中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 膝が痛いので、ダンベルとベンチプレスのみ。

<<   作成日時 : 2017/05/15 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アルが毛繕いをしている。
画像

アルの毛繕いは、いい加減。
自分ができるところだけやる。
保清は目的ではなく、
毛繕いをやった気になる、ということが、
目的らしい。

カメラに気づく。
画像
眼が、陰湿である。

頭を振る。
画像

やっぱり、「ただやった気になる」
だけの毛繕いで終わった。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

内容:

ダンベル・ベンチプレス: 
  12kg×20回。

ベンチプレス:
  60kg×10回、90kg×6回、
  95kg×2回(止め)、100kg×1回(止め)、
   102.5kg×1回(止め)、
   60kg×10回(止め)。

ダンベル・ベンチプレス:
  20kg×20回(止め)、10kg×30回(止め)。

ダンベル・アームカール:
  1kg×30回、2kgから1kgずつ上げて、10kgまで。
  それぞれ20回、
   7kg×30回、4kg×50回。

インクライン・ダンベル・ベンチプレス:
  16kg×10回(止め)、10kg×20回(止め)、
  7kg×30回(止め)。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
   30kg×10回ずつ、20kg×20回ずつ、
   10kg×30回ずつ。

感じ:

大菩薩嶺でも膝の痛みは大したことはなかった。
しかし10日だったか、雨用の靴がガバガバで、
それで歩いたら(通勤と仕事)、左膝がとても痛く、
腫れてしまった。
だいぶ改善したが、大事をとって、
スクワットはやめた。
易きに流れるのは、とても安楽である。

ジムに着くと、フリーウエイトゾーンの
一部が、閉鎖されている。
床が抜けたらしい。

ここのフリーウエイトゾーンの半分は、
床が中空である。
だからよく抜ける。

でも重りを落とさなければそうそうは抜けない。
重りを落とすことを「格好良い」と思うやつがいる。
少なくとも3人は顔が思い浮かぶ。
「俺たちは大会にも出ているんだ」と
威張っていたやつら。
重りを付け替えるたびに、落としていた。

まあ、大会に出るだけなら、誰でもできる。
全日本のような標準記録がない大会は多いから。

10kgぐらいの重りを落としたぐらいで
抜ける床も問題だが、
ここは、ゴー○○ジムではないのだし、
もうちょっと、迷惑をかける
他の会員のことを気遣ってほしいものだ。

閑話休題。

さて12kgのダンベルでアップをしてから、
60kgでの10回。
結構効く。

90kgでは、6回。
ブランクの影響ははっきりしている。

95kgは前回ほど重くは感じない。
100kg止めもきっちり。
しかし挙げで力を入れている感覚がない。
102.5kgでも挙げの感覚なし。
尻がふわふわしかけたのは、
重さに慣れていないから。

上記の床のトラブルで、
ダンベル用のベンチ台が減って1台のみ。
使っている人がいるので、
60kgでの止め10回。

やはり30kgダンベル(×2)よりも、
ベンチプレス60kgの方が軽い。
やはり左右がつながっていると、
余計なインナーマッスルを使わずに済むらしい。

ベンチ台が空いたので、
ダンベル・ベンチプレスで20kgでの止め。
やはりきつい。
10kgもやって終了。

間にダンベル・アーム・カールも入れて、
しっかりやった。

さらにワンハンド・ダンベル・ロウ、
インクライン・ダンベル・ベンチプレスをやった。
インクライン・ダンベル・ベンチプレスでは、
少しずつ重量を上げてみた。

ゴムによる肩のインナーマッスルと、
ストレッチをやって終了。

総重量は、9.1125tだった。

検量したら、81.2kg、体脂肪率18.0%だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
膝が痛いので、ダンベルとベンチプレスのみ。 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる