テーマ:O.C.

Kaby Lake 7700Kの殻割り:その2

殻割りなしの、7700Kの実力 まずは、尋常に、7700Kに載せ替え。 6700Kのまま、BIOS 3101にアップデート。 今回のアップデートは問題なかった (年末にダウンロードしたものは、 ファイルが壊れていたらしい)。 Dual Intelligent Processor 5にて、 4.8GHzまでのO.C.をし…

続きを読むread more

Kaby Lake 7700Kの殻割り:その1

Core i7 6700Kで、オーバークロック(以下O.C.)を 追求して、いろいろやったが、 ASUSのDual Intelligent Processor 5では、 4.8GHz 2 Core(残2 Coreは4.7GHz)が限界。 さらに、CPU Core Voltageを手動で1.375Vとして、 4.9GHz 2…

続きを読むread more

性懲りもなくオーバークロック:その3結末

趣味は、温泉でも登山でも、 ましてトレーニングでもない。 お買い物である、そう実感した。 くすぶる、殻なし冷却に決着をつけるには、 実験用のマザーボードでやるしかない。 幸い(?)電源も、HDDも、 さらにはラジエーター(最初の360mm)も、 ポンプ(XSPC)も、フィッティングも、ある。 ないのは、マザーボー…

続きを読むread more

性懲りもないオーバークロック:その1ポンプ交換

メインマシンは、 ペルチェ素子冷却がなくとも、 夏でも常用できるPCではある。 それもこれもいろいろといじってあるから? ポンプ交換 CPUの冷却はシステムは、 EK-Supremacy EVO+ 480mm+140mmラジエーター、 ポンプは、最初はEK-DDC3.2だった。 ところが、オリオスペックのH…

続きを読むread more

ペルチェ冷却へのあくなき挑戦

DOS-V POWER REPORTに、 髙橋敏也氏による「改造バカ一台」 という記事がある。 このブログの一連のPCの記事は、 「空手バカ一代」と上記記事のあいの子、 「改造バカ一代」ともいうべきものである。 年末にMSIのグラボが火を噴いて、 電源まで飛んだ。 その後グラボをASUSの STRIX-GT…

続きを読むread more

Skylakeの殻割り:その3

本当は翌日:24日に着くはずのM8H。 ところが、24日、21:00になって、 突然、到着予定日が11/26となった。 何の断りもなく。 アマゾンプライムではとても珍しいことだ。 何か事情があったのだろうが、 連絡なし、というのには困ったものである。 今後は、このような場合は、 アマゾンではなく、TSUKUMOなどに…

続きを読むread more

Skylake殻割り:その2

殻割り開始 さて、いよいよ6700Kの殻割りである。 まず、裏面に導電性スポンジをつけ、 スコッチマースキングテープで固定。 カッターを用意。 もちろん、左の塊が、CPUである。 四隅にカッターの刃を入れる。 もちろん、実際に刃を入れる時は、 左手でCPUを固定、 右手はカッター刃の先の背と、 …

続きを読むread more

Skylakeの殻割り:その1

Skylakeへ DevilsCanyon 4790Kから、 Haswell-E 5930Kへ、 水冷もマザーボード(X99)までやった。 そこまでやったのに、 何故に、Skylake 6700Kにしたのか。 ASUSのHP、MAXIMUS Ⅷ HEROのページに、 オーバークロック(OC):"Over 5.2GH…

続きを読むread more

R5E+5930Kによるオーバークロック:その5

4.6GHzが限界だった、 オーバークロック(O.C.):1/28記事。 その後ケースをCore X9にして、 480mmラジエーターに換装したことは、 3/22記事に書いた。 ついにさらなるO.C.に挑戦した。 4.4GHzまでは、AI Suite 3で。 その後、4.6GHz(full core)にして Re…

続きを読むread more

Core X9

プロローグ 自作PCにのめりこんで、半年。 5930K+R5E、水冷での、 オーバークロック(O.C.)も限界がわかった。 自作PCの世界での最近の話題は、 グラフィックボード(いわゆるグラボ)である。 今は、トリプルモニターで使用してはいるが、 グラボは、ASUSのGTX760-DCMOC-2FD5で 十分…

続きを読むread more

R5Eと5930KによるO.C.:その5:追記あり

前回、4.6GHzまでのO.C.に成功した。 いい気になって、4.7GHzに挑戦。 しかしなかなか安定動作しない。 Vcoreを1.5Vオーバーまで盛ってもだめだ。 Real Benchの途中でハングアップする。 CPU温度は80℃以下であり、 温度と冷却の問題ではなさそうだ。 Vcoreをこれ以上盛るのは怖い…

続きを読むread more

R5E+5930Kによるオーバークロック:その4

ついに、VRMもPCHも水冷化した。 そして恐る恐る、Vcoreを盛りながら、 さらなるO.C.に挑んだ。 前回のO.C.は、昨年の12/7。 4.5GHzが限界だった。 今回は、4.6GHzに挑戦。 Vcoreを盛りつつ、 ベンチマークができる安定状態を探る。 ついにVcoreを1.42188Vまで盛って、…

続きを読むread more

デッドリフト:第四週

今日の一枚はこれ。 題して、「縄張りを見まわす」 お庭から外への扉が空いて、 以前ならすぐさま飛び出すところ、 最近はまず、全体を見回して、 どこからパトロールするか、考える。 アルの空間認知能力は 妻のそれよりはるかに優秀だ。 頭の中に、リビングとダイニングの空間が きっちり認識されている。 だから、配…

続きを読むread more

デッドリフト:第0週

今日の一枚はこれ。 題して、「テレビを見るもんね」 テレビを見る時は、網のトンネルからと 決まっているらしい。 人間とは視線が違う。 何に見入っているのか?? よかったらクリックしてください。 本日のトレーニング メイン:デッドリフト 内容: アップ:60kg×…

続きを読むread more

ベンチプレス:第一週(2歩後退)

今日の一枚はこれ。 題して、「やっぱり、この奥に行きたい!!」 お庭の外に出すのは、土曜日と決めた。 そんなルールにはお構いなしに、 毎日毎日、「外に出せ」という。 待ちに待った、ある土曜日。 一目散に向かったのは、 やはりガスレンジの下。 ガリガリと、前足で掘って、 どうしても向うに行きたいらしい。 …

続きを読むread more

物欲番長revisited

※このタイトルは、文献: Mark AL. The Bezold-Jarisch reflex revisited: Clinical implicatons of inhibitory reflexes originating in the heart. J Am Coll Cardiol. 1983;1:90-102.…

続きを読むread more