中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 燕岳登山:第一日 <追記あり>

<<   作成日時 : 2018/06/25 14:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は白馬岳には行けない。
唯一の3連休は、苦行の山ではなく、
やはり温泉旅行。

1泊2日、というかバス泊だから2泊2日の
弾丸ツアーで行ける北アルプスは・・・。

妻がやっとのことで予約を取った
燕山荘の個室。

だから燕岳。

白馬岳よりも登攀時間は短いが、
「北アルプス三大急登」の1つ、
合戦尾根ってものがある。

しかも天気予報は雨。

雨の山行は、スクワットのトレーニングよりも
嫌いなのだが、
燕山荘の個室はそれ以上の価値がある、
、、、、らしい。

アプローチ

竹橋の毎日新聞東京本社を23:00発。

受付は、エアコンの効いたパレスサイドビル。
トイレもきれいで、すぐ近く。

灼熱の都庁駐車場とは天と地の差がある。

これからは竹橋発にしようと決めた。

ただ、ファミマが目の前にあるのに
入れない(この時間1階の出入り口は閉鎖)、
セブンは、ビルの反対側で小さいなどの
細かな問題はある。

追記:
 後でパレスサイドビルの案内を見たら、
 受付に向かって右後ろから
 ファミマに入れるらしい。
 竹橋でメトロを降りたら、
 まっすぐに円形エレベーターホールに向かい、
 1階に上がり、受付周辺に荷物を置いて、
 ファミマでお買い物をするのが良いと思う。

バスのシート間隔は広く、
伊勢の3列シートよりもぐっすり眠れた。

何だかとんでもない運転だと思ったら、
山道に入っていた。

5:30ごろ??中房温泉着。
一口サンドイッチを食べて、
トイレを借りて、支度が済んで、
ようやく目が覚めた。

トイレにお金を入れる場所がない??

そう、今回の山行ではトイレ代を払う必要はなかった。

富士山の山小屋も見習ってほしい。


燕山荘へ

6:00出発。
斜面をつづら折りの道で登る。
結構な登りだが、諸所に緩やかなところがあり、
息を整えることができる。

6:33第一ベンチ着。
水を飲んで、6:39発。

またしても斜面を登って、6:55第二ベンチ着。
ザックを下ろして、カロリーメイトを食べる。

妻がベンチの後ろに、ギンリョウソウを発見。
画像
うーん、あまり好きじゃない。

7:10発。
尾根線を登る登る。
7:39第三ベンチ着。
水を飲んで、7:47発。

中学生の集団とすれ違いながら、
登る登る。

イワカガミが咲いている。
画像

8:12冨士見ベンチ着。
富士山が見えた!!
画像
カロリーメイトを食べて水を飲んで、
8:38出発。

登って登って9:03合戦小屋に到着。

名物のスイカを食べた。
行く前は「登山でスイカなんて」と思っていたが、
このスイカが甘くて、驚いた。
疲れと脱水の効果はあるが、
こんなにおいしいスイカは初めてだ。

トイレを借りて、9:44出発。

休みすぎたせいか、大腿四頭筋が
両側ともつった。
構わず登り続け、
筋肉があきらめてくれた。

9:56合戦沢ノ頭到着。
槍ヶ岳山頂が見える。
画像

ここで雨が降り始めた。
レインウエアの上だけ着て10:13発。

燕山荘が見えている。
画像
でも、見えているうちは、到着しない
それが山だと思うのだ。

3,4か所、雪が残っていたが、
アイゼンは不要だった。
今年は雪が少ないとのこと。

一山登るとまた一山。
ようやく最後の階段にとりついた途端、
またしても両側大腿四頭筋がつった。
レインウエア==サウナスーツであるから、
脱水による。

階段を半分登って一休み。
すると、もう膝が曲がらない。

つった時は、休んだらいけないらしい。

ストレッチをやっても、力を入れれば、
またすぐにつるし、
ストレッチによって
反対の筋肉がつることも多い。

筋肉があきらめてくれるのを待つしかない。

痛みよりも動かないことが大変で、
すさまじい努力をして、
ふたたび登り始めた。

11:05ようやく燕山荘に着いた。
槍ヶ岳と大天井岳が見える。
画像

休んだ時間を引くと、3時間12分の登攀だった。

足がつったり、息が上がったりして、
遅延行為の数々を(私が)やったわりには、
私たちにしては速く、
ほぼコースタイム通りであった。

それにしても、妻は、頂上に近づくにつれ、
疲れるどころか、元気になっていく。
そして能天気になっていく。
不思議動物。


燕岳山頂へ

燕山荘の玄関。
画像

チェックインして個室に入ると、
とても広かった。
テーブルまである。
もう、動きたくないのだが、
外を見たら雨が上がっている。

山の天気は変わりやすいから、
後で後悔しないように、
見えている時に山頂に登るのが鉄則。

ユニクロダウンとカメラだけを持って
11:41出発。
画像

背後には槍ヶ岳が見える。
画像

ザックさえなければお気楽である。
写真など撮りながら進む。

すぐにイワヒバリが一緒になった。
画像

イワウメ。
画像

メガネ岩。
画像

12:07山頂到着。
山頂のしるしは、石であった。
画像

燕山荘と大天井岳。
画像

山頂に到着してすぐに、
雨風とも強くなった。
さっさと降りる。

ハクサンイチゲ。
画像

他の人に教えてもらった指の先には、
出ました!ライチョウ。
北アルプスでは、今のところ遭遇率100%。
♂であるのは、頭の赤でわかる。
画像
巣でもあるのか、
全然動かなかった。

また♀と思しきライチョウが、
飛んでいる姿も見た。
羽は半分真っ白だった。

タカネザクラ。
画像

燕山荘に帰って昼食。
そして昼寝。
夕食を食べて、オーナーの話を聞いて、
また眠った。

今回は、星の写真は全く期待できないから、
機材を持ってこなかった。
おかげで2kg以上軽量化できた。


第二日に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
燕岳登山:第一日 <追記あり> 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる