久しぶりに潰れたスクワット

アルが動き出す。
画像

一体どこに??
画像

またしてもトイレ裏??
画像

またしても、いじけているのだ。
画像

後ろ足を伸ばして、フィニッシュ!!
画像

いじけて、頭を隠すだけなのに、
何故か、後ろ足をきっちり伸ばした
ポーズを決める。

律儀なやつ。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

内容:

スクワット:
   60kg×10回、80kg×6回、100kg×6回、
   110kg×2回、
   60kg×10回。

シュラッグ:140kg×20回。

デッドリフト: 
   ナロウスタンス60kg×10回、90kg×4回、
   いわゆるスモウデッド:120kg×3回、
   140kg×1回。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
   40kg×10回ずつ、30kg×20回ずつ。

ワイヤー・ロウ:
   60kg×30回、40kg×30回。

感じ:

精神的には
これまでの人生で第二位の悪い状態。
整体+ストレスによる減量で、
身体的にも厳しい。
眠れないのに覚醒も悪い。

こんな状態でスクワットをやろうというのが
間違いなのかもしれない。

ジムはガラガラ。
スクワットを始めると、とても重い。
しかし100kgではかなり戻ってきた。

110kgでの2回目はきつかったが、
決してギリギリではない。
3回目のボトムから挙げた途端、
前にのめって潰れた。
セーフティーバーがなければ、
下手をしたら死んでいただろう。
誰もいなかったし。

これまでに潰れたことは2,3回。
それらと違って、立て直しのための
背筋に全く力が入らなかった。
背筋が抜けた感じである。

だからこそ無理な力がかからず、
ダメージはほとんどなし。
手もバーからのクリアランスがあり、
怪我もしなかった。

やはり心の力が不足しているのに、
集中力を欠いて「何とかなる」という
安易な気持ちで降ろしたからだろう。

下りの60kgはきっちりクリア。

シュラッグは何とか厳密にクリア。

デッドリフトはやはりきつかったが、
メニューはこなした。

ワンハンド・ダンベル・ロウは
何とか完遂。

ローは40kgで30回しかできなかった。
力ではなく、気力が続かなかった。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

総重量は、11.160tだった。

検量したら、77.1kg、体脂肪率16.7%であった。

前回のスクワットでも
仕事のストレスを書いてあったが、
今回のストレスは桁違いである。
何しろ、1年間全身全霊をかけた仕事が、
水泡に帰すのだから。

この記事へのコメント