中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワット:第0週

<<   作成日時 : 2015/02/08 15:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

仕事から帰って、うがい手洗い。
ふとケージを見ると
画像
何と、お尻を向けている。

さっきまで、ちゃんと顔が見えたのに。
画像
しっぽも寝ている。

これは最大限の無関心を表現している。
「おまえなんか、知らないよ」

画像
とても寂しかったらしい。

屈折した心のアルだが、
おしりもかわいいから、許す。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

アップ:
 60kg×6回(ノーベルト、リストラップなし)、 100kg×2回、
 130kg×2回(ニースリーブM)、142.5kg×1回。
メイン:120kg×6.回、2セット。
補助:60kg×15回。


感じ:

10日以上もトレーニングをしなかったが、
トレーニングなしの日々は、
身体がとても楽であった。
仕事のことがなければ、
精神的にもとても楽。
このままトレーニングをやめても、
誰も何も言わないから、
「やめちゃおうかな?」なんて考えたりもした。

しかし、10年以上も身体に染みついた習慣は、
有無を言わせず、ジムに向かわせる。
そして、バーを担いだ瞬間、
「戻ってきた」と感じた。

病み上がりだから、とても重い。
しかしフォームは身体が覚えている。
130kgまでは良い感じ。
142.5kgはとても重く、
スティッキングでの減速が、
「もうダメか?」と思わせたが、
後で振り返ってみると、
決してギリギリではなかった。
無理せず1回のみ。

力的には5kgぐらい落ちたが、
メインは2.5kg落ちの120kgとした
(本来は、今回から122.5kgに進むところ、
120kgのままとした)。

1セット目。
1,2と軽いと感じたが、
3で急速に厳しくなり、
4がやっと。
5,6は一呼吸ずつ入れて。

インターバル5分で2セット目。
やはり4までしか一気にいけず。
5がとても厳しく感じたが、
ここからだ!と6回目もきっちり。

5分のインターバルで補助セット。
15回はとても苦しかった。

心肺機能の低下は明らか。
筋力もかなり落ちたが、
直後の筋肉痛はほとんどないから、
客観的な負荷はそれほどでもなかったらしい。
ただ、心が弱いだけ。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(パワーラック):200kg×8回、2セット。
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):
   深く前傾して、ナロウグリップ:
   メイン:110kg×6回、2セット。
   補助:70kg×20回、15回。
アブクランチ:椅子3の位置。アームは最上段の一つ下、
              82.0kg×40回、3セット。
シーテッド・ロウ(マシン):
   メイン:98kg×6回、2セット
   補助:56kg×20回、15回。

感じ:

スクワットで、息が上がって、
とても苦しかった。
しかし、十分に耐えられる。
大腿四頭筋も痛くない。
シュラッグをやるころには、
呼吸も落ち着いた。
2セット、きっちりクリア。
シュラッグは、病み上がりの影響なし。

ベント・オーバー・ロウでは、
1セット目からきっちり広背筋に入った。
補助セットは、計35回まで。

アブクランチは厳密にやったら、
厳しかった。

シーテッド・ロウでは、菱形筋の意識が良かった。


ストレッチをやって終了。
検量したら、82.7kgだった。


トレーニングなしの楽な生活よりも、
トレーニングありの厳しさの方が好きである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワット:第0週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる