中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワット:第一週

<<   作成日時 : 2014/12/14 14:25   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

お庭の出口がどこにあるか、
アルは良くわかっている。

「ここだ!この扉さえ開けばいいんだ」
画像

鼻先を突っ込んで強行突破を試みる。
画像

しかし、柵が邪魔なのである。
「このやろ!このやろ!こいつさえなければ!!
ムキー!!!」
画像

どうにもならないと、力づくで何とかしようとする、
それは人間もウサギも同じらしい。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:
 60kg×6回(ノーベルト、リストラップなし、ニースリーブM)、
 100kg×2回(ノーベルト、ニースリーブM)、
 120kg×2回(ニースリーブM)、140kg×1回。
メイン:120kg×6.回、3セット。
補助:60kg×20回、10回。


感じ:

世界大会に出たトレーナーのSさんが、
アイアンマンに載っていた。

どういうわけか、それだけでやる気が出る。
しかし、右膝は痛い。
正座よりもあぐらが痛い。
それでも、バーだけの時は、ニースリーブなしで。
すると、ボトムでも痛みは少ない。
これはバーによって膝関節の動く軌道が、
決まるからだろう。

問題は、右肩である。
担ぐだけで激痛なのだ。

それでもアップが進むと何とか耐えられる。
140kgでは、1/10になった。
140kgの挙げは、前回よりも格段に良い。

さて、メインは120kgでの3セットである。
1,2セットは、6回を一気にやることができた。
さすがに3セット目は、
6回目で一呼吸入れたが、余裕だった。

補助セットでは、60kgでの20回に挑戦。
いくら軽くても、10回を超えると、
1回ごとに苦しさが増す。
鏡の中の自分の顔が青白くなっていくのがわかる。
何とかクリアしたが、
当然ながら、酸素負債は、白馬岳大雪渓なみであった。

山がオフシーズンで良かった。
こんな体力では、金時山ですら厳しいはず。

一度息上がると、その後動けなくなる。
しかし、それを動かすのがスタミナだ。
だから、苦しいけれど、5分のインターバルで、
無理やりもう10回。

不思議なもので、やっている時の苦しさは倍増なのに、
終わった後の酸素負債は減っていた。

試合前は、特訓と称していたこの補助セット。
今後は特訓ではなく、通常トレーニングとした。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(パワーラック):200kg×8回、2セット。
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):
    深く前傾して、ナロウグリップ:
    メイン:100kg×6回、3セット。
    補助:60kg×20回、×10回。
アブクランチ:椅子2の位置。アームは最上段から一つ下、
              82.0kg×30回、1セット。


感じ:

久しぶりの補助トレーニング。
シュラッグは、重量を減らして200kg。
ホールドは軽いが、シュラッグの動作は厳しい。
やっとのことでクリア。

ベント・オーバー・ロウは、メインを100kgまで後退させた。
それでも3セットがやっと。
補助セットを60kgでやって、広背筋はパンパン。

もうヘロヘロだったが、
アブクランチをやってみた。
何とか、30回やったが、
もうふらふらで、迷走神経反射を起こしそうだったから、
これで終了。


ストレッチをやって終了。

検量したら、84.3kgだった。


R5E+5930K PC続々報

そういえば、R5Eと5930Kの組み合わせの自作PC。
とても良い感じである。

以前のZ97-Pro+4790Kとは段違いの安定性。

このブログのアルの写真は、
PhotoShop Elements: PSEで加工しているが、
起動が倍速以上に速くなった。

実感できるほどの性能アップ。

UDA-1の音の良さもあり、
何だかとても満足している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワット:第一週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる