メニューのほとんどこなしたトレーニング

アルがまたしても、「死んだように」眠っている。
画像
牧草入れに頭突きをかまして、
そのまま眠っているのだ。

呼びかけると、まさに
「白い目」で私を見る。
画像
いや、本当の白い目とは、
白目:強膜を相手に見せることだが、
アルの場合は、白内障で白い目。

今のアルには、
黒い目とか青眼とかでは、
見られないのだ。

もちろん、撫でて欲しいのだ。
画像

この春の発情は、やっとおさまりつつある。
8歳とは思えない発情ぶりだった。



人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

内容:

スクワット:
    60kg×10回、80kg×6回、
   60kg×10回。

ベンチプレス:
   40kg×10回、60kg×10回、80kg×6回、
   90kg×6回。
   60kg×12回(止め)。
   40kg×20回(止め)、
   25kg×30回(止め)。

ダンベル・アームカール:
   1kg×50回、
   2kgから1kgずつ上げて、10kgまで、
   それぞれ20回。
   7kg×30回、4kg×50回。

ロウ(ワイヤー):
   60kg×30回。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
   30kg×10回、20kg×20回。


感じ:

右前腕の腫瘍は、転倒後打撲後
一時的に大きくなったが、
現在はもとの状態に戻った。

明日ようやく精査受診ができる。

それにしても、こんなときに転倒するは、
しかも腫瘍を打撲するなんて、
考えられない失態である。

しかし、翌日見てみると、
歩道のレンガが、10cmほど
盛り上がっており、
その先の放置ゴミに気を取られると、
躓いても当然と言う状態であった。

さて、この間メインのトレーニング以外に、
自宅でダンベル・ベンチプレスをやって、
腫瘍に影響がないことがわかったので、
本日は本気でトレーニングとなった。

スクワットは、まずまず。
来週燕岳に行くかもしれないのに、
下りの10回もやってしまった。

ベンチプレスとダンベル・アーム・カールを
組み合わせて進む。

ベンチプレスでは、
間のダンベルが効いているらしく、
重いことは重いが、90kg×6回が
意外なほど簡単にクリアできた。

下りの止めも、きっちりクリア。

ダンベル・アーム・カールも
久々に下りの50回まで完遂。

ワイヤー・ロウも少しやって、
ワンハンド・ダンベル・ロウもやった。

しばらくやらないうちに、
広背筋はかなり落ちた。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

総重量は、12.250tだった。


検量したら、78.3kg、体脂肪率15.3%だった。

腫瘍が肉腫でないことを祈る。

この記事へのコメント