中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワット:第三週

<<   作成日時 : 2014/05/05 15:45   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

ロフトのアルを接写。
画像

「何か用か??」
画像
人相(兎相?)悪い。

いやいや、ただ写真を撮っているだけよ。

「何だとう!?」
画像
近っ!!

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×6回(ノーベルト)、90kg×2回、
    120kg×2回(Mニースリーブ)、127.5kg×2回
メイン:117.5kg×6回、5セット。
補助:ストップ:なし。
   閉脚:なし。


感じ:

3日のトレーニングでは疲労が蓄積していた。
それなのに、何年振りかの焼肉に惹かれて、
飲んだくれてしまった。
昨日は、疲れと二日酔いで一日寝ていた。
アスリート失格の生活習慣である。

それでも今朝は、かなり復活した。
ジムに着いてアップをすると、
内転筋の痛みが少しだけ。
127.5kgでは痛みが消失。

メインは、5セットだ。
1セット目を始めると、妙に重い。
くじけそうな心を無視して4回一気。
5,6と一呼吸ずつ入れて。
きっちりクリア。
心拍計は忘れた。

インターバル5分、ダメージはほとんどなし。
2セット目は、1,2とフォームにブレが出た。
3からは安定し、4まで一気。
5,6といつもの感じでクリア。

インターバル6分、ダメージは軽度。
3セット目では、やはり前半のフォームがブレる。
どうやら、心が嫌がって、逃げの姿勢になるから、
インナーマッスルの締めがあいまいになる、
それで降ろしでブレらしい。
それに気づきつつ、クリア。

インターバル7分、ダメージは中等度で4セット目。
きついきつい。
やっとブレはなくなったが、
とにかくきつかった。
やっとのことでクリア。

インターバル8分、ダメージは中の強で5セット目。
1回目で抜けそうになった。
しかし、スクワットでのこの感覚は、
ベンチプレスのそれとは違う。
その先の領域に入って初めてトレーニングになる。
根性で4回まで一気に引っ張り、
一呼吸入れて5へ。
あまりにも良い感じだったので、
6で気力が抜けて、挙げのスティッキングで
止まりそうになった。
一瞬潰れるか、と思ったが、力的には負けていないらしく、
じわじわ挙げて、クリア。
危ない、危ない。
油断大敵である。

さて今週は、勤務もタイトだし、
絶対に木曜日の夜のトレーニングは欠かさない。
それに中1日のトレーニングの今日だから、
スクワットのみで終了。

3日のトレーニング以後、痛かった左中殿筋は、
痛みが消失したし、
内転筋の痛みも消失している。

ストレッチをやって終了。

検量すると、83.0kgだった。
あまり汗をかいていないのに、この体重なのは、
二日酔いのせいであろう。


クリスタルアーマーの背面保護ガラス

iPhone5Sの背面は、上下が段になっているためか、
ガラスフィルムがなかった。

しょうがないので、ミヤビックスの、
OverLay Protector for iPhone 5sに、
CRYSTALCOATを施して使っていたが、
手触りが今一つ。
しかも、汚れがつきやすい。
液晶面の、KODAWARIと比べると、
かなりレベルが落ちる。

そしてついに、アピロスからクリスタルアーマーの
ラウンドエッジ強化ガラスバックプロテクター が
発売されたのを知った(週刊アスキー)。

当然、物欲番長を抑えられず買ってしまった
(食費を削って捻出)。

Deffのバンパーをはずして、装着、バンパーも装着。
とても良い感じである。

ついに、「最強に強まった」我がiPhone 5S。

しかし、2日、勤務先で着替える時に、
iPhoneが胸ポケットからずり落ちて、
それでもストラップで落下は止まり、
木のスノコに、角だけが「コツン」。

ふと気づいたら、当たった角から、
クリスタルアーマー(背面)にヒビが入ってしまっていた。
液晶面のKODAWARIは無傷
(当然である。それ以前に、1mぐらいのところから
コンクリートに落ちたこともあったが、
KODAWARIは無傷だったのだから)。

ががーん。
\3,000+税が一瞬でパー。

そう言えば、アマゾンのレビューで
知らないうちに傷がついていた、というような
レビューがあった。


しょうがないので、ミヤビックスに戻したが、
やはり気に入らない。

KODAWARI→Colorant→USGで、
調べて到達したのは、
Colorant USG Tough Shield Rear iP5/5S 。
アマゾンの、
「米軍ヘリコプターのプロペラ保護に採用されている、
ミリタリーグレード素材のアメリカ産ウレタンフィルムを
衝撃吸収フィルムとして製品化。
確かな衝撃吸収能力・防御力でiPhoneを守ります。」
といううたい文句に惹かれてしまった。

装着は難しかった。
両側に持ち手があるが、表面の保護フィルムを
はずすときに、両側から気泡が入りやすい。
一度取り外した表面保護フィルムを斜めに付け直して、
両側を上げ、気泡を追い出す作業が、
結構難しかった。

手触りは、ガラスフィルムとは正反対の粘り。
これは確かに手が滑らず良いのだが、
汚れが付きやすく、傷もつきやすそうだった。
そこで、CRYSTAL COATでコーティングしたら
(3回重ね塗り)、適度な粘りと滑りが得られた。

KODAWAEIの背面保護シート出るまでは、
これで行こうと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワット:第三週 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる