中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 試合モードに入ったスクワット

<<   作成日時 : 2012/09/12 21:49   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

ロフトで眠るアル。
画像

突然、毛づくろいを始める。
画像

そして、にらむ。
画像


ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




昨日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×6回、112.5g×1回
メイン:107.5kg×8回、110kg×8回
補助:閉脚スクワット70kg×8回

感じ:

11月3日の県ノーギアパワーリフティング選手権大会の
開催要項が発表された。
早速、事務局に電話して、要項と振込用紙を送ってもらった。

ついに、3年ぶりの試合復帰だ
(先日のベンチプレス大会は、あくまでも慣らし)。
試合まですでに8週間を切っている。
もう、試合モードの練習をしなくてはいけない。
反面、9月中は、まだまだ力を伸ばすこともやるべき。
たぶん、9月が一番きついと思う。

気合の入り方が違うせいか、アップが軽い。
60kgの次は、112.5kg。
当然試合用の練習。
つまり鏡を見ないでのスクワットだ。

ジムのパワーラックの前には鏡があって、普段は、
それに映る自分の姿を見ながら、スクワットをやっている。
そのままでは、試合に出られない。
試合の時は、鏡はない。
自分の感覚で、ボトムを意識して、切り返さないといけない。
浅くなったら、即赤旗だ。
フルギアほど、浅くなる可能性は低いが、
慣らしておかないといけない。
実際、浅くて、3試技失敗、それで当日全てパー、という人もいた。

鏡とは反対方向を向いて担ぐ。
トレーナーに、合図してもらい、深さも見てもらう。
やってみると、鏡を見ながらよりも、とても重く感じる。
深さは、感覚的なものなので、自信がない。
それでもトレーナーは十分な深さと言ってくれたから、
一応良しとすべき。
しかし、今後重量が重くなってくると、心が負けて、
浅くなることも多いから、これからもやっていく。

さて、メインは、107.5kgと、110kg。
まずは、107.5kgで8回。
始めるととても重いし苦しいが、
どこかに少しだけ余裕がある。
結局、そのままクリア。

ダメージはほとんどない。
これは、シッシースクワットの効果が出ているのか?

インターバルは8分。
110kはさらに重い。
きついとてもきつかったが、何とか完遂。

シュラッグとベントオーバーロウの後、
70kgで、完全閉脚のストップスクワット。
ボトムで止まると、全く挙げられない感じになる。
しかし、どうやら、ボトムから主動筋が、
大腿四頭筋になるようで、そう意識すると挙がる。
しかし、とても厳しく、1回挙げるたびに、
汗が数滴したたるぐらい、つらい。
何とか8回こなしたけれど、余裕はなかった。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(パワーラック):162.5kg×8回、2セット
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):142.5kg×8回、2セット
                      反動なし102.5kg×10回、2セット。
シットアップ:最上段で、10kgを持って10回、10回、10回、8回、5kg持って6回、
            負荷なし7回、段を下げながら、4セット。
シーテッド・ロウ(マシン):105kg×10回、8回、6回、94kg×2セット、73kg×3セット。
カーフレイズ(レッグプレスマシンにて):184kg×20回、3セット
                         ヒラメ筋:100kgぐらい、20回。1セット。
ラット・プル・ダウン(マシン):フリーグリップ、77kg×10回、×7回、63kg×2セット、
                         56kg×3セット
シッシー・スクワット:20kg×8回、6セット。
ワンハンド・ダンベル・ロウ:36kg×6セット、30kg×2セット

感じ:

シュラッグは、2.5kg増し。
腰が痛いが、根性で抑え込む。
何とか完遂。

ベントオーバーロウも、2.5kg増し。
これも腰痛と闘いながらクリア。
反動なしも2.5kg増し。
これも、根性。

シットアップでは、力がついてきたのを実感できた。
10セット、強烈に追い込む。

シーテッドロウでも、きっちり菱形筋に効かせ、
8セット追い込んだ。

カーフレイズは、20回にしてから余裕がない。
それでもヒラメ筋もやった。

ラットプルダウンも8セット。
きつかった。

さて、シッシースクワットの時間だ。
きつい、きつーい6セット。

息が上がったまま、ワンハンドダンベルロウをやる。
とにかく、心肺機能を極限まで追い詰める。
すると、6セットでようやくS2機関に変わった。
こうなると、少しきつい状態で、無限にやれる気がしてくる。

ところが、仲間の一人に、インクラインベンチプレスの
やり方を聞かれ、丁寧に教えていたら、
通常機関に戻ってしまった。
2セット、ガツガツやって、またしてもS2機関に変わったところで、
8セット終了。


ストレッチをやって終了。


検量すると、76.5kgだった。
これを試合まで維持すれば、
朝食抜き、脱水で、74.3kgぐらいまで落とせる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
試合モードに入ったスクワット 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる