中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 試合の良い影響が出たベンチプレス

<<   作成日時 : 2012/09/13 16:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

逆光のアル(逆襲のシャアって感じで)。
画像

すると、ポージング。
画像

そしてトイレでも、顔だけポージング。
画像

私としては、この顔は、イケメンに見えるのだが、
やっぱり、親バカ??

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




本日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×1回(止め)、100kg×1回(止め)、
     105kg×1回(止め)
メイン:95kg×8回(尻浮き1回)、×8回(尻浮き2回)、
     ×6回、90kg×4回


感じ:

市のベンチプレス大会の影響はかなりある。
両手関節、左肘関節、左肩関節の痛みだ。

そして、11日のトレーニングの影響で、
大腿四頭筋、大腿内転筋、広背筋、菱形筋が筋肉痛。
歩くだけで痛い。
階段はやっとのことで登れるし、
下りは、かなりの苦痛に耐えねばならない。

そんな状況で、ジムに行くのは、
やはり、逆療法しかないと思ったから。
極限の状態に身をさらして、回復を促すのだ。

ストレッチをして、アップをする。
60kgは重い。
90kgも重い。
両手関節、左肘関節が痛い。
100kgはやはり重いが、止めをしてから、押す。
おや?試合のダメージはあるが、
試合でリミッターが解除されたのも残っているらしい。
以前ならつらい100kgが、余裕だ。

気を良くして、105kgも止めてやってみた。
すると、押せはしたが、厳しかった。
やはり、試合の緊張感がないと、ダメらしい。

ピーキングを考え、メインは8回。
そうすると重量は95kgだ。
1セット目は補助なし。
厳しいが粘れる。
最後で尻がほんの少し浮いたが、
浮かせなくても挙がったはず。

インターバルは6分、ダメージは小。
補助についてもらって2セット目。
厳しいが、やはり粘れる。
6回目でもうだめかと思った。
しかし、7は尻浮きで意外に簡単。
8はさすがに無理かと思ったが、やっとのことで押せた。

95kg×8回2セットできたのは久しぶり。
やはり、今までの目に見えない補助トレーニングの
成果が出てきたのだろう。

3セット目は、最後の肘伸ばしを、
胸縮めに意識を変えてやった。
そう、この胸縮めの方が、脳を変えやすい。

4セット目は、90kgでやった。

大胸筋が痛くなったから、十分に力を出せている。
脳が抑制していない、らしい。

来週からピーキングだ。
目標は、112.5kg。


デッドリフト

内容:

アップ:60kg×6回、120kg×2回
メイン:142.5kg×6回
完全閉脚:120kg×8回

感じ:

実に3週間ぶりのデッドリフト。
しかも、ワイドスタンスは、1か月ぶり。
無理してもいけないが、
これ以上引いていても、試合で目標達成はできない。
時には、冒険も必要だ。

だから、ワイドスタンスで、アップから始めた。
久しぶりだろうと、何だろうと、軽かろうが、
やっぱりつらいのがデッドリフト。
そう思えば、いくらでも重くできる。

ただ、バーが上ってこなかった時、
それが限界なのだ。
自分のつらさが限界を決めない、
だから、死ぬほどつらい、デッドリフト。

久しぶりだし、内転筋が心配だったが、
142.5kgでやった。
ちょうど、パワーラックが使用中だったから、
ベンチ台のわきで、鏡を見ないでやって、
これは試合に向けてちょうど良い。
厳しかったが十分余裕をもってクリア。
内転筋をいたわって、1セットのみ。

久しぶりの閉脚は怖かったが、
閉脚スクワットの方が厳しいので、
閉脚デッドリフトはかなり楽。
それでも、心肺機能への負荷は強く、息が上がった。

さあ、これから重量を上げて、
150kgか152.5kgぐらいからピーキング。
目標は、165kg。


補助トレーニング

内容:

インクライン(スミス):両側30kgから、ワイドグリップ、6セット
           ナロウグリップ、両側20kgから、6セット。
ダンベルアームカール:22kg×6回、20kg×8回、×6回、18kg×8回。
ダンベルベンチプレス:36kgから8セット。
プリーチャーアームカール:42.5kg×3回、40kg×6回、×5回、
                 35kg×1セット、30kg×2セット、25kg×1セット。
ライイングバーベルトライセップスエクステンション:
                45kgから落としながら6セット


感じ:

久しぶりのデッドリフトと疲れで、もうダメかと思った。
しかし、ここから追い込むのが、
心と体の限界を突破する方法だ。
だから、インクラインから始めた。
インクラインのいいところは、
ちゃんと効かせてやると、パンプアップするから、
やりがいがあるところ。
ブランクと疲れを考え、6セットずつ。

ダンベルアームカールは、22kgに挑戦したが、
ブランクのせいもあり、意外に伸びなかった。
4セットで終了。

ダンベルベンチプレスは36kgに挑戦、1回だけ。
そこから2-4kgずつ落として、6セットでやりつくした。

プリーチャーアームカールをやると、
富士登山で、負傷した左肘が痛い。
ちょうど、支点になるらしい。
お構いなく追い込む。

ライイングバーベルトライセップスエクステンションは、
45kgから落としつつ6セット。

疲れたので、フライとワイヤーでのアームカールは省略。


ゴムによる肩のインナーマッスルとストレッチをやって終了。

検量すると、76.9kg。
腹の脂肪をつまんでみると、かなり減った。
そろそろ、体重が増えるのを許容すべき時かもしない。
脂肪で、3klg太れば、あと2.5kgが挙がる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
試合の良い影響が出たベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる