中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 体調不良の影響はわずかだったベンチプレス

<<   作成日時 : 2013/03/21 19:16   >>

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

アルが、物入れに隠れている。
画像
この眼は。
何かいたずらをやらかそうとして、
こちらをうかがっているのだ。

案の定、壁の奥に頭を突っ込んで何かをしている。
画像

次には、こちらのひらひらを噛もうとする。
画像

遊び道具には事欠かない。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回(止め)、100kg×1回(止め)、110kg×1回(止め)。
メイン:95kg×8回、×8回(尻浮き1回)、×5回(尻浮き1回)。
補助:90kg×4回。

感じ:

体調不良、特に発熱で体重が落ちた時、
一番影響が強いのはベンチプレスだ。

ちょうど、サイクルの最初だから、軽い重量で
8回の予定だからちょうど良い。

アップを始めると、軽い。
110kgもとても良い感じである。

メインの1セット目は補助なし。
きっちり最後まで尻付けで、押し切れた。

インターバルは6分、ダメージは軽度。
2セット目は当然きつい。
最後は尻浮きで押し切った。

3セット目は、5回目がやっと。

補助は、90kg、4回しかできなかった。


発熱後だからこんなものでしょう。


メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、125kg×2回、150kg×1回、167.5kg×1回。
メイン:152.5×6回、2セット。
閉脚ぶっこぬき:120kg×8回。


感じ:

先週お休みしたデッドリフト。
アップでは、しっかりとした手ごたえ。
167.5kgでも余裕あり。

メインは、152.5kg。
きつかったが、何とか完遂。

閉脚ぶっこぬきもやったら、完全に息が上がった。


補助トレーニング

内容:

インクライン(スミス):両側35kg、ワイドグリップ、6回(ノーカウント)、
             両側30kg×8回、7回(ノーカウント)。
             両側25kg×7回(ノーカウント)、
                20kg×8回、4セット。
デクライン(スミス):両側30kg、通常グリップ、手関節背屈、
              ×7回でノーカウント、25kgで×8回、3セット、             
              20kg×8回、2セット。
ダンベル・アームカール:22kg×9回、5セット。
深いプリーチャー・アームカール:32.5kgから落としながら、25kgまで
             各、8回ルール、5セット。
ダンベル・ベンチプレス:26kg×8回、1セット(7回ノーカウント)。
              22kg×8回、1セット、18kg×8回、2セット
               16kg×8回、1セット。
深いプリーチャー・アームカール、ワイドグリップ:
              20kg×20回、10回、15kg×20回
ライイング・バーベル・トライセップスエクステンション:
             40kg×6回、ノーカウント、30kg×8回、2セット、
             25kg×8回、3セット。
ダンベル・フライ:12kg×10回から、落としながら10回ルールで5セット。
ダンベル・ベンチプレス:14kg×13回。
ダンベル・アームカール:14kg×15回。
手関節の背屈:ワイヤー、フリーグリップ10kg×20回、
          15kg×20回、×10回。
手関節の掌屈:ワイヤー、フリーグリップ30kg×20回、
          40kg×10回、35kg×20回

感じ:

インクラインでは、かなり追い詰められたが、両側20kgで完遂。

デクラインでは、特に背中の締めの意識を保つ練習をした。

ダンベル・アームカールが異様に重く、ギリギリでのクリア。

プリーチャー・アームカールは、32.5kgで2セットできた。

ダンベル・ベンチプレスでは、26kgで1セットできた。
その後は、ヘロヘロ。

ワイドグリップでのプリーチャー・アームカールは
初めてtotal50回できた。

ライイング・バーベル・トライセップスエクステンションは
いつもと同じ感じ。

ダンベル・フライでは12kgに挑戦し、1セットできた。

その他、もう脳内はぐちゃぐちゃ。
身体が覚えたメニューをこなした。

ゴムによる肩のインナーマッスルとストレッチをやって終了。


検量したら、79.4kg。
まあしょうがないでしょう。
またしてもラーメン禁止。


先々週の採血の結果、sCre: 1.42であった。
これを普通にCKDガイドの式に当てはめると、
eGFR: 43.0(ml/min/1.73m2BSA)となり、CKDのG3bとなる。
ちなみに、Cockcroft-Gaultの式では、69.9。
これで貧血があれば、エリスロポエチンの適応である。
ががーん!

しかし、sCreは筋肉量に大きく左右される。
そのような場合、シスタチンCによるeGFRが重要である。
同じ検体での、血清シスタチンCは、0.76であった。
これからのeGFRは、104.8(ml/min/1.73m2BSA)となる。

やはり腎機能は正常であり、
筋肉量が多いために、sCreが高値になっていると考えられる。
ふぅ、良かった。

それにしてもsCreとシスタチンCの解離が
これほど大きい検体は初めて見た。
われながら、びっくり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
体調不良の影響はわずかだったベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる