中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ECOジョーズがやってきた。

<<   作成日時 : 2014/02/01 10:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

しばらく、手抜き画像が続いたが、
ようやく大部分の面接も終わり、
少しだけ心に余裕が出てきた(?)

それにしても、面接ってのは、「面接試験」なのね。
決して、ご挨拶でも、顔合わせでもない。
明らかに試験なのだ(当たり前ですね)。

大学受験よりも、ずっと難しいし、厳しかった。
要求されるものも桁違い。

禍福は糾える縄の如し。
芸は身を助く。
艱難汝を玉にす。
蛍雪の功。
などという故事ことわざがあるが、
どれも実感する今日この頃である。

しかし、富士山なら8合目でご来光を拝んだところ。
これからが一番の厳しい就職活動に突入だ。
最後は剣ヶ峰も待っている。


「くるくる」の要求

前回の続きである。

私の趾を見つめて「フン」と言う。
画像

そしていきなり時計回転を始める。
画像

画像

画像

画像

画像

これらの回転は、「こんな感じで回して遊ばせろ!!」
という要求なのだ。
名付けて「くるくる」(まんま)。

最近では、時計回転も反時計回転もできる。
コリオリの力は、アルには関係ない。

でも、アルが最初に回転したい方向は、
アルが自分で回って見せた方向だ。

これを間違うと、アルの不評を買う。

まずは、アルの指示通りの方向に数回回転。
その後、逆回転を数回。
これでウォーミングアップが終了。

その後は、フェイントを混ぜながら、
ランダムに方向を変えながら、数十回転。
はじめは、ゆっくり、アルが付いて来れるように、
そして、徐々に動きを速める。

回転方向と速度さらに軌道と、誘導の要因は多く、
結構難しい。

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)での
カテーテル操作、ガイドワイヤー操作、
バルーンやステントなどの押し引きなどにも近い。

NAのエンジンでのアクセルの開け方、
氷上のブレーキ操作などとも同じだ。

何より重要なのは、アルとの呼吸を合わせること。

アルが付いて来れるギリギリの状態を
キープしてあげないと、数十回転はできない。
アルは満足しない。

だから、私にしか要求しない。


それにしても、これだけ回って、眼が回らないのだろうか。
フィギュアスケーターのようなアルである。

うさぎに多い、斜頚という病気(クーの記事参照)が、
この「くるくる」で、誘発されるのか、抑制されるのか、
影響ないのか不明である。

船酔いは、船の揺れに慣れると抑制される。
だから三半規管(ウサギにもあると思う)への、
刺激を繰り返して適応させることは、
おそらく斜頚の予防になると、理論的には考察できる。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。


ECOジョーズがやってきた

一軒家でもマンションでも、買ったら、
ローン返済さえ終わればいい、あとは維持費だけ、
そう考えていた若い頃。

賃貸では、一生家賃を払っても、自分の家にはならない。
買ってしまえば、ローン返済が終われば自分のものになる。
だから、ローン返済さえ終われば、住むのに金はいらない。

ところがである。
実は、ローン返済が終わる頃には、
一息つく間もなく家のリフォーム等で
またもや借金を背負うことが多い、
そんな現実を、実家で見てとてもショックだった。
これじゃ、一生賃貸とどう違うのか。

大規模修繕が終わって一息ついたら、
TES(Thin & Economical System :セントラル暖房システム?
TOKYO GAS ECO SYSTEM ?)、
つまり給湯&床暖房のシステムの更新の説明会が
頻繁に行われた。

よくよく聞いてみると、
普通このシステムの寿命が数年〜10年ぐらいらしい。
我が家は築14年。

しかも。
お風呂担当者(私)が、うっかり者なので、
お風呂の栓をせずに、「お湯張り」をすると、
途中でエラーが出て、大音響とともに、停止する。
その緊急停止は、装置に多大な負荷がかかるらしく、
2009年7月25日の記事の通り、故障した(注)。

注:
 あの時は原因不明だったが、
 やはり、栓なしのお湯張りが最大の要因であったのは、
 その後の経過で良くわかった。
 もちろん、耐用年数の限界だったこともある。

あの故障からも何度も同じ緊急停止をやっているし、
耐用年数をはるかに超えた今、
今度故障したら、リモコンの交換では済まないだろう。

それに。
震災の時、給湯システムの待機電流は
テレビなどの家電よりもずっと多いと言われていた。

説明会で申し込むと、申し込み数が多くなるにつれて、
数万円(?)、団体お値引きセール。

販売の人に薦められると断れない、気弱な夫婦だが、
いくらなんでもそろそろやばい。
なので、恐る恐る説明会を覗いてみた。
すると、すでに最大お値引きの申し込み数が
確保できているとのこと。

説明を聞くと、私をターゲットとしたような説明が続く。
熱効率を従来の80%から95%まで高めている。
それは、排気熱にて予備加熱をするから。
待機電力も1/10に減った。
排熱温度も下がり、節電もするから、
CO2削減(13%削減)、温暖化防止にも大きく貢献する。

馬の耳に念仏だった妻には、
団体割引に、ガス代が年間1万円以上節約できる、
「暖らんぷらん」でさらに数%ガス代がお値引き、
などという宣伝も入る。

うーん死角のない、オールレンジ攻撃(注)だ。

注:
 機動戦士ガンダム、
 モビル・アーマー:ブラウ・ブロ、
 パイロット:シャリア・ブル大尉。

「あのパイロットは、背後からの攻撃もよけた」
とシャリア・ブル大尉を驚かせた、アムロ・レイとは違い、
全ての攻撃を受けて、夫婦そろって撃沈。
もちろん、即申し込み。

年末だったが、現地調査から契約まで、
異常に速く話が進んだ。
管理組合への申請、手続きまでサポートしてくれる。

今週ついに、ECOジョーズが我が家にやってきた。

リモコンのインタフェースが若干格好良くなったが、
それ以外のスペックはほとんど変わらない。
給湯能力も変化はない。

ただ、ガス代をいくら使ったか、表示させることができる。

あとは、2月のガスの請求書を見るまでは、
お値引き後も決して安くはなかったECOジョーズの、
真価を感じることはないだろう。

でも考えてみると、
年間2万円の経費を削減できるとしても、
購入金額の元を取ることはできない。
その前に耐用年数を超える。

もちろん、そういう考え方は間違っている。
その間、給湯、床暖房を維持するための
投資なのだから。


シャワー水栓、トイレ、ガスコンロ、換気扇、
そして今回のTESと更新してきたが、
今度は、浄水器のシステム全体がダメになった。

家って、金がかかり続けるものなのね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ECOジョーズがやってきた。 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる