中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ベンチプレス:ピーキング第三週

<<   作成日時 : 2015/10/23 22:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の一枚はこれ。
題して「舌がまた撮れました」
画像

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×2回(止め)、105kg×1回(止め)、
    115kg×1回(止め)、120kg×1回(止め)
試合形式:125kg。
メイン:115kg×4回、117.5kg×3回。
補助:なし。


感じ:

ようやく1週間が終わった。
先週までとは違って、
嫌なことは少なかった。

アップをすると、何となく違和感がある。
これは、バーが
正式なオリンピックバーではないからだ。

金曜日のジムでは、
ベンチプレス台が2台。
しかし、何故か1台のバーは、
オリンピックバーではなく、
グリップの印が、左右それぞれ、
2横指:3cmぐらい外側についている。
今日はオリンピックバーの台を
使っている人がいたので、
このニセバーの台でやった。

オリンピックバーの81cmなら
人差し指を印に合わせて握る。
しかし今日のバーでは、
薬指を印に合わせて握る。
たったこれだけのことが
とても重大なことであると、
後で判明する。

妙にホールドが高いと感じつつ、
アップを進め、115kgが軽く感じ、
120kgは妙に重かった。

今日はいつものトレーナーがいなかったので、
F師匠に合図を出してもらっての、125kg。
スタートはきっちり肘をロックするまで
出されず、厳しかったが、
それは決してつらくなかった。
降ろすと重くて、挙がらないのではないか、
と思ったのは前回と同じ。
普通のタイミングでプレスがかかり、
ジワーッと押し切れた。
軌道もブレず、まずまずの出来である。

メインは115kgでの4か5回。
始めるととても重い。
そして右肩に激痛。
やっとのことで、4回だった。

右肩は昔から痛めていて、
ピーキングで重量が上がると、
激痛が走り、それを乗り越えて
重量を上げていくしかない。
だから、痛みは乗り越えるものと思っていた。

だから2セット目は、117.5kgにした。
右肩は痛いし、降りないし、
左右のバランスは悪いし、
乗り越えるどころかどんどん、
右肩は痛くなり、3回しかできず。

ピーキング半ばにして
右肩の激痛に負け、
できた重さ×回数も
1年前と大差ない。

このままでは、目標の130kg越えは
ほとんど無理である。
この1年間のトレーニングは
無駄だったのだろうか。

暗澹たる気持ちで片づけていると、
T大師匠が、
左右の降ろし方が、大きく違う、
左だけ降りている、
それは左右の力の差だろうか、と
ヒントをくれた。

そう、右肩の痛みのため庇っているのを、
T大師匠は見逃さなかったのである。

その時は、「やはり痛みに負けてはダメだ」
と反省しただけだった。

右肩の痛みはとても激しく、
補助セットもアームカールもなし。

ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチを念入りにやって終了。

検量したら、82.70kgだった。
やはりピーキングでは、
食べないと痩せる。

それにしても、やはり寸善尺魔である。

悔いと絶望が残るトレーニングだったから、
帰り道、バーなしで動きを何度も確認した。
格好良く言えば、シャドウベンチプレス。
でも傍目に見るとおかしい人だろう。

そのシャドウベンチプレスで、
どうも、引ききれないとわかった。
胸にバーが付くまで引くのが
とても困難である。

家に帰り着く寸前にわかった。
薬指から握った時に、握りが開くのだ。
だから肘が開いて、
いわゆる胸型のベンチプレスになっていた。
背中型の私がやれば、
引ききれないし、無理に引けば
肩を痛めるのは、当然である。

そういえば、最近、握りでも、
ラックアウトでもホールドでも、
もちろん降ろしでも、
脇を締める意識がほとんどなかった。
その脇の締めの甘さが、
バーの印の位置の違いと
薬指から握る動作によって、
さらに強くなり、
全くタイプが異なるフォームになっていた。
肘の締めが足りないから、
菱形筋の締めもできず、
だからホールドでのバーが高かったのだ。

何ともだらしのない話である。
うまくいかないときは、まず
フォームをチェックする、これが基本なのに、
そして、握りは基本中の基本なのに、
厳しさが足りなかった。

もちろん握りと脇の締めをやっても、
右肩は痛いだろうし、
その痛みを乗り越えなくてはいけないだろう。

でも、T大師匠のおかげで、
進む道が見えてきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベンチプレス:ピーキング第三週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる