中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 病み上がりのトレーニング

<<   作成日時 : 2017/07/10 15:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

抱っこされればまんざらでもない。
画像
いや、むしろ嬉しそうである。

顔を撮ってみる。
画像

耳で顔を隠すと、
恥ずかしがっているようにも見える。
画像

昨日はお墓参りに行って、帰りは大渋滞。
自宅に着いたのは、23時。

アルは我慢して待っていた。
寂しさよりも、う○ちを。

ケージの扉を開けるなり、
ダッシュでお庭のトイレへ駆け込む。

どーして、ケージの中のトイレを使わないのか?

まあ、人間だったら、部屋の中にトイレがあっても、
使いたくない気持ちはわかる。
母の施設の部屋はそうだ。

しかし、う○ちを食べるウサギが、
臭いとか、不潔とか考えるとは思えない。

どうやら、開放感が大切らしい。
内風呂よりも露天風呂が大好きというのと同じ?

何度も何度もトイレに行ってから、
ふと、寂しかったことを思い出し、
撫でられたいモードになり、
そして怒りだした。

寝る前になって、構ってもらいたいモードになり、
結局日付が変わってからのクルクル遊び。

まあ、寂しい思いをさせたからしょうがない。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。


本日のトレーニング

内容:

スクワット:60kg×10回、70kg×8回、
      60kg×10回。

ダンベル・ベンチプレス: 
  12kg×20回。

ベンチプレス:
   60kg×10回、90kg×4回、
   60kg×10回(止め)。

ダンベル・ベンチプレス:
   20kg×15回(止め)、10kg×30回(止め)。

ダンベル・アームカール:
   1kg×50回、
   2kgから1kgずつ上げて、7kgまで、それぞれ20回。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
   30kg×10回ずつ、20kg×20回ずつ。

感じ:

前回の記事のようにただの病み上がりではなく、
明らかな筋肉喪失での病み上がり。

しかし3週間後の白馬岳に向けて、
荒療治をしないといけない。

スクワットでは、バーが経験したこともないほど
重い。
60kgだって、普段の90kgの感覚である。
でも、70kgで慣れてきた。

調子に乗って60kgをもう一発。

息は上がるし、迷走神経反射となりそうだった。

ダンベル・ベンチプレス12kgで肩を温め、
ベンチプレスをやると、当然妙ちきりんに重い。
90kgはもっとできたが、4回でダウン。

60kgでの止めもぎりぎり。

ダンベル・アーム・カールは、7kgまで。

ダンベル・ベンチプレスは、20kgで15回しかできず。
10kgでは30回できた。

ワンハンド・ダンベル・ロウは30kgと20kgのみ。

インクラインもやらず。

何しろ、ドッと疲れたから。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

総重量は6.750t。

検量したら、80.2kg、体脂肪率:16.6%だった。

本当に白馬岳に行けるのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病み上がりのトレーニング 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる