中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 山の前なので、ダンベルのみ。

<<   作成日時 : 2017/04/29 12:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アルが呼んでいる。
画像

手を差し出すと、嗅腺をすりつけて、大興奮。
画像

ま、ま、落ち着いてくださいよ、と撫でる。
画像

まあ、何というブスな顔でしょう。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

内容:

ダンベル・ベンチプレス: 
  12kg×20回、16kg×10回、20kg×10回、
  24kg×8回、28kg×8回、
  32kg×6回、36kg×6回、40kg×5回。
  30kg×9回(止め)、20kg×16回(止め)、
  10kg×30回(止め)。

ダンベル・アームカール:
  1kg×30回、2kgから1kgずつ上げて、10kgまで。
  それぞれ20回、7kg×30回、4kg×50回。

インクライン・ダンベル・ベンチプレス:
  14kg×10回(止め)、10kg×20回(止め)、
  6kg×30回(止め)。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
   30kg×10回ずつ、20kg×20回ずつ、
   10kg×30回ずつ。

感じ:

明日は山行。
といっても1年ものブランクがあるから、大菩薩峠。
まあ、ハイキングである。

どれだけ力が落ちているかわからないから、
スクワット等はやらない。
ダンベルだけ。

ダンベル・ベンチプレスでは、
40kgで5回できたが、
下りの30kgも20kgも、目標未達。

ダンベル・アーム・カールでは、
左の上腕筋は痛いが、改善傾向。
下りを強化した。

ワンハンド・ダンベル・ロウ、
インクライン・ダンベル・ベンチプレスもきっちり。

もうおしまいと思ったが、
ベンチプレスをやっている兄ちゃんが、
しきりに、私を見る。
「どうだ!すごいだろ!!」
嬉しさ以上に自慢を感じる視線で。

まあ、100kg前後を扱っているから
鼻が高くなるのはわかる。
しかし、尻上げ、腹ベンチ、バウンドだし、
挙げで尻が上がるのではなく、
バーを下ろさず、腹で迎えに行くという
最低のベンチプレス。
そりゃあ、肩がなくても、力がなくても重量は扱えるが、
そういうチャラいやり方では、
真の力はつかないし、すぐに頭打ちになる。
トレーナーもしっかり教えてあげればいいのに。

そんなことを考えていたら、何だか
ベンチプレスをやってみたくなった。

ブリッジをしようとしたら、股関節が痛くて、
まったくのベタでしか寝ることができない。
それでも60kg止めは余裕だった。
90kgでは挙げがきつくて尻が浮きかけたが、
股関節が痛すぎた。
何とか挙げきった。
挙げがきついのは、大胸筋も上腕三頭筋も
もう終わっている筋肉だから、当たり前。
しかし股関節が硬くなっているのにはショック。

半年以上離れていたが、またやってみようかな?
と思った。
ただ、季節的に新人の浮かれトレーニーが多いので、
ベンチ台が大混雑しているので、
もう少ししてからにしようかな。

ゴムによる肩のインナーマッスルをやって終了。

総重量は、11.108t。

検量したら、80.4kg、体脂肪率18.4%だった。

今週の勤務はきつくて、
久々に申し送りが時間外になってしまった。
息切れ、喘鳴、全身浮腫の原因、それらへの対処、
また2カ所の褥瘡、2カ所の皮膚潰瘍など、
さらに今後の方針(お看取りを含め)、
全て、スルーされていた。
病院の医師には、それらに対処できないのは
しょうがないとしても、
在宅介入してから、二人の医師が
診療しているのに、いったいどういうことかしら。

5年前にある看護師が
「在宅なんてこんなもの」と言っていたが、
その通りと納得する反面、
「こんなもの」では済ますことができない、
自分の性が恨めしい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山の前なので、ダンベルのみ。 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる