中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ベンチプレス:ピーキング第七週

<<   作成日時 : 2015/11/20 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日の一枚はこれ。
題して「空いたお口」
画像

吠えているようにも見えるが、
そうではない。

皆様にはどうってことない
写真かもしれないが、
実は、舌を撮るより、
お口があいたところの写真の方が、
稀なのである。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×2回(止め)
     105kg×1回(止め)、115kg×1回(止め)
    120kg×1回(止め)、
試合形式:125kg、127.5kg。


感じ:

上には上というか、下には下というか。
先週よりも厳しい週はないと思っていたら、
今週は、これまでの人生で
最も侮辱され、最も忍耐を強いられた。
それでも耐えられたのは、
仲間の支えである。
"A friend in need is a friend indeed."
という言葉が本当にわかった。

デッドリフトとベンチプレスのピーキングが
あまりにひどく、
しかも、99.9%失職という危機に直面し、
今回の大会は、棄権を考えた。

しかし、ついに県大会のエントリーと進行が
発表されたのを、昨夜知った。

総エントリー数は昨年よりも20名多い。
男子83kg級は、11名から、19名と増えている。
師匠と一緒の大会なんて、何年ぶりだろう
(師匠、よろしくお願いします)。

スクワットでの170kgクリアと、
このエントリー表で、もう一度試合に出る
決意ができた。


荒れた週でありながら、
珍しく平和な金曜日であった。

お昼もきっちり食べられた。

ジムに着いてアップをすると、
決して調子は良くない。
右肩が60kgから痛い。
90kgで激痛。
105kgで少し薄れてきた。

115kgでは、肘の締めが甘かったが、
スコーンと挙がった。
120kgでは挙げのスピードは鈍ったが、
それでも右肩の痛みは感じにくくなった。
その分、インターバルでは激痛だった。

さて、久しぶりのTコーチに合図をお願いして、
125kg。
きっちり挙げられた。
しかし、体感的にはきつかった。

でもTコーチの目には、
「今までで一番良いフォーム」とのこと。
そう、限界近くなると、
挙げの速度が落ちることに慣れていなかった。

ならばと、127.5kgに挑戦。
ホールドは良いが、重い。
降ろしでは負けなかったし、
良い軌道。
しかしスティッキングで心が負けそうになった。
お尻がふわふわ。
体感的には止まったが、
客観的には止まっていない。
気を入れなおして、挙げに転じ、
押し切れた。
お尻は、片尻浮いた。
判定は、白2つ、赤1つ。

決して、今季最高ではないが、
何とかV字回復。

肩の養生のために、
12kgでダンベルベンチを50回。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

検量したら83.15kg。
そして帰宅したら、82.8kg。

これなら朝食を検量後にすれば、
必ずパスできる。

ただし、この週末に
食べ過ぎないようにしないと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同じセッションですね、よろしくお願いいたします。自分は四年ぶりの試合なので怪我と失格だけ気を付けます
ヨコ
2015/11/21 01:01
ヨコ師匠、コメントありがとうございました。
当日よろしくお願いいたします。
JH
2015/11/21 08:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベンチプレス:ピーキング第七週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる