中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 燕岳:第二日

<<   作成日時 : 2018/06/25 15:32   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

布団はせんべいだったし、
30秒で褥瘡になりそうな痛み。
仙骨部、大転子部と、
患者様が褥瘡になるのは、
こういうことね、と実感。

毛布を敷いてその上に寝たら
朝までぐっすり。

ご来光とヴィーナスベルト

真っ暗な中、iPhoneの目覚ましである。
どこのバカか??
と思ったら、隣に寝ている妻だった。

普段の生活では目覚ましを止めて眠るくせに、
山では飛び起きる。
空を見て、ご来光が拝めそうと、
おおはしゃぎである。

着こんで、外に出てしばらくすると、
反対側の槍ヶ岳の空に、
ヴィーナスベルトが見えた。
画像

そして雲海の先に、ご来光。
画像

朝焼けの大天井岳と槍ヶ岳。
画像

朝焼けの燕山荘と燕岳。
画像

ご来光なんてどこで見ても一緒と思ったが、
このご来光とヴィーナスベルトは
別格であり、富士山のそれよりもきれいだった。

叩き起こしてくれた妻に感謝である。

ただ、
頭の中で、「ミラーマン」の主題歌が
ぐるぐる回るのには閉口した
(♪朝焼けの光の中に立つ影は、
ミラーマン、ミラーマン♪)。

朝の散歩

朝食を食べて、支度をして、
ザックは燕山荘に置いたまま、
大下りノ頭方面に歩いた。
往復50分の散歩。

キバナシャクナゲを発見。
画像

八ヶ岳の横岳ではよく見るが、
他ではあまり見なかった。
一番好きな高山植物。

下り

燕山荘に戻って、ザックをしょって、
7:05出発。

合戦沢ノ頭を過ぎ、合戦小屋では
トイレだけ。
冨士見ベンチでは
富士山が見えないので水だけ飲んで、
第三ベンチもスルー、
8:50に第二ベンチに到着。

お菓子を食べて、水を飲んで、
9:03出発。

第一ベンチでお水を飲んで
9:47中房温泉着。

コースタイムより若干速い程度。
3時間かからずに降りてこれると、
膝も痛まずに済む。

それにしてもこの登山道、
とてもよく整備されている。
諸所に階段があり、無理なく登れる。
また上に行くにつれて、花崗岩(?)が
風化した細かな石が敷き詰められていて、
滑りにくく、クッションにもなってくれていた。
こんなに歩きやすい登山道は、
他では遭遇したことがない。


中房温泉→帰路

バスの時間は12:35だから、
それまでのんびり温泉につかる。

硫黄臭はするが、透明な
アルカリ泉であった。

ビール飲んで枝豆食って、
チキンカレーを食べた。

帰りのバスは、眠くてしょうがなかった。

穂高駅前でわさびを買って、
電車で松本へ。

長野ワインを探したが、
コークスクリューを持っていなかったため、
地酒に変更し、
はまかいじで飲んだくれて帰った。


唯一の難点

今回の燕岳は、とてもよかった。
登りのつらさも、白馬岳のようにぎりぎりではなく、
時間も短い。

もう少し雪があって、アイゼンを着けても
登れるだろう。

ただ、一つ難点は、虫がまとわりついて
困ったことである。

蜂取りのような帽子をかぶっている人が多いのは、
こういう理由だったのね。

でもあの帽子は暑そうだから無理っぽい。

虫がいなくなるのは、7月中旬とのことだが、
そのころには登山道は大渋滞だろうし、
燕山荘に、まして個室に泊まるのは、
至難の業だろう。

来年は6月中旬に行こうかしら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
燕岳:第二日 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる