中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS どん底から抜け出したベンチプレス

<<   作成日時 : 2013/03/07 17:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

アルが怒っている。
日中留守にして、誰もかまってあげなかった。
だから、帰宅したら、早速怒る。
画像
ロフトの奥に後退して、顔を振って、
「おい!どういうことだよ!!」

「ごめんね、ほら、出ておいで、遊ぼうよ」
と声をかけると、悩む。
画像
この姿勢は怪しい生物ではなくて、
降りようかな、どうしようかな、と悩んでいるのだ。

そして、ひとしきり悩んだ挙句、
降りてきて、トイレにこもる。
画像
耳は思いっきり立っているし(注)、
かなり怒っている。

注:
 ウサギは、交感神経興奮状態になると
 (威嚇とか、危険察知とか、怒るとか??)
 耳が立つ。
 ロップイヤーは、耳が垂れているから、
 前方に振るのが、耳が立った状態。

こうなると、ご機嫌取りに30分ぐらいかかる。
思春期の女の子のような心なのである。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回(止め)、100kg×1回(止め)、110kg×1回(止め)。
メイン:100kg×8回(尻浮き2回)、×6回(尻浮き2回)、3回。
補助:90kg×4回。

感じ:

精神的に最もつらい午前勤務を終えて、
お昼は、松屋へ。
牛めし並盛、280円。
すると、吉野屋の並盛よりも肉が多い。
たれの味は、吉牛の方が好きだが、
最近極端に肉が少ないから、行かなくなった。
松屋の方がいいや。

ジムに着いて、アップをすると、何となく軽い?
軽く感じるのはとても珍しい。

90kg、100kgと重かったが、110kgは最近にしては珍しく
余裕の挙げであった。

メインは、100kg×8回が目標。
始めると重い。
何だか、富士山の剣ヶ峰に登るような感じで、
一発一発を積み重ねる。
6回目、尻が少し浮いたが、抑え込んだ。
7、8と尻は浮いたが、何とか押し切った。

約一か月半ぶりの回復である。

ダメージは中等度、インターバル6分で、2セット目。
始めると当然厳しい。
それでも何とか、本当に何とか6回まで押し切れた。

3セット目は、たったの3回、

補助セットも90kgで4回。

ほっと一息。


メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、125kg×2回、150kg×1回、170kg×1回。
メイン:150×6回、2セット。
閉脚ぶっこぬき:120kg×8回。


感じ:

ベンチプレスでの息の上がりは、先週よりも軽い。
しかし、アップは重い。
それでも147.5kg→150kg、167.5kg→170kgとした。
きつかった、ってアップでしょ。

メインは150kg。
厳しかったが、着々とこなした。

息は上がったが回復も早い。
2セット目もきっちり。

閉脚ぶっこぬきでは、いつもの低酸素。

今、この記事を書いていると、
デッドリフトでのきつさ、つらさを
忘れていることに気付いた。

認知症??


補助トレーニング

内容:

インクライン(スミス):両側35kg、ワイドグリップ、6回(ノーカウント)、
             両側30kg×8回。
             両側25kg×6回(ノーカウント)、
                20kg×8回、4セット。
デクライン(スミス):両側30kg、通常グリップ、手関節背屈、
              ×7回でノーカウント、25kgで×8回、3セット、             
              20kg×8回、4セット。
ダンベル・アームカール:22kg×9回、5セット。
深いプリーチャー・アームカール:30kgから落としながら、25kgまで
             各、8回ルール、5セット。
ダンベル・ベンチプレス:24kg×8回、1セット(7回ノーカウント)。
              20kg×8回、2セット、18kg×8回、2セット。
深いプリーチャー・アームカール、ワイドグリップ:
              15kg×20回、15回、5回
ライイング・バーベル・トライセップスエクステンション:
             40kg×6回、ノーカウント、35kg×8回、
             30kg×8回、2セット、25kg×8回、2セット。
ダンベル・フライ:10kg×10回から、落としながら10回ルールで5セット。
ダンベル・ベンチプレス:12kg×10回。
ダンベル・アームカール:12kg×10回。
手関節の背屈:ダンベル6-7kg適当に、20〜30回、5セット。
          ワイヤー、フリーグリップ10kg×20回、1セット。
手関節の掌屈:ダンベル12kg適当に、20-30回5セット。
          ワイヤー、フリーグリップ20kg×20回、1セット。

感じ:

インクラインでは、先週と同レベル。
しかし、大胸筋の鎖骨部はパンパン。

デクラインでもほとんど同じ。
しかし、効いた。

ダンベル・アームカールでは、
肘を体側に固定して、より厳密にやったら、
ギリギリのクリアであった。

プリーチャー・アームカールは30kgで3セットできた。

ダンベル・ベンチプレスでは、
24kgに続いて、20kg(注)、18kgで何とか完遂。

注:
 長らく修理中であった、20kgダンベル。
 ダンベルを落とす人がいるが、最低である。
 落とすのが格好いいと思っているやつが落とす。
 落とさなくてはいけないなら、その重量をやる資格なし。
 もっと軽いダンベルを使うべし。
 落とすから壊れて、何週間も使えない。
 みんなの物は、特に大事にしましょう。
 壊すやつは、小学校からやり直せ!

プリーチャー・アームカール、ワイドグリップでは、
もう上腕二頭筋が終わっていて、粘れなかった。

ライイング・トラセプス・エクステンションで、
かなり追い込めた。

ダンベル・フライと手関節の掌屈、背屈を
ローテーションでやったが、
ダンベルだと、手関節の掌屈、背屈とも、
軌道が安定せずに追い込めない。

アームレスラーのF君に聞いたら、
ワイヤーのフリーグリップが良いと教えてくれた。
やってみると、とても良かったので、
来週からはこれでやる。

〆のダンベル・ベンチプレスと
ダンベル・アームカールをやって、
ゴムによる肩のインナーマッスルとストレッチをやって終了。


検量したら、79.3kgだった。
またしても、オハナ堂のラーメンは禁止
(たった一度しか食べられず)。

おつまみは、生わかめが主体。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どん底から抜け出したベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる