一歩回復のスクワット

アルがお庭の柵の近くで眠っている。
Aru_19_10_14_01.jpg

当ブログについて長い読者ならおわかりのことと思うが、
今回の主役はアルではなく、
お尻の先(画面左)のう〇ちである。
Aru_19_10_14_02.jpg
後ろ足の角度とうん〇の位置関係が
とても怖い状況。

案の定、数分後はこうなった。
Aru_19_10_14_03.jpg

すなわち、
熟睡し後ろ足の緊張が取れる→
〇んちを蹴る→
柵の外に出る、という流れである。

アルとしては、うん〇性善説なのだろう。


人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

内容:

スクワット:
    60kg×10回、80kg×8回。

ベンチプレス:
   40kg×10回、60kg×10回、80kg×8回、
   90kg×8回、100kg×3回。
   102.5kg(試合形式)×1回。
   60kg×12回(止め)。
   40kg×20回(止め)、
   30kg×30回(止め)。

ダンベル・アームカール:
   1kg×50回、
   2kgから1kgずつ上げて、10kgまで、それぞれ20回。
    7kg×30回、4kg×50回。

ロー(ワイヤー):
   80kg×30回。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
   32kg×15回。

トライセプス・ダウン(ワイヤー):
   40kg×20回。


感じ:

いつもと同じく早朝にジムに行ったら、
「台風19号の影響で、安全確認を行い、
8:30から営業します」とのこと。

以前なら、
事前に調べなかったことを悔やんだり、
安全確認って明らかに理由に過ぎないから
ジムを恨んだりしたなあ。

でも今は、何だか決してつらくない。
後悔は少し、恨む気持ちはゼロだ。


一度自宅に戻って、寝直した。

すっきりしてジムに再び向かう。

ところが、である。
昨日休みだったこと、世間は3連休だったことから
激混み状態である。

パワーラックには、久しぶりに会った、
真面目な仲間がいた。

スクワットのフォームが素晴らしい。
つま先重心のきれいな降ろし、切り返し。
ホールドの位置も理にかなっている。
トレーナーの教えもあったのだろうが、
「4スタンス理論」を知らずに、
ここまでのフォームを習得するとは、
その努力、センス、トレーニングに対する姿勢と、
脱帽である。

その彼が終わって、スクワットを行ったが、
前回から負荷を増やすべきと考えていたから、
でも、足はそれほど真面目にやるつもりはないから、
80kgだけ8回やった。

そんなにきつくなかったが、
そりゃ80kgだから。

うーん、やっぱり100kg以上やらなとダメかしら。

ベンチプレスでは、前回の余裕はどこへやら。
きつかったが、それでも挙がってしまう。
100kgでも3回。
102.5kgの試合形式でも余裕あり。
下りも、前回ほどギリギリではなかった。

ダンベル・アーム・カールは、
久しぶりに下りも最後までやれた。

ワイヤー・ロウでは、
ちょっと迷惑なトレーニーがいた。
以前ならかなり嫌な思いがこみ上げてきたが、
今回は違った。
「もう少し考えれば、うまくできるのに」と
悲しい気持ちで見守れた。

その後私の番が来たが、80kg×30回は
決してきつくなかった。

ワンハンド・ダンベル・ロウは、
32kgのダンベルの軸ネジの緩みを締めてから。
15回簡単にできてしまった。

トライセプス・ダウンはやるつもりはなかったが、
何故かちょっとだけやってしまった。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

総重量は、13.6625tだった。

検量したら、78.5kg、体脂肪率16.2%だった。

台風で自宅待機の間、
食べまくったからだ。

「脂肪でも挙がる」って、やっぱり本当?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント