中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS デッドリフト:第三週

<<   作成日時 : 2014/06/25 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の一枚は(テレビ東京「美の巨人たち」風)。

題して、お庭に駆け戻る、アル。
画像
フローリングからお庭に戻るアルを、
躍動感ある一枚に収めました。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、130kg×2回、160kg×1回、170kg×1回。
メイン:145kg×5回、5セット。
閉脚ぶっこぬき:115kg×8回。


感じ:

スクワットから中1日だから、
当然、大腿四頭筋も内転筋も、臀筋群も筋肉痛。
こんなんで、デッドリフト、しかも5セットなんて
できるのだろうか?

嫌でしょうがなくても、ジムには行かなくてはならない。
何故なら、金曜日のベンチプレスは他のジム。
パワーベルトは1つしかないから
持って帰らねばならない。

ジムに着けば、成り行きで着替えて、パワーラックへ。
アップも、成り行きで始められる。
60kgも130kgも重い。
160kgでは、筋肉痛が倍増。
いくら痛くても、痛みはただの筋肉痛。
断裂の痛みとは月とスッポン。
170kgもファーストプル、セカンドプルとも
遅滞なく引ききれた。

メインの1セット目。
重さを覚悟して1回目を引いたら、
拍子抜けするほど、軽かった。
重量に慣れた証拠である。
きっちりこなした。

その後、3分、4分、5分、6分のインターバルで、
2,3,4,5セットと進み、余裕を残してクリア。

ついでに、閉脚ぶっこ抜きもやった。
息は上がったが、ただそれだけ。


ストレッチをやって終了。

検量したら、84.0kgだった。
うーん、仕事のストレスを乗り越えたから、
仕事では減らないな。

まさに、プロテイン・ダイエットしかないか。



あるおばあちゃんとの別れ

たった数日のお付き合いのおばあちゃん。
今日、お顔が変わった。

「決して間違った選択ではなかったよ」
「つらかったら、がんばらなくていいんだよ」

亡くなる前に、はっきり声に出して、
言ってあげられたのは、初めてだった。
それは、おばあちゃんが、死を受け入れたことを
感じられたからこそ、可能だった。
お顔が変わる前の、昨日、
手のマッサージをしながら。

間に合った。

そして今日、ご主人にも同じことを言えた。
その後、後悔を残さないように、
二人で過ごしたはずである。

山本周五郎著「樅の木は残った」に、
親友以上の関係であった、茂庭周防の
臨終に際しての、原田甲斐の述懐がある。
その内容は、今の私のお看取りの考えに、
非常に近いと思う。
だから自然に、ご家族とのお看取りの話は
その世界観が入る。
そして不思議と、患者様ご本人にも、
ご家族にも受け入れやすいらしい。


おばあちゃんとは、昨日お別れをした。
だから最後の瞬間に立ち会うかどうかは、
重要なことではないと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デッドリフト:第三週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる