中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己ベストタイが挙がったスクワット:長期目標の設定

<<   作成日時 : 2013/11/25 19:19   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

アルが、ケージの下のカバーにご執心。
画像

顎の下の嗅腺をゴリゴリやっている。
画像

アルが去ってみると、わかった。
画像
矢印に位置に、金具の先端が出ている。

CATのケージの下に敷くアンダーカバー(?)。
牧草を撒き散らかす、アルには必需品。
抜け毛の季節は、ここに毛がたまるから、
部屋中に毛が舞い散るのを、
少しだけ防いでくれる効果もある
(ケージとカバーの隙間をDC-45で吸うと、
とても多くの毛が吸える)。

しかし、いつの間にか四隅の支柱が
むき出しになっている。
もちろん、アルがガリガリしたから。

そして、そのむき出しの支柱に、
ゴリゴリと、臭いをつけるというよりも、
顎を掻いているように、激しくやっているアル。

触ってみると、支柱の先端は、
一部バリがあって、鋭い部分がある。
だから、アルの顎が切れたりしないか、
遊びまわっているうちに、
支柱にグッサリ刺さらないか、とても心配である。

でもアルには、重要なものらしく、
私がその支柱に触ると、すかさずやってきて、
またしても顎をゴリゴリ、嗅腺を擦り付ける。
「これは、オレのもの!!」
「触るな!!!」とのことである。

新品を買ってあげるくらいの予算はあるのだが、
どうやら、もう売ってないらしい?(妻、談)

しょうがないので、針と糸で、
破れたところをかがってあげた。
でも、それは気に入らないらしく、
アルの激しい攻撃に遭って、すぐに支柱むき出し状態に。
ということは、新品を買っても意味がないのね。


危険性があるからといって、
公園から遊具が消えるのは悲しいものである。
でも、自分も子供のころ、
遊具で怪我をしたことが何度もあるし、
我が子をそんな危険から守りたい、
そう思う親の気持ちは良くわかる。

この支柱に刺さって死ぬようなら、それまでの運命、
そこまで割り切れないので、
いつもハラハラしながら、見守っている。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:逆担ぎ:60kg×6回、90kg×2回、
         120kg(ニースリーブハーフ)×2回、
          135kg(ニースリーブフル)×2回。
試合形式(ニースリーブフル):140kg×1回。
メイン(ニースリーブフル):137.5kg×3回
メモリー:142.5kg×1回。


感じ:

土曜日は休みだったが、木曜日のダメージが残った。
日曜日は、介護帰省。
よって、今日は仕事の後のスクワット。

暦も予定も、トレーニングに合わせてはくれないのは当然。
でも、仕事の後は、疲れが出て、特別につらい。
嫌で嫌でしょうがないけれど、
何とかジムに到達。

アップをすると、一万歩程度しか歩いていないのに、
疲れをどっと感じる。
しかも、体力が残り少ないから、短期決戦が必要。
早く、筋肉を起動するため、
90kgでも、120kgでも2回ずつ。
130kgを入れようとしたが、
もう息が上がっているし、ヘロヘロである。
130kgは飛ばして、135kgで根性の2回。
筋力は余裕である。
つらいのは体力と、心肺機能である。

そして試合形式で140kg。
深さを見てもらわなくても十分とわかる深さ。
挙げも、ほとんど減速しなかった。

メインは、137.5kg。
あわよくば、3回と思いつつも、
2回で疲れが出て、息が上がったからやめ。
少ない体力を温存した。

メモリーはいよいよ自己ベストタイの142.5kgである。
できるはずだが、もう疲れ切っている。
それでも気合を入れて、担いでスタート。
スティッキングで若干の減速があったが、
きっちり挙げ切った。

ちなみに、ニースリーブは、
140kgを超えたら、ほとんど効いた感じがなくなった。
当然だ。


このブログで調べてみると、試合本番以外で、
ノーギアで142.5kgを挙げたのは今日が初めてだった。
本番でも、1度きり、2009年10月以来である
(その時は、ギリギリで挙がったと書いてあった)。
50歳になった、競技の身体としては、老体で、
しかも、若い時の基礎が全くない状態で、
ここまで来れるとは思わなかった。


今年初めに漠然と設定した目標が、150kgだった。
いや、何となく150kg挙がったらいいな、
程度の目標だった。

でも、現実は厳しい。
昨年の記録が135kgだったから
(2年のブランクで7.5kg落ちていた)、
1年で15kgなんて、とても無理とも思っていた。

一番伸びた2007年から2008年でも、
やっとのことで、12.5kg伸ばしている。
もっとも、この時期は、始めたばかりだったから、
潜在的な力の発掘によるところが大きい。
まして、今より5歳も若かったし。
純粋な地力で、年に15kgは、若くないと無理だろう、
そう思っていた。

それでも、2007年の頃の何倍も厳しい、
つらいトレーニングを積んで、試合に復帰したのだ。
そして、さらに一年、昨年以上の密度と時間の、
トレーニングを積んで、がんばってがんばって、
今日まで来た。

確かに、今年の大会では、
自己ベスト更新は確実にできるだろう。
試合の目標を145kgに設定するのが安全策。
147.5kgもいけそうだ。

しかし。
試合本番では、練習のmaxプラス2.5kg以上挙がる。
だから、150kgがかすかに見えている。


次回の145kgが勝負だ。
疲れが少ない状態でどこまで余裕があるか。

ここまで来たのだ。
やれるところまで突き進む。


ストレッチをやって検量したら、82.2kg。
昨日、親孝行という名目で、自分が回転鮨食べ放題。
そして、朝からステーキ丼という肉三昧。
これからも、コントロールしながら、肉三昧。

朝、体重を測ることも始める必要がありそうだ。


そして、今。
左の中殿筋が痛い。
断裂、再発か?


そして追い打ちをかけたのが、
KPAのHPで、選手名簿が発表されたこと。
自分の名前があったのには安心した。
しかし、相変わらず、83kg級は激戦区。

昨年、500kg以上を挙げた選手が3名もいるし、
今年はもう抜かれたはずの選手もいる。
昨年は出ていなくても、私よりも挙げる選手が
いることだろう。

ということは、6位入賞もできないってことか?
がっかりして、弱気になってしまった。

自分の記録が大事とか言いながら、
入賞とか順位を気にするあたり、
まだまだ、修行が足りない。

「人は人、自分は自分」なのだ。

ブログを書いて、ようやく順位を気にしないと思え、
開き直れるようになった。


そう言えば、読者のTさん、会場で会いましょう。


追記:妄想的目標

ふと、何の根拠もなく、
「年齢の10倍挙げる」という目標を思いついた。
もちろん、3種計で。
フルギアだと、2008年と2009年に達成している。
だから、ノーギアで。

今年の最低目標である、450kgだと、50kg足りない。
パーフェクトでも462.5kgだから、40kg弱足りない。

歳は否応なしにとるものだから、
毎年10kgの進歩では永遠に達成できない。
毎年20kgの進歩では、55歳ぐらいまでかかる。
55歳で自己ベストって、あり得るのか?
厳しすぎる。

年に30kgずつ進歩したら、2、3年で達成できるが、
現在でも毎年、筋肉が断裂しているのに、
そんなことができるのか?

無理無理、と思いつつも、
毎年、スクワット:7.5kg、ベンチプレス:5kg、
デッドリフト:12.5kgの計25kgの進歩ならできるかも。

密かに、3年後、53歳で、530kgを考えている。

この目標を達成したら、引退しようかな。


まあ、今年の試合をちゃんとやってからの話。
捕らぬ狸の皮算用でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近になってからですがブログ拝見させて頂いてます。年齢49歳(男)です。実は私も30代後半から健康のため筋トレ始め45歳位からパワーリフティングの種目をトレし始めました。現在体重65kg止め無ベンチ105、止め無スクワット115(極端に弱い)、デッドリフト170です。記録伸ばすよう努め、安定してきたら止め有を行う予定です。2年後には地方大会出たいと考えてます。今後もブログ拝見させて頂き励みにさせて頂きたいと思います。中年パワーリフターさん大会に向けてさらに頑張ってください。私も頑張ってトレして行きます。
横浜すずめ
2013/11/26 09:48
横浜すずめ様コメントありがとうございました。
お互いに身体の老化との闘い、大変ですよね。
字数制限がありますので、この後は記事にします。
今後もがんばりましょう。
JH
2013/11/26 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
自己ベストタイが挙がったスクワット:長期目標の設定 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる