中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワット:第0週

<<   作成日時 : 2014/12/08 15:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アルが、お庭の角で、無理な体勢で待ち。
画像

顔を撮っても動かない。
画像

さらに寄って、表情を読む。
画像

「お外に出してくれるまで、動かないぞ!!」
という決意の顔である。
左前足が柵に食い込んでいるし。

座り込みで要求するなんて、
どこで覚えたのか。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:
 60kg×6回(ノーベルト、リストラップなし、ニースリーブM)、
 100kg×2回(ノーベルト、ニースリーブM)、
 120kg×2回(ニースリーブM)、
 140kg×2回(ニースリーブM)。
メイン:120kg×6回、2セット。
補助:60kg×15回。


感じ:

転んで膝を打って、故障したことは書いた。
傷は、血の池軟膏にてようやく改善し、
母指頭大だった皮膚潰瘍が、
1日ごとに面積が半分になっている。

おそるべし、血の池軟膏。
難治性の褥瘡に塗ってみたいが、
医師の治療としては、困難である。

皮膚と違って、膝関節には、
血の池軟膏は効かない。
階段は昇降できるようになったが、
最屈曲位でとても痛い。
正座はもちろん、あぐらもかけない。
アルの世話も一苦労。

休み明けのトレーニング、
ましてスクワット、
さらに膝の故障と、
逃げる理由に事欠かない。
それでも、1年後を考えて、ジムに向かう。

ストレッチですら、また自重のスクワットですら、
右膝が痛い。
しょうがないから、アップの最初から、
ニースリーブMを装着。
すると、痛みが1/10になった。
ありがたい、ニースリーブ、
山だけでなく、トレーニングでも、
痛みを抑えてくれる。

あ、このニースリーブ、
もともとパワーリフティング用だし、
特に膝の故障を労わるためのものだった。

2週間の休息にもかかわらず、
筋力はほとんど落ちていない。
今回から、アップの2段階目は100kgに上げたが、
軽い!!
120kg、普通に重いだけ。
140kg、重い、しかし許容できる。

メインは、2歩下がって、120kgで。
担ぐと軽い。
1,2,3ととても余裕がある。
しかし、4,5と急速に呼吸がつらくなり、
6の前に一呼吸入れて。
力的には、かなりの余裕でクリア。

インターバルは6分、ダメージは、、、
あれ?ダメージがあるよ、軽いけれど。
やはり休息明けだ。
2セット目も淡々とクリア。

全然物足りないのだが、
右のハムストリングスに痛みがあった。

無理は禁物だが、補助セットを
軽い60kgでやった。
3回目から8回目で、左内転筋に痛みが走るが、
その後消えた。
15回で息が上がりそうになって終了。

休息明けとしては、許容範囲内。

右膝に加え、
右ハムストリングスと左内転筋が痛くなって、
階段が上がれなくなったので、
補助トレーニングはせずに、
ストレッチを入念にやって終了。

検量したら、84.3kgだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワット:第0週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる