中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 少しずつ前進のトレーニング

<<   作成日時 : 2018/11/04 15:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アルが、お庭のシェルター(椅子の下)で
寝ている。
画像
椅子の足に、脚が絡まっても
お構いなし。

でも体裁は悪いらしく、
ちゃんとした(?)寝方になった。
画像

後脚がきれいに伸びている。
画像

これだけきれいに伸びる後脚は、
アルの特技かもしれない。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




昨日のトレーニング

内容:

スクワット:
   60kg×10回、80kg×5回、100kg×3回。

シュラッグ:135kg×20回。

デッドリフト: 
   ナロウスタンス60kg×10回、90kg×2回、
   いわゆるスモウデッド:120kg×2回。

ベンチプレス:
   60kg×10回、80kg×6回、
   90kg×6回、
   97.5kg試合形式×1回
   102.5kg試合形式×1回。
   60kg×10回(止め)。

ダンベル・ベンチプレス:
    12kg×20回、
   20kg×20回(止め)
   10kg×30回(止め)。

ダンベル・アームカール:
   1kg×50回、
   2kgから1kgずつ上げて、10kgまで、それぞれ20回
   7kg×30回。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
   36kg×10回ずつ、22kg×20回ずつ。

インクライン・ベンチプレス(スミス):
  両側20kgずつ×10回。


感じ:

久しぶりに調子の良い朝だった。
ジムに着いて、スクワットを始めると、
左肩の激痛は続くが、
前回よりはましである。
担ぎで肩を入れる方向を変えただけで、
かなり楽になる。

スクワット自体は、ようやく
昼休みダンベルの成果が出てきて、
60kg、80kg、100kgと余裕である。

シュラッグも厳密に。

デッドリフトでは、突然、
若いトレーナーから、非常識な指導をされた。
重りを床につけるのではなく、
セーフティーバーにバーを落とせ、
と言うのだ。
理由はバーをセーフティーバーの下に
抜くときに危険だ、ということである。

驚くは、あきれるは、やる気が吹っ飛んだ。
バーを抜くときに周囲の人に
危険がないようにやるのは常識だし、
その点は、かなり神経質にやっている。
むしろ、その時にバーの周辺に近寄る人の方が、
非常識だと思う。
フリーウエイトでは、バーや重りの
軌道に近づかないのは常識。
でもこのジムでは、常識を全く指導しないから、
平気で、スクワットやベンチプレス中のバーに
触れる非常識な人が多い。

セーフティーバーはあくまでも
潰れた時のセーフティーであり、
そこにデッドリフトのバーを落とすなど、
セーフティーバーを壊すやり方。
実際、そんなやり方をしている
トレーニーもいて、そのため、
ここのセーフティーバーは
3回も修理が必要になって現在に至る。

今回の若いトレーナーは、どうやら
パワーラックの使い方、
セーフティバーの意味と使い方、
さらにはデッドリフトそのものについて、
正しい知識を持っていないらしく、
これまた、フリーウエイトをろくに知らない
トレーニーの言いがかりに影響されたためらしい。

このことを話したら、常連は皆怒り、
Mさんに至っては、「焼きを入れてやる」と
(押しとどめた)。

まあ、トレーナーの責任者に話したら
わかってくれて、謝罪してくれ、
若いトレーナーに指導してくれた。

さてそんなこんなでデッドリフトの感触は
全く不明。

12kgのダンベルで肩を温めて、
ベンチプレスに突入すると、
80kgも90kgも余裕である。
そこで試合形式を97.5kgと
102.5kgとして余裕でクリア。
昼休みダンベルの成果は明らか。

ダンベル・ベンチプレス、
ダンベル・アーム・カール、
ワンハンド・ダンベル・ロウを
組み合わせて進む。

まずまずのできである。

最後に、Mさんが使っている
スミスで、インクライン・ベンチプレスを
10回だけやった。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

総重量は、13.835tだった。
13tを超えても疲れなくなった。

検量したら、78.9kg、体脂肪率15.7%だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少しずつ前進のトレーニング 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる