中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3年ぶりに130kg達成のスクワット

<<   作成日時 : 2012/10/22 18:28   >>

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

「アルちゃん!」と呼びかけると、振り向くアル。
画像

「何か用??」
画像

「何の用だよう!一体??」
画像
前足を私の腿の上に置いて、しつこく聞いてくる。
(ピンボケ失礼)

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回、110kg×1回、120kg×1回、
125kg×1回、127.5kg×1回。
試合形式、逆担ぎ127.5kg×1回
メモリー:130kg×1回。


感じ:

先週はスタンスが狭くてボトムの感覚がダメだった。
今回は、スタンスを拳横幅の2.5倍でアップする。
大腿内転筋への負荷を感じるが、
良い切り返しができる。

120kgも良いスピード。
125kgも良い。
さて、127.5kg。
担ぐと重い。
しかし、自分を信じて降ろす。
降ろしで一瞬弱気になるが、
実際はきっちり挙がった。

逆担ぎ、試合形式でも
やはり降ろしで弱気になる。
でもきっちり挙がった。

さて、ピーキング最後の一発。
130kg:第二試技重量だ。
気合を入れて、担ぐ、重い。
しかし自分を信じて降ろす。
降ろしで弱気になりかけたが、
さすがにこの重量ではそんな余裕はなく、
いつも通りに身体が勝手に動いて切り返す。
スティッキングで、若干スピードが落ちたが、
まだまだ余裕で挙がった。

3年ぶりの130kg、まずまずである。

大腿内転筋もあまり痛まないので、
欲をかいて、132.5kgをやろうと思ったが、
思いとどまった。

スタンスの問題だけで、1週間以上もボトムのイメージが崩れた。
もし、潰れでもしたら、また潰れなくてもぎりぎりだったら、
そのイメージを試合に引きずりそうだ。
それに大腿内転筋もいつまで持つかわからないし。

今132.5kg挙げても何にもならない。
試合で挙げれば良いのだ。

終了後1.5時間で、少し大腿内転筋が痛むから、
やはりやめて正解。

来週は、アップのリハーサル、
そして第一試技重量:125kgだけ挙げて終了の予定。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(パワーラック):170kg×10回、2セット。
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):150kg×8回、10回
                      反動なし110kg×10回、2セット。
シットアップ:最上段で、15kg持って10回、×3セット、7回
               10kg持って、6回、5kg持って5回、
               負荷なし6回、段を下げながら、3セット。

感じ:

先週は病み上がりで補助トレーニングができなかった。
今週は、新しく買った心拍計をつけて
(古いのはセンサーを無くした)、
心拍を見ながらやった。

シュラッグは何とか10回。
ベント・オーバー・ロウも何とかこなした。
心拍を見ると、140ぐらいでも全く苦しくない。
登山の効果か?

シットアップは、きっちりできた。

デッドリフトの最終トレーニングを意識して、
この時点で、ストレッチをやって終了。


検量すると、77.4kgだった。
ほとんど汗をかいていないから、
絞れば、76kg前後になると思う。

これからバクバク食べなくてはいけない。
と思って帰宅したら、肉ではなく魚だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3年ぶりに130kg達成のスクワット 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる