中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 最終調整終了

<<   作成日時 : 2013/12/08 15:46   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

ウサギをかたどった、入れ物の中からこんにちは。
画像
アルの顔の下にあるのが、耳の部分。
この木製の入れ物は、確か
北海道の遠軽で買ったもの。
ピー、クー、アルの三代で使用。

ここをベースに、奥のいろいろなものが気になる。
画像

そして、前足を揃えて、ポーズ。
画像


忘年会で家を空けて、帰ったらアルが待っていた。
さみしかったらしく、いつもの仕事後よりも、
3倍近くの時間、撫でる手に頭を擦りつけていた。

ウサギにも、現在だけでなく、過去がある。
だから会えなかったことを覚えている。
未来は気にしない方が、楽なのに、
出待ちをするのは、未来を信じているのだろう。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のプラクティス

最終調整:スクワット

内容:

アップ:逆担ぎ:60kg×6回、90kg×2回、
         120kg(Mニースリーブハーフ)×2回、
          135kg(Mニースリーブフル)×2回。
試合形式(Mニースリーブフル):140kg×1回。


感じ:

朝から体調は良くない。
昨夜は忘年会で、ビールを飲みまくったが、
それ以外のアルコールは乾杯のみ。
よって本朝への影響は最少。
それでもかなりの疲れが残る。
でも、試合前の休養をしっかりとるためには、
疲れをとるためには、今日しか最終調整の日はない。
二次会に行っていたら大変だったと思う。
行かなかった真の理由を知る人に感謝。

体調は良くなくても、朝食はたくさん食べたし、
最終調整と考えるだけで、集中力は高まる。

三土手さんが、JPAのHPのリーダーズコラムに、
「トレーニングではなく、プラクティスと言う」
という内容を書いていたのだが、
今回はまさに、プラクティスである。

ジムに着いて、念入りにストレッチ。
左中殿筋の痛みは、昨日の1/5ぐらい。
この痛みは、決して悪いものではない。
蓄積させなければ、大丈夫だと、思う。

60kgでは、前半は閉眼、後半は半目。
バランスも良いし、タイミングもばっちり。
90kgでは、しっかりと視線を作ってやったら、
やはりフォームは良い。
しかし重く感じるのは疲れか。
そして、左の内転筋に痛みが走る。
両側膝蓋骨、膝関節にも痛みが残る。
でも、左中殿筋の痛みは消えた。

120kgでは、Mのニースリーブを装着。
深さもフォームもタイミングも良い。
膝蓋骨、膝関節の痛みも消えた。
ただ、重い。
スティッキングで減速がある。

135kgでも、厳しい挙げとなった。
思っているよりも疲労が蓄積している。

それでも、練習用のMスリーブのまま、
相性の良いMコーチに合図を出してもらって、
深さを見てもらって。
140kg:第一試技予定重量に挑戦。
試合のように、コールからバーズローデッドまでを
ぶつぶつと言い、3呼吸で腹圧をかけて担ぐ。
歩くと、やっとのことで歩ける重量。
自分を信じて、「スクワット」で降ろす。
深さもばっちり、タイミングも腹圧も、方向も。
スティッキングでの減速は、120kgと同じぐらいで
軽く挙がった。

心と身体が試合用の領域に入って、
年間1,200回以上繰り返してきた、
身に沁み込んだフォームと力が、発揮された。


最終調整:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×2回(止め)、100kg×2回(止め)、
     110kg×2回(止め)。
試合形式:115kg×1回。


感じ:

疲れは、スクワットよりもベンチプレスに
強く影響する。
まして、スクワットの後に、連続して行う
ベンチプレスは、試合なみに負荷が強い。
しかも、前回のトレーニングから中2日である。
中6日でも疲労が溜まるのに。

60kgでは、良いホールド。
バーが低い。
そして軌道もとても良い。

90kgがとても重い。
100kgをやる前に、Tシャツの後ろの裾を
引っ張ってないことに気付き、引っ張る(注)。

注:
 これを怠ると、ブリッジを組んでも、
 途中で、崩れてしまうことがある。
 ベルトを最大に締める前に、引張り、
 ベルトを最大に締めて、固定する。
 私の場合。

100kgがとても、とっても重い。
これは、いつものトレーニングだったら、
絶不調という重さだ。
2回目では、押しがギリギリの感じである。

とても、110kgなんて無理の感じだが、
とにかく自分を信じるしかない。
ホールドでもたつくのは、集中力が落ちているせいだ。
1回目、やっとのことで押し切って、
2回目も、本当にギリギリで押し切った。

もちろん不調である。
しかし、ギリギリなのに、重量を上げて、
それでも、同じギリギリなのだから、
力が発揮できてきているのであろう。

だから、いくら不調とはいえ、115kgなら大丈夫のはず。
Mコーチに合図を出してもらって、
覚悟を決めて、115kg。
Mコーチには、肘をロックするまでスタートを出すな、
止めの確認とプレスの合図はゆっくり、
などという注文をつける。
普通、何回か経験しないと、そういう微妙なオーダーは
できないコーチが多いし、無理というものだろう。
しかし、Mコーチは、そういう点、
抜群のセンスを持つから、安心してオーダーできる。
ありがたい。

肘を伸ばしてロックさせ、完璧なホールドをしてから
スタートがかかった。
重くて、降ろしで心が負けそうだ。
プレスの合図も、いつもよりも1テンポ遅い。
そう、厳しい審判のプレスの合図と同じ。
そして押しは、ほとんど無意識。
ギリギリのギリギリで、ジリジリジリジリ挙げていく。
自分の中の無意識の何かが押している。
厳しくても尻を浮かせようなどとは、微塵も思わない。
そう、それが領域に入っている証拠である。

日々の積み重ねのその層の多さと濃さだけが、
どんな苦境でも、フォームを崩さず、
最大の力を発揮する。

きっちり挙げて、第一試技重量成功。


ゴムによる肩のインナーマッスルと
ストレッチを入念にやって終了。

ついに、1年間のトレーニングが終わった。
今回のピーキングはうまくできた。

左内転筋、左中殿筋、両側膝関節、
両側肩関節、左手関節などに
軽度から中等度の故障はあったが、
何とか、重大な有害事象は起きずに済んだ。


検量すると、82.1kg。
これからアルコールは禁止。
だから、意識して食べないと体重が落ちる。
かといって、毎日オハナ堂のチャーシュー麺では、
オーバーする。

うねる海で、視界数m、根などの目印もなく、
深度計だけで7mで安全停止、
その後、5mで安全停止に持ち込み、
そして安全に浮上するような、1週間となる。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最終調整終了 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる