中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS フォームが乱れたベンチプレス

<<   作成日時 : 2012/10/18 16:49   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

ケージの中から、ガオー!
画像

そして人の膝の臭いを嗅ぐ。
画像

顔のアップ。
画像
だいぶ毛穴が目立たなくなった。

コンシーラーはいらないね。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回(止め)、100kg×1回(止め)、
    105kg×1回(止め)、110kg×1回(止め)
試合形式:107.5kg×1回、112.5kg×1回。
メイン:107.55kg×3回(尻浮き1回)、×2回(尻浮き1回)
その他:100kg、60kgでフォーム修正


感じ:

喉がいがらっぽいのは風邪よりもアレルギーらしい。
それでもやはり、病み上がり。
体調が良くない上に、午前の仕事が大変で疲れ切っていた。

アップは、意外に軽い。
105kgも良い感じ。
しかし、110kgがおかしい。
ラックアウト、ホールドは軽めに感じるのに、
挙げの摩擦が強い感じである。

試合形式にして、107.5kg、とても良い感じ。
112.5kgはぎりぎり、肘伸ばしで挙がった。

そのあたりから左肘が痛かった。

メインを始めると、左肘が痛く、
3回目で尻浮き。

5分のインターバル、ダメージは軽度。
2セット目を始めると、
左肘が激痛、右肘も痛い。
結局2回まで。


左肘に無理がかかるのは、
デッドリフトで逆手だから。
しかし、何故突然。
確かに重量は上っている(ピーキング中)。

よくよく考えたら、
バーの軌道が、頭側にバー3本分ずれていた。
肘を開いて、トップバストに落とす、
いわゆるクロスタイプの軌道だった。
原因は、胸を意識しすぎたせい。
挙げることよりも、ボトムでは胸を締めるイメージが大事。
降ろしで、ばねを伸ばすように大胸筋を伸ばして、
プレスで一気に、大胸筋を締める。
このイメージが必要。
このイメージがやりやすいのは、インクライン。
結果、インクラインのイメージだけ先行して、
バーのホールド、降ろし、挙げとも
頭側にずれていたのだ。

100kgと90kgで、確認すると、
ちゃんとした軌道だと、肘は痛くない。

ピーキング中だからこそ、重量が上るからこそ、
フォームの乱れがごまかせなくなる。
だからこのような問題が出るのだが、
いつもより遅すぎる。

それはブランクのせいだろう。

まあ、あと一回練習できるから、修正可能だ。
肘が持てば、の話だが。


メイン:デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、120kg×1回、150kg×1回、160kg×1回
Max: 170kg×1回、172.5kg×1回


感じ:

大腿四頭筋、内転筋、ハムストリングス、臀筋、
これらすべてが筋肉痛。
階段どころか、歩くのもまともではない。
なのに、デッドリフトなどできるはずもない。

でもやってしまう。
意外に良い感じで進む。
調子に乗って、何年振りかの170kg。
重いが、決してぎりぎりではない。
でも、何となく肩の返しが今一つ。

そこでもう一発。
同じ重量でやるのも悔しいので、172.5kgとした。
重かったが、まだまだ余裕があって、
しっかり肩も返した。

これ以上はオーバーワークなので、メインなし。

試技の重量を+5kgとして、
170kgスタートにしよう。



体調が良くないし、ピーキング中だし、
肘も痛いから、補助トレーニングはなし。

ストレッチをして終了。
ゴムによる肩のインナーマッスルはやらず。

検量すると、78.1kgだった。
何故に?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フォームが乱れたベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる