中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワット:ピーキング第三週

<<   作成日時 : 2014/10/12 15:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サークルのお庭、
そのお外を満喫するアル。
ふと何かを見つけたらしい。
画像

すかさず、ダッシュ。
画像

ダッシュ。
画像

♪ダッシュ、ダッシュ、ダンダンダダン♪
(「おれはグレートマジンガー」:古!!)

ややや!!私の自作PCの影に突入。
画像

そして何やらもぞもぞやっている。
画像

ピーとは違って、アルは電線を齧ることはない。
今のところは。

興味を失い、カーテン下にダッシュ。
画像

以前にお外に出たときと、違うところを
重点的にパトロールしているらしい。
確かに自作PCは、色も音も変わったから、
アルが気になるのも仕方がない。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:逆向き:鏡なし。
    60kg×6回(ノーベルト、リストラップもなし)、
    90kg×2回(ノーベルト)、
    120kg×2回(Mニースリーブ)、140kg×1回
    145kg×1回。
試合形式:147.5kg×1回。
メイン:135kg×4.回、3セット。
補助:なし。


感じ:

ピーキングは楽しいのだが、
そろそろ重量が上がってきて、怖さも感じる。
しかし、6回6セットやる時を考えれば、
とても気が楽である。

ジムに着いて、アップを始めると、軽い。
懸念された大腿内転筋の痛みは、
60kgで少し出た程度。
90kgでは消失。

120kgが妙に軽い。
おそらく重量に身体が慣れてきたためだろう。
140kgでは、ほとんどスティッキングでの
減速がなくなった。

145kgも少しだけ減速しただけで余裕である。

さて、147.5kgは1年前のピーキングでの、
最後の重量。
担ぐと重い。
当然ながら、歩くのもやっとである。
合図とともに、息を吸って、降ろして挙げる。
スティッキングでの減速はあったが、
まっすぐのまま挙がったから、
余裕である。
もちろん十分な深さであることは、
判定を聞くまでもなかった。

反省点としては、
息を吸い込んだのはいいが、
それを腹圧に反映させず、
「あっぷっぷ」状態だったこと。
まあ、その程度の腹圧で挙がるのだから、
余裕と言えば余裕である。

1年前の記事を見たら、
鏡がないスクワットでの
バランス、しゃがみの深さなど、
四苦八苦していた。

今年は、鏡なしの違和感は全くない。
深部知覚が改善されたのか、
インナーマッスルが強化されて、
フォームのブレがなくなったのか、
おそらく両方の要因。
そして心も強くなっている。

メインは、先週+5kgでの4回、3セット。
1セット目を始めると、
重いは重いが、先週と同じ感じ。
3回まで一気、一呼吸入れて4回、
余裕でクリア。
+5kgで、先週よりも楽になっているのは、
重量に慣れたから。
あまりにピーキングがうまくいっているので、
早過ぎるかな?という疑問もある。

インターバル5分、ダメージはなしで2セット目。
1セット目と全く同じ感じでクリア。

インターバル6分、ダメージはほとんどなしで3セット目。
やはり余裕でクリア。

しかしまだ、目標の160kgは見えない。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(パワーラック):212.5kg×8回、2セット。
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):
    深く前傾して、ナロウグリップ:
    メイン:125kg×4回、3セット。
    補助:100kg×15回、×15回。
アブクランチ:椅子2の位置。アームは最上段から一つ下、
              82.0kg×40回、3セット。
シットアップ:一番下の段で、15回、2セット、10回、10回。
アブコースター:ツイスト、両側10kgつけて、左右20回ずつ、3セット
シーテッド・ロウ(マシン):
    メイン:112kg×4回、3セット、
    補助:77kg×15回、×15回。
カーフレイズ(レッグプレスマシン):
        184kg×40回、×40回、
        ヒラメ筋137kg×40回。


感じ:

シュラッグは、重量を忘れて、
212.5kgでやってしまった。
どおりで軽いわけである。
それにしてもホールドが妙に軽いのは、
やはりデッドリフトで重量が上がってきたからだろう。

ベント・オーバー・ロウでは、
メインは125kgで。
さすがに、この重量で、アップなしに始めるのは、
良くないと感じた。
補助は、100kgに上げて、15回、2セットとしたら、
できてしまった。

アブクランチでは、やはりブランク明け。
つらかった。

しかしシットアップでは余裕があった。

アブコースターでは、
考え事をしていたら、いつの間にか終わっていた。
集中を欠いたトレーニングは無駄なだけでなく、
危険である、と反省。

マシン・ロウでは、112kgでメインだった。
重いけれども、菱形筋の意識はしっかり。
やはり、意識できない時は、
重量を軽くして、再度登るのが原則である。
補助は、77kgにして、15回、2セットを
ギリギリクリアした。

カーフレイズは、ギリギリクリア。


ストレッチをやって終了。

検量したら、84.7kgだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワット:ピーキング第三週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる