなら、
確かに、気が楽で、楽しめるのかな?

私の場合、試合という目標があるから、それだけきつくなるのは確か。
でもこの目標がなければ、筋トレなんかしないで、家でダラダラしていたい。
それが健康に悪くても、私は、心が弱い人だから、易きに流れそう。
目標で自分の尻を叩かなければ、ジムにすら到達できないだろう。

確かに、トレーニング中、特に高重量では、仕事や日常のごたごたを忘れられる。
でも、没頭して爽快に忘れるのではなく、
「考えていたらつぶれる」「考える余裕がない」のであって、決してポジティブな忘れ方ではない。

トレーニング後は達成感も爽快感もあるが、
体の疲れと、関節の痛みで相殺されて、ボーっとなる。

周りから、「何でそんな思いまでして、やっているの??」と言われるのはこのため。
今の私の答えは、「試合で悔しい思いをしたくないから」
うーん、爽やかじゃない、ドロドロした答えだな。


昨日の練習

メイン:スクワット(ピーキング4週目)

ついにピーキング4週目に突入。試合まであと3週間弱。

内容:

アップ:バー担ぎストレッチ3セット、60kg×6回、90kg×5回、110kg×3回
メイン:125kg×3回、2セット
マックス:132.5kg×1回
補助:ストップスクワット95kg×8回

感じ:

すべてのセットで、腰痛は少しだけだった。
アップで若干、バランスが悪い(前や左に傾く)。
でもメインの1回目は意外と軽く、マックスもまあまあの立ち上がり。
おっと、上向き調子になってきたか???

ストップスクワットは本来今やるべきではないのかもしれない。
苦手克服のための補助種目だから(これはオフシーズンのトレーニング)。

しゃがんで立ち上がる瞬間、力を入れるタイミングがちょっとでもずれると、
ボトムで、どうしたらよいかわからなくなり、止まってしまう。つぶれる。
今までつぶれたのは、いつもこのパターン。
力ぎりぎりで挙がらないのではなく、ボトムで止まって、あれ??どうするんだっけ?って感じ。
ボトムで止まってから、足を使って立ち上がる、その感じをつかみ、
もし止まっても、回復できるように、ということでストップを、今更ながらやっている。

ピーキングとともにレップス数が少なくなり、効かせられなくなっているから、
ストップスクワットで追い込む(もちろん軽い重量で怪我予防しつつ)。


補助種目

内容:

シュラッグ(スミス):116.5kg×3回、3セット
ベントオーバーロウ(スミス):111.5kg×3回、3セット
バックレイズ:18kgダンベル×7回、3セット
ダンベルアームカール:18kgダンベル×7回、4セット
バーベルアームカール:40kg×12回、1セット
ロウイングマシン:84kg×6回、6セット
ワイドグリップロウ(大円筋、ワイヤー):95kg×10回、2セット
ラットプルダウン:85kg×10回、2セット

感じ:

さすがにシュラッグとベントオーバーロウをやったら、腰痛再発。
この2種目、今週はロシアンルーティンでのピークだから、レップは少ないが重量が重い。
よって腰の負担も強い。
来週は6回2セットに戻るから一安心。

バックレイズで、腰痛激痛。
少ないセット数の時でよかった。
その場でバラコン運動やって、腰の筋肉をほぐす。

ちなみに、ダンベルを使う種目は、ダンベルが2kg刻みということから、
ロシアンルーティンも変則的にやっている。
6回を1,2,3,4セットと上げて、次は7回1,2,3,4セット、次は8回で。
その次にやっと2kg重いダンベルへ。
6回の6セットは過負荷になりやすく、
だからといって6回4セットの次に、重量を上げると、とてもじゃないが持ち上がらない。
だから4セットまで、7回8回のセットを入れている。
これが一番、負荷の増加が直線的になりそう。

私のトレーニングは、
「前回と同じトレーニングをしない」
「1レップスでも、1セットでも、1kgでも前回よりも前に進む」
を原則としている。でないと進歩がない。
だから原則ロシアンルーティン。
大円筋だの、ラットだの、一応やっておくという種目を除く。

ロウイングマシンでの菱形筋はかなり効いた。
ロシアンルーティンのセット数最大の週だから、効きが良くわかる。

全てのメニューをこなし、達成感はあるも、腰痛がだんだん悪化した。
そこでまたもやバラコン運動。
フリーウェイトゾーンで、バラコン運動やっていると、奇異な目で見られる。
ちょっと恥ずかしいけれど、帰宅は待てない。

外は寒そうなので、お風呂を水風呂で、十分温まり、ジムを出た。


肛門科受診

青天の霹靂であった、肛門周囲膿瘍(8/10発症)。
根治手術をしないと再発の危険が非常に高いとのこと。
みなさん同様、私の場合も仕事を休むのは容易なことではないので、
10月末、試合の翌日から、半ば無理やり休みをとって
根治手術を受けることになった。
痔ろう根治手術。他人に言うのにかなり抵抗のある名前。

いろいろな人と話していると、「隠れ肛門周囲膿瘍、痔ろう」は多い様子。
「お尻にできものができた」と軽く思っている人も多そうだ。
早く根治術やらないと、大変ですぞ!

昨日は、その術前検査に言ってきた。
「採血は前回(注)やってあるのでしません」とのこと。ラッキー。
直腸診もやられなかった。これが一番うれしかった
(私の場合、いくら経験しても直腸診がつらい)

注:前回の手術は8/11、サドルブロックで膿瘍の切開排膿。
  局麻の痛さとその後のろう孔とドレーン痛みは忘れられない。


寝る前に、腰が痛くなってきたので、またしてもバラコン運動をやった。
これをやると、骨のゆがみ云々ではなく、腰の筋肉がほぐされて、
暖かくなって、痛みが軽減する。
鎮痛剤がいらない。
かなりはまっている。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
腰痛軽減、スクワットに改善の兆し 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる