中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと回復のベンチプレス

<<   作成日時 : 2013/10/06 18:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

トイレ中のアルの顔。
画像
無心で用をたす。

突然、顔と耳を洗い出す。
画像

注:
 おじぎをしている状態です。
 頭の両側に垂れているのが、耳です。
 これを見て、ウサギと思う人はいるのだろうか?

また、突然、シッコを舐める。
画像
綺麗好きなのか、どうなのか全くわからん。

それにしても大きくなった。
トイレからはみ出そうだ。

実際、時々、この状態からトイレの外に落ちることがある。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回(止め)、100kg×1回(止め)、110kg×1回(止め)。
メイン:95kg×8回、×8回(尻浮き1回)、×6回(尻浮き2回)。
補助:ストップ・ベンチプレス:85kg×4回(尻浮き1回)。

感じ:

前回、超絶不調だったので、とても気分が塞いでいる。
元気をつけようと、支那そばやで、
何カ月ぶりかで、ラーメンを食べた。
とても美味しかったが、お腹がパンパン。
食休み30分で、ジムへ。

アップを始めると、先週のような重さはない。
110kgも冷静に押し切った。
ただ、以前ほど余裕はない。
そろそろピーキングだっていうのに、
こんなんでいいのか??
いくら考えても、いくら騒いでも挙がるわけではない。
淡々とこなすしかない。

前回の失敗から、ちゃんとTシャツの後ろの裾を引いて、
ブリッジもいつもの高さまでできた。
しかし軌道が安定しない。

メインは、前回撃沈したので同重量の95kgとした。
もちろん補助なしで開始。
重いが4回目まで一気にいけた。
そこからは1回ずつ厳しくなるが、乗り越える。
7回目でギリギリと思ったが、
自分を信じて8回目を尻浮きなしで敢行したら、
意外と余裕で挙がってしまった。
やはり、限界は身体ではなく、心にある。
残る問題は、軌道のブレだ。
これは、どうやら肩甲骨の締めが甘いらしい。

インターバルは6分、ダメージは微小。
2セット目も補助なし。
肩甲骨の締めを再度意識したら、
軌道も安定した。
8回目がちょっとだけ尻浮き、頭側に流れたが、
何とか完遂。

頭側に流れても押し切れるのは、
三角筋の前面のトレーニングのおかげか?

それにしても、スクワットでの筋肉痛が残っていて、
足を使っていない感じなのに、
セットが終わるたび、大腿四頭筋が痛い。
ベンチプレスなのに、足を痛がる、
普通のトレーニーには理解不能だと思う。

インターバルは6分、ダメージは中等度。
大腿四頭筋は痛くて使えない。
補助についてもらって、3セット目。
4回終わって、もう嫌になった。
セットの途中で、トレーニング自体が嫌になる、
そんなことは初めての経験。
一体何が??と思っている間にも回数は進む。
5回目、尻浮きで押したら、簡単に挙がった。
6回目は、尻浮き、肘伸ばし。

ストップは、いつも通り。

それにしても、この「嫌になる」という感覚は何だったのか。
10年以上前、マシンだけをやっていた時代、
そういう感じは多く経験したが、
パワーリフティングを始めてからは一度もなかった。
嫌になるというか、もう面倒くさくなる、
力を出す気になれない、虚無感である。
ストップに入った時には跡形もなく消失したが、
二度と経験したくない感覚である。

大胸筋の感じから、力は80%程度しか出せていないらしい。
今年のピーキングは難しそうだ。


メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、130kg×2回、160kg×1回、167.5kg×1回。
メイン:147.5kg×6回。
閉脚ぶっこぬき:120kg×8回。


感じ:

ベンチプレスで息が上がったのは、当然として、
大腿四頭筋、殿筋、内転筋とも筋肉痛の上に、
酷使されて、さらに痛い。
だから、デッドリフトは、1発重量だけで終わりにする予定だった。

しかし、偶然、やむを得ない理由で一緒にやったヤツが、
一番嫌いなタイプだった。

トップサイドでしかやらない「デッドリフト」。
かなりの力があるのに、床から20cmも高い位置で切り返す。
しかも、手にはパワーグリップ。

でも、130kgまではついてきてくれた(3回だけだけれど)。
力はあるのだろう。

「そんなに力があるのに、ファーストプルをやらないのは
何故ですか?」と聞いたら、
「デッドリフトは、トレーニングの最後に、
『やった感』を得るためにやるだけだから」とのこと。

本当は、
「トップサイドでは、『やった感』なんて得られないでしょう?」
と言いたかったが、それでは角が立つ。
だから、
「それなら、180kgでも一発引いた方が『やった感』が
感じられるでしょう」と言ってあげた(注)。
すると、あいまいに言葉を濁していた。
でも、彼には、180kg一発ぐらいの力がありそうだった。

注:
 「そんなに一生懸命やっても無駄よ、刺されるよ」
 と言うのが妻の口癖。
 そうね、それが世渡り上手ね。


どこかで見た顔だとその時気付いた。
ラット・プル・ダウンを横の鏡を見ながら、
一生懸命やっていた人だ。
でも、効いているのは、上腕二頭筋だけ。

それは、広背筋に効かないし、「やった感」もないでしょう。
納得。

彼に誰がデッドリフトを教えたのか。
いや、マシンも。
教えた人か、教えられた人か、どこで道を間違えたのか。
それとも、独学なのか。

デッドリフトの「デッド」の意味を知らないのだろうし、
これからも知ることはないだろうな。
まあ、どんなやり方をしても、その人の勝手。
ただ、悲しい、惜しい。
できたら、それを「デッドリフト」とは呼ばないでほしい。

「空手バカ一代」を思い起こさせる彼であった。

そんな感情のせいで、147.5kgをやった。
きつかったが当然完遂。

途端に、内転筋も大腿四頭筋も激痛。
こりゃだめだ。


補助トレーニング

内容:(ノーカウントセット)

インクライン(スミス):ワイドグリップ、両側27.5kg×8回、28.75kg×8回。   
ダンベル・アームカール:24kg×8回、×10回。
デクライン(スミス):ややワイドグリップ、手関節背屈、
                       両側28.75kg×8回、2セット。
深いプリーチャー・アームカール:35kg×8回、2セット。
ダンベル・ベンチプレス:28kg×8回、(×4回)22kg×8回。
深いプリーチャー・アームカール、ワイドグリップ:30kg×10回。
ライイング・バーベル・トライセップスエクステンション:
                       37.5kg×8回、35kg×8回。
ダンベル・ショルダープレスをスミスで:
             両側10kg×8回、7.5kg×8回、2セット。
ダンベル・フライ:16kg×10回、×9回。


感じ:

支那そばやで時間がかかったから、
早く終わりたい。
前日は、11時間も眠ったが、疲労が残る。
よって、先週同様、2セットでこなすことにした。

インクラインでは、2セット目は、両側1.25kg増で、完遂できた。

ダンベル・アームカールでは、何とか2セット目は10回。

デクラインでは、インクラインの重量のまま、
+1.25kgで完遂。
足を使ってもブリッジを維持する感じがわかったかも??

プリーチャー・アームカールは、余裕が全くなし。

ダンベル・ベンチプレスでは、22kgで踏みとどまった。

ワイドグリップのプリーチャー・アームカールでは、
食い入るように見ている人がいて、
とても恥ずかしかった。
けれど、おかげで、逃げることもできず、
かなり厳格にやることができた。
ありがとう。

彼は、どうやら本気でやりたいらしい。
2つぐらいアドバイスしたら、その通り実行していた。
たぶん、3か月経ったら、上腕は1.5倍の太さになっているだろう。

二人の彼を見たが、自分自身の戒めにもなって良かった。
人のトレーニングを見て、極意を盗む、それは大切なこと。
言葉での指導は、なかなか得られないから
(やっていることがかなりディープだから)、
人から盗む、剣道で言えば、看取り稽古である。
SさんともF君ともお互いに、看取り稽古をやっている。
だからこそ、わからないことは、一言聞けばわかりあえる。
盗む姿勢がない人は、言葉で言っても無駄である。
聞く耳を持たない人に何を言っても無駄。
PCIを教えた経験からも、それは確か。
「デッドリフト」の彼にはかわいそうなことを言ってしまった。

ライイング・バーベル・トライセップスエクステンションでは、
バーを出してもらうのを頼んだら、
コーチが出払って、できないと。
しょうがないので自力でやってみると、できた。
2セット目には、Sコーチが駆けつけてくれたが、
自分でできることがわかって、かえって恥ずかしかった。
もちろん、本気で追い込むには、出しも、
補助も必要だが。

スミスのショルダープレスは、試しに両側10kgでやったら、
1セットできてしまった。
おそらく、上腕三頭筋が残っていたから。

ダンベル・フライは、16kgで完遂できそうだったが、
体力が尽きて、2セット目は9回まで。


ゴムによる肩のインナーマッスルとストレッチをやって終了。

検量したら、何と!82.2kg!!
昨日のオハナ堂、本日の支那そばや、二杯のラーメンのせいか。

しかし、今日は、支那そばやの「チャーシュー切り落とし」
(開店前から並ばないと買えない、日に2,3個のレアもの)が買えた。
夕食は、これでチャーシュー丼にすると決まっていた。

しばらく昼食は、箱根茶屋のざる蕎麦のみと決まった。
得もりは禁止。
あと、赤岳でのお菓子は、都こんぶかしら。

都こんぶって、行動食って言うのか??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アルちゃんトイレ窮屈そうですね ̄(VェV)\

うちのピーチもトイレサイズが合わなくなって
ネット検索で大きな体のうさぎさん用のトイレを
発見 今ピーチは、落ちることもなく楽々と
用を足していますよ〜♪買ってよかったと
思っていますよ(*^。^*)
ぴーち
2013/10/06 23:23
ぴーち様コメントありがとうございました。

調べてみると、うさのトイレって、いろいろな種類、大きさが売っているのですね。15年前、ピーの時は、自作していましたが、世の中進んでいますね。検討してみます。

貴重な情報ありがとうございました。
JH
2013/10/07 16:31
ピーチの特大トイレは
三晃ラビットフィットバン Lサイズ
1715円です。 ̄(VェV)\

参考になれば幸いです♪
ぴーち
2013/10/07 20:32
ぴーち様情報ありがとうございました。
長辺が40cmって、すごく大きいですね。アルに相談してみます。
JH
2013/10/08 17:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと回復のベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる