中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ベンチプレスも方針転換

<<   作成日時 : 2013/05/16 18:15   >>

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

大菩薩峠の後、帰ってきて、
「アルちゃん、お留守番お疲れ様」
「ごめんね。だけどお土産に人参の葉っぱがあるよ」
そして、アルをお庭に出す。
画像
眼が、責めてるでしょ。

そして、すぐに、ケージに戻ってしまう。
しかもそっぽを向く。
画像

そして予想通り、ロフトに上がって、覗き込む。
画像

これは、怒っているのだ。
「今までどこへ行ってたんだよ!」
「寂しかったんだぞ!」
「遊んでやるもんか!!」

まあ、いつものことである。
ちなみに、アルよ、遊んでやるというのは、こちらのセリフ。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回(止め)、100kg×1回(止め)、110kg×1回(止め)。
メイン:102.5kg×7回(尻浮き1回)、×6回(尻浮き1回)、×3回。
補助:ストップベンチプレス85kg×5回。

感じ:

昨夜のフォースの乱れが後を引いている
(一部読者にしかわかりませんね、すみません)。
心は暗闇なのに、とがっている。
気持ちは沈んでいるのに、攻撃性が増している。
殺伐とした心境。

それなのに、悩み相談室となっている私のメールボックス。
しかも二通も。
本当は、他人の相談に乗っているほど心には余裕はない。
でも、全力で応えてしまう、答えてしまう。
私はそんな「良い人」ではなかったはず。
おかしいと思ったら、すぐそばにそういう「良い人」がいた。
こいつと、仕事のせいで人が変わったのか。

ジムに着いて一安心。
アップを始めると、やはり疲れは抜けている。
先週撤退したのは正解だったようである。
力的にはそれほど変わりがないが、
心が闘争状態だから、ばっかやろう!って感じで挙げる。
110kgも、「てやんでい!」って、やけくそ?

メインはサイクルの最後、102.5kg、とてもきつい重量である。
本日お初のMトレーナーに補助についてもらう。
始めると、重い、当然だ。
しかし怒りにも似た心の爆発が、1回1回をつなぐ。
6回目も尻浮きなし。
7回目、尻は浮いたし、肘伸ばしで押し切れた。

思った通り、Mトレーナーはセンスがある。
初顔合わせで、これだけできるとは、素晴らしい。
イケメンだし、もてるだろうな、こいつ、と思ったが、
にくらしくない。

インターバルは6分がMのせいで8分。
ダメージは軽度、え?軽度??
始めると当然厳しい。
しかし、5回目までは尻浮きなしのきっちり。
6回目は尻浮き、肘伸ばし。

あらら、久々の良いセットだったよ。
考えてみるとフォームも乱れていたし、意識も中途半端。
なのに、挙がったのは、やはり、
幸せよりも攻撃の方が力が出るのか?
ボクサーもハングリー精神が必要って言うし。
でも、挙がらなくても幸せの方が好きである。

3セット目は、もう終わっている大胸筋と上腕三頭筋を酷使。
3回でダウン。

今回から、補助は、ストップベンチプレスとした。
まずは、軽めの85kg、と思ったら、5回しかできなかった。

でも、確かに手ごたえはあった。
悲しかったけれど。


メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、130kg×2回、160kg×1回、175kg×1回。
メイン:147.5×6回、150kg×6回。
閉脚ぶっこぬき:125kg×8回。


感じ:

かなりきつかったが、息は上がっていない。
デッドリフトを始めると、軽い。
175kgに少しだけ余裕を感じる。
もちろん、ファーストプルが何秒にも感じるし、
引ききるまでに何秒かかるのか、とも思うが、
これまで100%で挙げたのが、98%ぐらいになった。
これで先に進める。
ピーキングなしで180kg引ければ、試合の目標である
190kgが引けるはず。

メインは、147.5kg、150kg。
軽くても死ぬほどつらい、だからデッドリフト。
それでも、重量を上げても、同じつらさなのだから、
身体が慣れるのだろう。

閉脚ぶっこぬきは125kgに上げた。
それでも終了直後に重りを片づけることができた。


補助トレーニング

内容:(ノーカウントセット)

インクライン(スミス):ワイドグリップ、両側25kg×8回、
             両側30kg×8回(×6回)、(両側25kg×7回)
             両側20kg×8回。
デクライン(スミス):ややワイドグリップ、手関節背屈、
             両側25kg×8回、(両側30kg××6回)、
             両側25kg×8回、2セット。
ダンベル・アームカール:22kg×10回、3セット。
深いプリーチャー・アームカール:30kg×8回、35kg×8回(×3回)、
                     30kg×8回。
ダンベル・ベンチプレス:(28kg×6回、24kg×6回、20kg×6回)
               16kg×8回、3セット。
深いプリーチャー・アームカール、ワイドグリップ:25kg×15回。
ライイング・バーベル・トライセップスエクステンション:
             (30kg×6回)、27.5kg×8回、3セット。
ダンベル・フライ:14kg×10回、2セット、10kg×10回。
手関節の背屈:ワイヤー、フリーグリップ20kg×20回、2セット。
手関節の掌屈:ワイヤー、フリーグリップ35kg×20回、
                     40kg×20回。


感じ:

よく考えたら、メインは以前とセット数が変わらない。
当然、きついかと思いきや、まだまだ攻撃モードであった。

しかし、筋力がそれほど持続するはずもなく、
インクラインは先々週よりも落ちた。

ダンベル・アームカールもきつかったが、
10回3セット、ギリギリ完遂。

デクラインも、やっとやっと。

ダンベル・ベンチプレスでは、28、24、20と6回しかできず、
全てノーカウント。
16kgでようやく8回できたと思ったら、抜けた(注)。

注:
 挙がらない、重量を下げる、挙がらない、下げる・・・。
 これを繰り返すとある重量で、突然何回でも挙がる感じになる。
 私は、これを抜けると言っている。
 トンネルを抜けたような感じだから。
 追い込んで、ほとんど力がなくなる、本当の「抜ける」とは違う。

ワイドグリップのプリーチャーアームカールは、1セットのみ。

ライイング・トライセプス・エクステンションは、
補助がなかなか来ないので、先にやったダンベルフライのせいで、
30kgでも8回できず。
25kgで何とか踏みとどまった。

ダンベルフライでは、14kgで2セットできたのは、
途中で、ライイング・トライセプス・エクステンションを入れたから。

手関節の背屈と掌屈は、まあ、このくらい。

ゴムによる肩のインナーマッスルとストレッチをやって終了。

あっ検量を忘れた。


このブログを書きながら、相談に答え、
何とか収拾がついた。

あとは、自分に関わることが収拾できるか、だ。
しばらくは、音楽なしの通勤である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ピーチくんも 数日遊んであげないと、ゲージからでてこないときがあります。あれは、怒っていたのですね。アルちゃんと同じような、目線や行動をとります。うさぎさん、思った以上によくわかっているのですね。賢い生き物ですね。(納得!!)
ぴーち
2013/05/18 23:54
ぴーち様コメントありがとうございました。
クーほどではないですが、アルも本当に言葉とか態度とか、留守番の寂しさとか、良くわかっています。
でも、思考が遅いのか、様々な感情が順に出てきたりするので、おもしろいやら、対応に困るやらです。
JH
2013/05/21 16:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベンチプレスも方針転換 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる