中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS さぼった影響が色濃く残るトレーニング

<<   作成日時 : 2016/11/07 13:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の一枚はこれ。
題して「チャーシュー」
画像
お庭の柵、しかも出入り口の前で、
身体を寄せて、「待ち」。
これは「かまえよ!」との意思表示らしい。

それにしても、
床と同系統の色だから
溶け込んでいる。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

内容:

スクワット:60kg×10回、85kg×10回、60kg×10回。

シュラッグ:120kg×20回。

ベント・オーバー・ロウ:60kg×20回。

ダンベル・ベンチプレス: 
  12kg×20回、16kg×10回、20kg×10回、
  24kg×8回、28kg×8回、
   32kg×8回、36kg×6回。
  30kg×8回(止め)、20kg×10回(止め)
  10kg×20回(止め)、×20回(止め)。

ダンベル・アームカール:
  8kg×20回、10kg×10回、12kg×10回、
  14kg×8回、16kg×8回。
  8kg×30回、×20回。

ワンハンド・ダンベル・ロウ:
  24kg×8回ずつ、28kg×8回ずつ、
  32kg×6回ずつ。

インクライン・ダンベル・ベンチプレス:
  12kg×10回(止め)、
  6kg×20回(止め)、×20回(止め)。

感じ:

出雲旅行で、トレーニングをさぼっただけでなく、
また脂肪がついてしまった。
厳しいトレーニングになると
わかっていても、メニューが嫌ではない。

スクワットでは、60kgで息が上がる始末。
それでも85kgは決してぎりぎりではなかった。
息が苦しいが、〆の60kgもやった。

シュラッグでは、前回重量を間違えたが、
以前より+10kgの120kgで完遂。

ベント・オーバー・ロウでは、
やはりブランクのせいでぎりぎり。

さてダンベルである。
もう完全に息が上がっている。
それでも、ダンベル・ベンチプレスと
ダンベル・アームカールを交互にこなす。

24kgからは、ワンハンド・ダンベル・ロウも入れる。

先日、「ドラゴンへの道」をまた観て、
ブルース・リーの広背筋にうっとりしたので、
ワンハンド・ダンベル・ロウをやった。

ところがこれが、ヘロヘロになる原因であった。

32kgのダンベル・ベンチプレスでは、
迷走神経反射を起こしそうになった。
何とか根性で抑え込んだ。
8回できた。

40kgは怪我をしそうだったので、スキップ。

その後も顔面蒼白のまま、
何とかがんばりきって、
予定のメニューをすべで完遂した。

細々とやっているから気づきにくいが、
総重量は12,762kgとなった。

疲れるわけである。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

検量したら、83.0kg、体脂肪率20.3%だった。

やはり出雲で食べ過ぎたのは
数字に出ている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さぼった影響が色濃く残るトレーニング 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる