中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワット:ピーキング第二週

<<   作成日時 : 2015/10/04 17:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お庭の外で遊んだ後のアル。
画像
何か考え事をしている。

すると、そそくさとお庭の中に戻る。
画像

そして、待ち。
画像

もう外では遊びつくしたので、
つまらなくなったらしい。

お庭の中で遊んでほしいと、
このように出口でヒトを待つ。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット


内容:

アップ:60kg×6回(ノーベルト、リストラップなし)、100kg×2回、
    130kg×2回(SBDニースリーブM)、150kg×1回。
試合形式:155kg×1回、1回。
メイン:137.5kg×5回、1セット。
補助:60kg×10回。


感じ:

仕事の疲労か、飲み過ぎか。
たぶん両方で、だるい朝となった本日。
トレーニングをさぼりたい、一心である。
まあ、スクワットの前は、いつも
さぼりたいから、特別なことではない。

そういえば、難しい診療の前に、
とても嫌な気分になるのは、
スクワットの前と同じだとわかった。
そうわかると、難しい診療の前も
決して乗り越えられないものでもない。

アップを始めると妙ちきりんに重い。
100kgなんて、スティッキングでの減速があった。
130kgは良い感じ。

150kgでは、心の弱さが出て、浅め。

さて試合形式の155kgである。
前回の152.5kgですら、
スティッキングでの減速があって、
+2.5kgは憂鬱である。
それでも元気の良い、前回とは違う、
合図初めてのトレーナーに合図と
深さチェックをお願いする。

やってみると案外軽い。
しかし浅めである。
トレーナーの判定は、「怪しい」とのこと。
媚びることが良くないとわかっている、
このIトレーナーに感謝である。

指導者なしの独学で、困ることの一つ。
スクワットでの深さの良し悪しを
見てくれる人がいないこと。

しっかりとした指導者が
「これで大丈夫」と言ってくれたら
安心できるのだろう(注)。
ボトムが1cm深くなるだけで、
体感的には数kgの重量増と感じるから、
最高を目指すのなら、
白判定ぎりぎりの浅さを目指すことが、
有利とはわかっている。

注:
 昨年の大会で、一流ジムの選手のアップを見たら、
 軽い重量では浅く、
 重量が上がるにつれて、深くしていた。
 たぶん、重量が上がると、
 同じ感覚で切り返したら、
 ボトムが深くなるのではないか。
 自分の試技の動画でもそうだったし。
 でもその方法は、
 見極めてくれる指導者がいて、
 初めてできる技術である。

しかし、そこはプライベーターの悲しさ。
もし浅くて、試合当日赤判定だったら、
と思うと、深めにしないと。
素人にもはっきり深いとわかる深さを
目指すしかない。


ないものねだりをしてもしょうがないので、
もう一度やることにした。
逃げたら、次回怖くなるのがスクワット。

2回目はかなり深めに降ろして、
挙げはきつかった。
判定はきっちり白。
良かった。

目標が170kg以上なのに、
155kgでこれだけきついと、
前途が暗い。
しかし、ピーキングは2週目だ。
吉田進さんが書いているように、
ピーキングがうまくいけば、
「触ったこともない」重量が挙がるのだから。
それに、今日の感じは、ぎりぎりではない。
心が慣れれば、安心できる重量だろう。

メインは、137.5kgに上げての、5回。
1回ずつを深く、大切にやる。
3回目まで一息。
4,5と一呼吸ずつ入れて、
余裕でクリア。

次週は、2セットだ。

その1セット分、今週は、補助セット。
10回って、楽。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(パワーラック):
    メイン:195kg×8回、2セット。
    補助:なし。
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):
   深く前傾して、デッドリフトと同じグリップ:
   メイン:107.5kg×5回、1セット。
   補助:60kg×30回。
シットアップ:最下段:15回、3セット。
アブクランチ(椅子は3、バーは上から2つめ):
    補助:59kg×100回。
シーテッド・ロウ(マシン):
   メイン:105kg×5回。
    補助:49kg×30回。

感じ:

シュラッグでは、195kgに上げたが、
チーティングもなく、できてしまった。
補助セットはなし。

ベント・オーバー・ロウでは、
107.5kgに上げて、メインは5回できた。
補助は、逆に下げて、30回。

シットアップが空いているのは、
とても珍しい。
やってみるときつい。
メインはやはりシットアップに限る。
補助で腹直筋がつったが、
そのままやり続け、
20回でつりは治まった。
100回はきつかった。

シーテッド・ロウでは、
前回重量を忘れたので、
思い切って、105kgでやってみたら、
きっちり菱形筋だけで5回できた。
プチ限界突破である。
補助も49kgで30回できた。

ストレッチをやって終了。

検量すると、83.1kgだった。
体重が最大となる今日に、
この体重ということは、
これ以上の減量は不要である。

本日のスクワットでわかったことは、
合図の後、口で息を吸うのは、
私には良くないらしい。

担ぎで、3呼吸して、腹圧をためてあるから、
さらに口で息を飲むと、
吸い過ぎるらしく、
挙げで漏れる。
漏れると力が弱くなる。

次からは、スタートの合図後、
鼻で息を吸って止めてみる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワット:ピーキング第二週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる