中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ベンチプレス:第0週

<<   作成日時 : 2015/02/06 20:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の一枚は、これ。
題して、「いつも見てるが、一応チェック」
画像

ケージの扉も、毎回チェック。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×2回(止め)、100kg×2回(止め)、
    110kg×1回(止め)。
メイン:95kg×6回、2セット。
補助:65kg×15回、55kg×15回。


感じ:

滅多に中断しないこのブログが、
一週間以上更新されず、
心配してくれた読者様もいらっしゃるだろう。

何と、インフルエンザに罹りました。

加湿器を作動させるのを忘れて、
口を開けて眠った翌日、
普通の風邪をひいた。
それは2日で治ったのだけれども、
治りかけで、どこでか(おそらく電車)、
インフルエンザをもらってしまった、らしい。

外来で、何度も
インフルエンザの患者様を診察し、
高濃度のウイルスを頭から浴びても
感染しなかった。
もちろん、マスク、手の消毒等感染対策は万全。

同レベルの感染対策をしつつ、
電車に乗っているが、
やはり風邪で免疫が落ちていたのだろう、

風邪が治った!!やった!!!
と喜んだ数時間後、突然の悪寒戦慄。
38.5℃が最高であったが、
身体中が痛いし、身の置き所がない。
膝や肩、普段痛めているところが、
とにかく痛い。
どちらを向いて寝ても、
痛くてしょうがない。

普通の風邪なら、鎮痛解熱剤も使えるが、
インフルエンザとなると、
アセトアミノフェンしか、安全に使える薬がない。
自宅にはアセトアミノフェンはない。
それに熱でウイルスをやっつけるのだから、
我慢ができて脱水にさえならなければ、
解熱剤は使わない方が良い。
だから我慢。

ただ、早期にイナビルを
処方してもらうことができたから
それを吸入して、ひたすら待つこと、半日。
症状はケロッと良くなった。
そこから丸一日、ほとんど眠って過ごした。

もちろん、ウイルスは吐き出し続けているから
自宅安静。
ちょうど、休みの日で良かった。
出勤停止が解除されたのが、
ちょうど休み明け。
つまり休みは、全てインフルエンザとの闘いに
費やされてしまった。

一晩熱が出ただけなのに、
大胸筋は見た目でわかるほど小さくなった。
こりゃいかんと、アイソプロを飲みつつ
安静を取った。
すると、筋肉量は少しだけ戻っていた。

前置きが長くなったが、
要するに、ブランクがあいただけでなく、
強烈な消耗性疾患の後の病み上がり。
5kgは力が落ちたと覚悟しての
復帰トレーニングとなった。

アップをすると、明らかにフォームに乱れがある。
軌道も安定しない。
それでも力負けはせずに110kgまで挙げられた。
病み上がりに無理をすると
ろくなことはないから、1回だけ。

メインは95kgに戻って、2セットのみ。
1セット目、軽く感じるのに力が出せない。
何とかクリア。

2セット目も軽い。
しかし力が出せない。
それでも徐々に力の出し方を思い出した。

物足りなかったが、深追いは禁物。
補助セットを、計30回やって終了。


補助トレーニング

内容:

深いプリーチャー・アームカール:
         メイン:30kg×10回、3セット。
         補助:20kg×20回、×15回。


感じ:

補助トレーニングもプリーチャー・アームカールのみ。
メインは従前でやって、
補助セットは、35回で終了。


ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチをやって終了。

検量したら、82.6kgだった。
インフルエンザで
ついに83kg以下に突入した。


正月明けからの1か月の努力、
それ以上が失われたが、
最初からやり直すしかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベンチプレス:第0週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる