青森旅行ーその1

夏休みを取って、青森に行った。

奥入瀬に行ってみたい、ここから始まった、今回の旅行計画。
調べてみると、青森って見どころがたくさんある。
取捨選択がとても大変だったが、
妻がツアコンの役割をこなして、
ようやく、旅行計画がまとまった。
不老不死温泉と奥入瀬を無理やり組み込んだから、
かなりハードな移動になったが、
何とかなるでしょう。

往復は新幹線を考えたが、
JALで飛んだ方が、安いし速い。
特に、陸(おか)マイラーの私達としては、
おともdeマイル割引はとても魅力的だ。

前日にアルをペットホテルに預けた。
前回の奈良の時と同じ、二俣川の「うさぎのOHANA」。
近いのと、信頼できるというのが一番の理由。
アルも、OHANAなら、慣れている。
また、毎日、預けたウサの写真と様子を、
「ぴょんメール」で送ってくれるのも嬉しいサービスだ。
OHANAには、かわいい赤ちゃんウサがたくさんいる。
とてもとてもかわいいし、
親ウサギもとてもやさしい。
このウサ達を見るだけでも、訪れる価値がある。


青森へ

早朝の仕事を終えて、羽田空港に向かった。
ラッシュ時間をはずれたから、
京急は横浜から羽田空港まで座れた。

ラウンジで空弁を食べて、1205便で青森へ。

約1時間で青森空港に着陸。
今回の移動は、レンタカー。
4日も借りると、結構な額になるから、
当然ながら、一番小さなP1クラス。
車種は指定できなかったが、
ヴィッツに当たった。
ラッキー。
長距離の移動だから、パッソよりヴィッツの方が楽。

不老不死温泉まで約100km。
ぶっ飛ばすしかない状況だが、
何故か、いきなり道の駅:浪岡に引っかかってしまった。
とても珍しいものがいっぱい売っている。
ゆできみ(トウモロコシ)を買って、齧りながら五所川原へ。


わさお

延々走って、鰺ヶ沢の菊屋に到着。
わさおを探すと、いた!
画像
台風のせいで、異常な暑さの中、
扇風機の風が当たる位置で、寝そべり、あくびをしている。
確かに、ブスカワ。

イカ焼きを食べたかったが、夕食まで時間がないので、
次の日に食べることにして、先を急いだ。


不老不死温泉

道の駅:ふかうらに寄って、さらに延々走って
何とか、不老不死温泉にたどり着いた。

あいにくの曇天、雨も降っている。
しかし、海は凪。
画像

早速、有名な海辺の温泉に向かう。
内湯で、身体を洗ってから、浴衣を着直し、
籠を持って、露天風呂へ。
混浴と女湯に分かれている。

当然混浴に入る。
解放感抜群。
海とほとんど同じ高さにあるお湯。
強烈な塩化物泉で、鉄分も多く、
黄土色の濁り湯。
温度は、ぬる目が好きな私にちょうど良い。
すでに、雲が夕焼けに染まっている。
これだけでも、絶景である。

しかし、日没までは、1時間以上時間がある。
それに日没前後には、ぶよが多くなるらしい(注)。
すでに、ぶよらしき虫が飛んでいる。

注:館内にもお部屋にも、ぶよへの注意書きが
  いたるところに貼ってあった。
  刺されたら、旅行が台無しである。


10分ぐらいで上がって、
新館の露天風呂に移動した。
すると、とても良い眺め。
海辺の露天とは違った良さがある。
ぶよもいない。
泉質は、海岸と同じ、やや熱め。

そこで、日没を待つことにした。
西の空は雲が多い。
太陽が見えるかどうか、難しいところではある。
それでも、待ってみようと決めた。

しばらくして、雲が赤く染まった。
まるで、火山と噴出した溶岩のような色である。
しかし太陽は見えない。

その後待つこと数十分。
お湯に浸かったり、出たりを繰り返しながら、
辛抱強く待った。
地元の人と話す。
一生懸命、標準語に近づけて話してくれる。
何とか、意味がわかって、受け答えはできた。
しかし、地元の人同士の会話は、全く意味不明。
だいたい、発音が全くわからない。

お尻が痛くなったころ、
とついに、夕日が見えた。
隣の女湯、海岸の露天からも、歓声が上がる。
まだまぶしいので、長く見ることはできない。
しかし、「太陽光線」を身体一杯に浴びる。

その後、雲に隠れては、現れ、少しずつ沈む太陽。
そのたびに、赤くなり、暗くなる。
雲が光る。
そしてついに、最後の一筋の光が、水平線の雲に沈んだ。

これほどの絶景、夕日と日没は初めて見た。
感動した。


強い塩化物温泉に、1時間以上もいた為、
ヘロヘロの上に、身体がほてってしょうがなかった。


夕食は、普通の温泉旅館のお食事だった。
海の幸を期待していたのだが、
大したものはでなかった。
地酒はおいしかった。


いつものように、21時ごろには、さっさと寝てしまった。

その2へ続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント