テーマ:登山

久々の北海道旅行:ニセコアンヌプリ登山

2年ぶりに北海道旅行に行った。 1年ぶりの飛行機。 JALで千歳へ。 国際線ターミナルが新築されていた。 レンタカーは格安のホンダN-WGN. 何と、昨年の九州旅行で辟易した車を またしても借りてしまった。 学習能力の低下を認識した。 ニセコへ 道道16号を支笏湖へ。 国道276号で支笏湖南側…

続きを読むread more

虹と雨と花の唐松岳登山

間一髪、台風が過ぎ去っての唐松岳登山。 ようやく、妻の晴れ女の能力が戻ったかに見えた。 ところが、である。 結果的には、今回も雨の山行となってしまった。 アプローチ いつもの毎日アルペン号、竹橋出発である。 熟睡しても、トイレ休憩のたびに起きるから不思議。 白馬八方バスターミナルには、5:30ぐらいには…

続きを読むread more

幸運に恵まれた燕岳登山:第二日

起床から下山 実は第一日に書き忘れたが、 燕山荘に戻る前に、 ハクサンシャクナゲを発見した。 また、オオバキスミレも見た。 ご来光にかすかな期待をこめて、 4:00に起きたら、真っ白け。 時折、裏銀座の山々や、 燕岳も顔出すが、ご来光はパー。 やむなく朝食を食べて支度をして、 6:55…

続きを読むread more

幸運に恵まれた燕岳登山:第一日

天気予報~アプローチ 天気予報は最悪だったが、 それで日程を変更できるほど暇はない。 しかし、そのおかげで、 燕山荘の個室が空いたらしく、 直前に予約ができた。 用意もしっかりとしてある。 ザックから見直し、軽量化にて、 10kgを切る装備としてある。 こうなれば、嵐でもなければ、 登るしかない。 …

続きを読むread more

瑞牆山登山:ハムストリングス断裂の危機を超えて

ハムストリングス断裂?? 前回記事から今回までの間に、 スクワットのトレーニング記録を 書く予定であった。 しかし、前回記事で書いたように、 デッドリフトの最後で、 ハムストリングスに激痛が走った。 翌朝、痛みは増悪し、 足を引きずりながら歩く始末。 この痛みは、これまでの人生で、 2回経験した。 …

続きを読むread more

雷岩から大菩薩峠ハイキング: ハイパーATモジュールの効果

3年目になる足慣らしのハイキングは、 雷岩~大菩薩峠である。 ルートは、 上白川峠→福ちゃん荘→唐松尾根→ 雷岩→大菩薩峠→福ちゃん荘→ 上白川峠であって、毎年ワンパターン。 アプローチ 今年は10連休とのことで、 いつもに増して、GWの渋滞予測が厳しい。 午前3:00起床、アルの世話をして、 4:2…

続きを読むread more

雨の唐松岳

天気予報では、確か、 晴れのち雨だったんじゃないか? 今回の山行は、今までで一番の 土砂降りであった。 今回はかなりの混雑が予測されたので、 山小屋(唐松岳頂上山荘)には泊まらず、 日帰りの予定。 日帰りということは、荷物が少ない。 どれだけ削れるかやってみると、 ザックが7kgぐらいになった。 何と!い…

続きを読むread more

燕岳:第二日

布団はせんべいだったし、 30秒で褥瘡になりそうな痛み。 仙骨部、大転子部と、 患者様が褥瘡になるのは、 こういうことね、と実感。 毛布を敷いてその上に寝たら 朝までぐっすり。 ご来光とヴィーナスベルト 真っ暗な中、iPhoneの目覚ましである。 どこのバカか?? と思ったら、隣に寝ている妻だった。 …

続きを読むread more

燕岳登山:第一日 <追記あり>

今年は白馬岳には行けない。 唯一の3連休は、苦行の山ではなく、 やはり温泉旅行。 1泊2日、というかバス泊だから2泊2日の 弾丸ツアーで行ける北アルプスは・・・。 妻がやっとのことで予約を取った 燕山荘の個室。 だから燕岳。 白馬岳よりも登攀時間は短いが、 「北アルプス三大急登」の1つ、 合戦尾根って…

続きを読むread more

東西天狗岳登山:ロードスターRFで山へ。

24日は、宴会だった。 オンコールなので、飲まなかったが、 23時まで付き合った。 アルコールなしに宴会に付き合うのは、 本当に忍耐がいるものだと、 あらためて知った。 25日19時夕食、20時就寝、 26日0時起床、アルの世話をして、 1:30頃出発。 唐沢鉱泉駐車場~登山開始 東名、圏央道、中央道…

続きを読むread more

大菩薩峠(雷岩)と嵯峨塩館

またしても登山シーズンである。 いつものように、大菩薩峠、 嵯峨塩館付きなのだが、 今回は、暦通りの休みになったから、 GW真っ只中なのだ。 JARTICの予測を見て、 5:00前に出発する予定が、 覚醒不良の私のせいで、5:30出発。 あまりにも使えない私のせいで、 海老名SAで妻に交替。 そんな時間的…

続きを読むread more

地獄の唐松岳登山

三列シートバス+唐松岳なら、 かなりの余裕だと思い、 前後のハードな勤務の間に 唐松岳登山に行った。 これが地獄の始まりであった。 土曜日の外来の後の昼食、 いつもは「いきなりステーキ」なのに、 お腹への負担を考えて、 以前から気になっていた、喜多方ラーメンに行った。 夜行バスまで時間が余りすぎたので、 …

続きを読むread more

白馬岳登山

出発~猿倉 28日、仕事が終わって、一度帰宅。 コンビニ弁当を食べて、シャワーを浴びて、 着替えてから、新宿へ。 いつもながら、本格的な山の恰好、装備は、 電車内では目立つ。 新宿は人も多くさらに恥ずかしい。 それでも西口の地下道になると、 同じような恰好の人が増える。 バスに乗るのは、バスタではなく、…

続きを読むread more

芳ヶ平ハイキング

本当は、赤岳に行くはずだったが、 直前まで見ても、天気予報は曇り時々雨。 雨の山行はとてもつらい。 レインウエアは、蒸れて暑いし、 休憩すれば冷えるし、お腹が痛くなる。 いくらゴアテックスRだってダメである。 山小屋を出たら雨だった、となれば、 嫌でも帰ってこなくてはいけないが、 はじめからわかっていれば 行か…

続きを読むread more

瑞牆山登山

※今回はカメラのトラブルにより、写真はありません。 アプローチ 本当は赤岳に行く予定だったが、 今年は雪が多く、まだ行者小屋ぐらいにも 残っているらしい。 雪が残る、地蔵尾根など寒気がする。 赤岳は6月末にしよう。 ということで、もっと南の金峰山が候補に挙がった。 しかし、5/26-27に雪が降るらしい。 …

続きを読むread more

塔ノ岳登山

ピーキング半ば、 しかも前途は暗い状態なのに、 ここでなぜか、登山。 登山は持久力。 ピーキングで一発の身体に 変換している途中に、登山とは、 いわばピーキングの逆噴射である。 できるだけ穏便に済ませたい。 しかし。 患者様から、写真のリクエスト。 「今度はいつ山に登るの?」という期待に、 まさか、今シ…

続きを読むread more

白馬岳登山

昨年は大雪渓でばてた白馬岳。 リベンジのはずが、 勤務終了後夜行バス、 夜に帰って翌日勤務という、 ハードスケジュール。 そのためにトレーニングの日程も 前後に圧縮。 新宿から白馬山荘へ もう慣れきったかのような 毎日アルペン号。 新宿駅から都庁駐車場までの、 必須のコンビニに行くと、 おにぎり類は売り切…

続きを読むread more

八ヶ岳登山

今シーズン、初めての本格的登山。 やはり、八ヶ岳しかない。 5/31午前2時出発。 いつものように高速道路をぶっ飛ばし、 5時前にやまのこ村着。 いつものように、ぐっすり眠っていた妻は、 「全然眠れなかった」とのこと。 準備をして、さっさと登山開始。 南沢ルートで行者小屋を目指す。 事前の情報通り、倒木が多…

続きを読むread more

大菩薩嶺登山(?)

ついに登山のシーズ到来である。 晴れの予報なのに、 雨が降る日が続いたが、 今回は足慣らし、そして嵯峨塩館付きだから、 かなりの悪天候でも決行の覚悟。 4:00起床、5:30出発。 圏央道のおかげで楽に談合坂SAまで。 今回は山小屋には泊まらないので、 ニンニクたっぷりのスタ丼を食べて、 7:30過ぎに上日川峠に着…

続きを読むread more

何故トレーニングをするのか

登山は、もう楽しいレベルを超えてしまった。 高山植物や景色を見たい、 それだけでできるほど、楽なものではない。 登山もトレーニングと同じものになった。 登山では、高山植物の写真を撮って、 その写真を見た時の患者様やご家族の笑顔は、 プライスレスだけれど。 「そこに山があるから」は 登山の理由にならない気もしてきた…

続きを読むread more

唐松岳登山

金曜日のベンチプレスで、Yさんに会った。 「今夜、夜行バスで山に行く」と言ったら、 「何でトレーニングしているの?」と聞かれた。 そういえば、同行者にも同じことを言われたような。 スクワットの特訓の成果はどうか。 と、期待するより前に、 特訓にて、右ひざが痛い。 ザックを背負って、階段を昇り降りするだけで痛い。 …

続きを読むread more

白馬岳登山

台風が来ているし、週間天気予報が、 明日の天気予報になっても、 「雨」いや、「雷雨」の予報。 それでもやめるわけにいかないのが、登山(?) 新宿から夜行バス。 学生時代のスキーバスを思い出させる、 窮屈な一泊。 眠ったのか眠れないのかわからないまま、 猿倉に到着。 幸いなことに予定より早く到着。 標高:1,230…

続きを読むread more

八ヶ岳(横岳)登山

7/6午前0時起床、1:00出発。 開通間もない、圏央道で中央道へ。 美濃戸口からやまのこ村までは、 相変わらずの悪路。 3:30着。 駐車場は比較的空いている。 やまのこ村の開館時間の5:00まで 車中にて眠る。 寝起きのせいか、グダグダと準備をして、 5:45出発。 南沢ルートで、行者小屋を目指す。 …

続きを読むread more

金峰山登山

仕事とトレーニングの両立ができないまま、 金峰山への登山の日となった。 朝2時起床、アルの世話をして、3時に出発。 6時に瑞牆山荘近くの無料駐車場に到着。 土曜日とはいえ、この時間で空きは3か所。 あと、10分遅かったら、路駐となったところ。 やはり、日帰りの方々が多いらしい。 「実践!にっぽん百名山」で勉強した、…

続きを読むread more

八ヶ岳:赤岳登山

注:この記事は昨年10月の登山のものです。 準備 好日山荘のセール品にヘルメットがあって、 とても悩んだ。 何故なら、調べれば調べるほど、赤岳は厳しそうである。 ある芸能人は、ハーネスまでつけていたし。 思いとどまったのは、とても高額だったから。 今回は、頂上に山小屋があるし、 宿泊する赤岳展望荘には、お…

続きを読むread more

ケルヒャーの高圧洗浄機と山グッズ

ケルヒャーの高圧洗浄機 お風呂のカビが気になっていた。 特にスノコの裏は、黒いカビがびっしり。 一昨年、昨年は、お風呂のクリーニングを頼んだ。 マンションの特約店だったから、 ダスキンよりは安かった。 しかし、やはり高額。 しかも昨年は、掃除のやり残しが目立だった。 コストの面からも、パフォーマンスの面からも…

続きを読むread more

金時山「登山」

27日、箱根に行った。 いつものように温泉に浸って、くつろげれば良いと思っていたら、 妻が、突然、「金時山登る??」と言い出した。 そういえば、最近テレビでよく紹介される。 金時山の山小屋と金時娘なんかも見たなぁ。 確か、初心者でも大丈夫らしいし、 奥入瀬旅行で買った靴もあるし、 じゃあ行ってみるか。 寒…

続きを読むread more